FC2ブログ

青年妖怪達は愛しい主をよがり狂わせる

2015.05.16.Sat.21:00
人里離れた山の奥深くにある隠された集落。妖怪を操り、裏の仕事を請け負う者達が集まって暮らしているその集落で、一軒の屋敷が月明かりに照らされていた。
他の家とは明らかに違う規模を持ったその屋敷は、集落の中でも一番の実力を持つ者が暮らしている屋敷で。その屋敷の主である青年は自身が住む屋敷に見合った力量に加え、子供大人の区別無く、集落の者全てからの尊敬と信頼を受けていた。
今青年が晒している淫猥な姿からは想像も付かない程の尊敬と信頼を、だ。

屋敷にある広い部屋。畳が敷かれた自室にいる青年は、とても部屋の主、ひいては屋敷の主とは思えない格好にさせられている。何せ、白い足袋以外は衣類を身に着けていない裸体を、部屋の中央に立つ木製の柱に背を向けた状態で幾重にも巻いた白布によって縛り付けられているのだから。
万歳をする形で上に伸ばした手を、高く持ち上げさせられた左の足と一緒に白布で柱に縛り付けられて手と左足を下ろせなくされた青年は、畳に着いた右の足も同じように白布で柱に縛り付けられてしまっている。
薄い白布に両手両足を苦しい体勢のままがっちりと固定され、青年は柱から背中を離す事も出来なくされた状況だ。移動も叶わず、手を使って裸体を隠す事はもちろん足を大きく広げられた姿では、胸で尖り切った乳首も、衣服を取り上げられた股間にいたっては勃起している男根どころか恥ずかしい後ろの穴までも丸見えになっている。

身動きが取れず、恥ずかしい場所も覆い隠せない状況に置かれた青年。そんな青年の裸体を、抵抗出来ないのを良い事に何人もの青年達が弄り回していた。
人間の姿形でありながら頭部に犬の耳や猫の耳を生やし、腰に虎の尻尾や狐の尻尾を生やした青年達。それは、屋敷の主である青年に使役されている、妖怪の青年達で。彼らは口々に自らの主である青年の羞恥を煽る言葉を発しながら、指先と舌を使って逃れられない主の裸体を甘い愛撫で優しく責め立てていた。

「ご主人様…気持ち良いんだね」
「身体中俺達に舐め回されて、撫で回されて、乳首もチンコもビンビンになってる。顔も蕩けっぱなしだし、よっぽど気持ち良いんだね」
「あぁ、っ、はあぁぁんっ…!」

自分の淫らな反応を指摘され、青年は背筋をゾクゾクと震わせながらたくさんの手と舌で快楽を与えられている裸体を柱に繋がれた不自由な体勢のままよじらせた。
脇の下を舐められ、くすぐられ。乳首を吸われ、引っ張られ。肉棒の先端を熱烈にしゃぶられながら前立腺を指でしつこく抉られる悦楽の波に襲われ、青年はもはやどこが気持ち良いのかも把握し切れないくらいに感じまくらされている。
だが、どんなに感じても青年は満足出来ない。意地の悪い妖怪達は主である青年を絶え間無い快楽でよがらせておきながら絶頂の寸前で快楽を途切れさせ、絶頂を迎えられないよう調整しているからだ。

「あ、あぁ、あ! お、ねが…イかしぇ、てぇ…っ!」

瞳から涙を零し、開いた口から唾液を垂らし、大きく開脚した姿勢で柱に括り付けられた裸体を青年は哀れな程に痙攣させる。
けれど、妖怪達はそんな青年の様子を眺めても嬉しそうに笑って絶頂を許さない言葉を口にする。単純な意地悪心と、主を奥深くまで理解した愛情から生まれる言葉を。

「ふふ、駄目だよ。もっともっと…焦らしてあげる」
「たくさん苛めて、喘がせて…いつもみたいにご主人様が本当の自分を躊躇い無く見せられるまで、俺達が気持ち良くしてあげますからね?」
「は、くぅ、ん…!」

人前では見せられない弱い姿を、いたぶられて悦ぶ淫猥な自分を知っている妖怪達の言葉に青年の理性が蕩ける。何もかもを知りつつも自分に付き従ってくれる妖怪達の言葉に、普段被っている凛々しき実力者の仮面が、また崩れる。
もう少し、それを妖怪の青年全員が確信する。しかし、確信しつつも誰一人として青年の陥落を急かしはしない。何故なら、妖怪達が見たいのは自らの心と身体が望む快楽で可愛らしくよがり狂う、愛しても愛し足りない主の痴態なのだから。

「ふふっ…まだまだ、夜はこれからですよ?」
「一晩中、僕達がご主人様を可愛がってあげるからね…」
「あぁ、んぁ、はっ…」

人ならざる証の耳と尻尾を揺らして自身の裸体を甘く刺激する妖怪達を見て、青年は可愛い鳴き声を上げながら裸体をくねらせ、妖怪達は喘ぎながらいやらしく裸体をくねらせる主をうっとりと眺め、更に情熱的な愛撫を施す。
快楽で責め立てられる事を悦ぶ淫乱な青年と、その青年に強い忠誠と愛情を抱く妖怪達の甘い関係は、他の誰にも知られる事の無いまま、今日もまた確かに深まっていくのだった。



↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N






















触手の召喚師
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示