FC2ブログ

青年スパイは快楽責めで鳴き叫ぶ

2015.04.19.Sun.21:00
自身がスパイだという事実を暴かれ、潜入していた会社の人間に捕らわれてからどれ程の時間が経過したのか。そんな単純な事も今の青年スパイには分からない。それは、青年が捕らえられた地下室に時計が設置されていない事も理由の一つではあったが、一番の理由は違う。
時間の経過を気にかける余裕すら失うくらいに苛烈で、甘過ぎる責めを拘束された裸体に施されているのが一番の理由だ。

「うぅぅぅーっ…! む! ふぐぅぅぅんっ!!」

視界を覆っている白布の下から涙を頬に伝わせ、青年スパイは口に装着された黒のギャグボールから絶頂に近いくぐもった喘ぎを上げて裸体をじたばたと動かす。そんな事をしても、台に縫い付けられた手足は自由にならないと知りながら。
捕らわれた時に着ていた衣類と武器を全て没収され、一糸まとわぬ裸体にされたスパイは、その身体を上部に丸みを帯びた跳び箱のような形状の台に腹ばいで乗せられ、そのまま台の側面に両手両足を幾本ものベルトでがっちりと固定されてしまった。
手首や二の腕、足首や太股のみならず、手の指一本一本や足の甲辺りまでをも台に縫い付けているベルトは、青年に大きく身悶える事も許さず、台から降りる事も、目隠しとギャグボールを外す事も、黒のガムテープで栓をされた尻穴の中で暴れ、腸内を容赦無く責め立てている淫具を抜き取る事も、勃起したペニスの根元を絞め付けて射精を禁じている細い革ベルトを取り外す事も不可能にしていた。

「んもぉぉぉぉーっ…! お、も、ふむぅぅ!!」

拘束された裸体を激しくビクつかせ、青年スパイはもう何十回目か数える事も出来なくなった絶頂を迎え、淫液を放出させてもらえないペニスは哀しげに震えて先端から透明な蜜をとぷりと分泌した。
そんな不完全燃焼な絶頂を味わされ、青年スパイが汗まみれになった裸体を拘束を軋ませながら苦悶でよじらせる間も、無感情な淫具は休み無く動いて青年を追い詰める。イきまくらされたせいで過敏になった尻穴は、絶頂の余韻に浸る暇さえ与えられずに押し込まれた三つのローターの振動で断続的に抉られ、青年はまたすぐ次の絶頂へと肉体を高められていく。

「あぁ、おぉっ! んぶっ、もぉっ、むぅぅぅぅーっ!!」

射精への渇望で鳴き叫んでも、連続絶頂を拒む為に鳴き叫んでも、その声は地下室で反響するばかりで決して青年スパイを救う者の耳には届かない。
捕らわれの身となり、男としての尊厳を砕く快楽の地獄を施される青年スパイの鳴き声は、助けの来ない地下室の中で淫具の駆動音や青年を拘束している台が揺れる音と一緒に虚しく、無残に響き続けていた。



↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N






















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者のみに表示