fc2ブログ

受刑者は刑罰でイき狂う

2013.09.17.Tue.21:00
高い塀に囲まれた刑務所の中。性犯罪者の男達が集められた棟では、受刑者達のくぐもった悲鳴が響いていた。

「んもぉぉんっ!」
「んぐっ、おふぅっ!」

声がくぐもっているのは、口枷を嵌められているから。その口枷にはチューブが繋がっており、受刑者の口の中に常に発情させる薬剤の入った栄養剤を流し込んでいた。

何とかして口枷を外そうとしても、手の拘束は外せない。受刑者達は畳一畳よりも少し広い独房の壁に、手首を鎖の枷で繋がれている。
どんなに腕を動かしても虚しく鎖が渇いた音を奏でるのみで、拘束を取る事は出来ない。

更に、受刑者達の足は、床に固定された太い丸太のような棒を抱き寄せる形で壁に枷で繋がれている。交差させた足は丸太を強く引き寄せ、丸太から伸びた淫具がアナルから抜けないように強制されていた。

「おぐっ、ほぅぅ!」

一人の受刑者が、アナルを掻き回されて呻く。自ら引き寄せるようにされた男根を模した淫具は電動で休み無く受刑者を責め立て。無慈悲に彼らをイかせ続けていた。
しかし、いくらイっても射精は出来ない。受刑者達のペニスにはコックリングが嵌められ、決して射精を迎えられないようペニスを縛めていた。
そんな射精封じをされているペニスは赤く腫れ上がり、透明な先走りをだらだらと零している。見ていて憐れなくらいにペニスはビクビクと脈打ち、哀しそうに快感を堪えていた。

「おむっ…うぅん!」

これだけの責め苦を与えられている身体だが、弄られている個所はもう一つある。
それは、乳首。乳首にはビニール管が被せられ、マッサージの吸い玉の要領で乳首を吸い出していた。

「おほっ、へふっ」

女のように尖りきった淫らな乳首から、白い体液が飛び出た。先端の穴から漏れた液体は紛れも無く母乳であり、受刑者達がその身体を作り変えられた事を示していた。

拘束された手足をもがかせ、アナルからは腸液を床に撒き散らし。
ペニスからは先走り、乳首からは乳を分泌させ、激し過ぎる悦楽に感じ入る受刑者達の表情はかつて卑劣な犯行を行った者とは思えない程蕩けきり、無様極まりない淫乱な姿を晒していた。

そんな受刑者達の喘ぎが支配していた空間に、アラームが鳴り響く。

「んぉっ? おぉんっ!」

それを聞いた途端、喘ぎのトーンが嬉しそうに変わった。そしてそれは、看守が独房の鍵を開け近付いた事でより甘くなる。

「んっ、んおんっ」
「よしよし、よく我慢したな」

言いながら、看守は受刑者のペニスを絞め付けていたリングを外してやる。すると。

「んぉぉぉぉーんっ!!」

噴水のごとく塞き止められていた精液が噴き出し、受刑者は腰をくねくねとさせてやっと訪れた解放感を味わい尽くしていた。

こうやって我慢と解放を繰り返し、二度と戻れない快感の虜にさせる。それこそが刑罰であり、彼らは何年もこの責め苦を施され続ける。

「んふぅー、おふぅぅー!」

自分の身体がどんどん淫らになっていく事に最初は恐怖していた受刑者達も今ではすっかり淫獄の虜になり、とても刑罰とは思えない幸福感に包まれた表情で身悶えていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示