FC2ブログ

少年の穴は下から貫かれ掻き回される

2015.05.15.Fri.21:00
店主の自宅が併設された、雑貨店の地下室。本来ならば、在庫の入った段ボール箱以外には何も無いはずの空間に、ギチギチという甲高い音が鳴っていた。
決して聞いていて心地の良い物ではないその音の正体は、透明なラップ同士が擦れ合った事で発せられる音。そして、その音はダンボールが詰まれた地下室の中央にいる金髪の少年が、ラップを幾重にも巻き付けられた裸体をじたばたともがかせる度、弱々しい蛍光灯の明かりに照らされた薄暗い地下室の中に鳴り響いていた。

「あ、あぁ、あ…も、嫌だ…いや、らぁ……っ!」

赤く染まった顔をイヤイヤと左右に揺らし、肩まで伸びた金髪から汗を飛ばして少年は必死に身悶える。その身悶えは、裸体に巻き付けられたラップをどうにかして振り解こうとして行われる物だ。
しかし、少年の必死さも虚しく、ラップが振り解ける様子は欠片も見えない。両腕を気を付けの状態で固定し、両足をきっちりと閉じたまま開けないようつま先までをしっかりと括り、その上、体育座りをするように足を折り畳んだまま伸ばせないよう上半身と足をがっちりと結合してしまっているラップは少年がどんなに暴れても耳障りな音を立てるばっかりでビクともせず、立ち上がる事もままならなくされた少年は地下室の床に固定された極太のバイブにアナルを下から貫かれ、柔らかな肉壁をめちゃくちゃに掻き毟られている状況からどうやっても抜け出す事が出来ない。

「ゆ、りゅ、ひて! イぐの、やら…イぎたぐ…な、いぃぃぃっ!」

絶頂を拒む悲痛な叫びを上げ、少年はラップに自由を奪われた裸体をガクガクと震わせながら、もう何十回目かも忘れた絶頂を迎えさせられる。その絶頂に合わせて、上半身を包むラップと下半身を包むラップに挟まれた少年のペニスがすっかり白の薄まった淫液をとろとろと零し、吐き出された淫液は少年の身体を伝って床に作られた汗と淫液の水溜まりへと混ざっていく。
床に淫猥な水溜まりが形作られる程、少年はバイブによるアナル責めで苦しめられた。だが、少年が幾ら苦しもうが無感情なバイブは動きをとめず、絶頂に震えて悶えている少年のアナルを無慈悲に、容赦無く掻き回し続ける。

「あぁぁ…! りゃめ…今、イってるの、にぃ……!」

達したばかりの穴を乱暴に抉られる刺激に、少年は嫌がりながらも確かな悦楽を感じ、淫液を放出した直後のペニスを再びふくらませてしまう。
終わりの見えない快楽地獄に捕らわれ、ラップを巻き付けられて満足に身悶える事も出来ない裸体を何度も何度も頂点へと追いやられ、少年には限界が訪れていた。
もう、嬲られる前に持っていた反抗心や意地は無い。加えて、一人きりの地下室では助けを求めても意味が無いと考える余裕ももはや無く、少年は息も絶え絶えになりながら、誰にも届かない懇願の言葉を地下室で発していた。

「ごめんな、ひゃいぃっ…! もぉ! もう万引きなんひぇ、ひまひぇんからぁ…ゆるひて、ゆりゅじで…た、ひゅけ、へ…っ!!」

哀れな万引き少年の鳴き声は、雑貨店の店主が様子を見に戻ってくる朝がくるまで、ラップの擦れる音やバイブの駆動音と共に薄暗い地下室の中を一晩中満たし続けていた。



↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N






















関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者のみに表示