FC2ブログ

青年刑事は裸体を光沢と甘い刺激で包まれる

2015.04.12.Sun.21:00
170万HITリクエスト!
この作品は名無しさんのリクエストを元にして書かせていただきました! リクエスト、ありがとうございました。


「あ、うぅぁ…! や、めろ…貴様、らぁ……っ!」

息も絶え絶えになりながら青年は叫び、逃れようとしてじたばたと手足をもがかせる。しかし、どんなに力を入れて手足をもがかせても青年は逃れられない。逃れようとしている青年の動きは手首と足首に巻き付けられた革の枷によって大きく制限された状態から抜け出せず、青年は長方形の台の上で仰向けになり、上下に伸ばした手足を台の脚に枷で短く繋がれた姿のまま不自然に光沢を放っている裸体を自分を捕らえた男達に撫で回されながらくねらせる事しか出来ない。

「元気だねぇ、刑事さん。身体中テカテカになる程塗ってあげたのに」
「ホントだよ。全身に媚薬入りのローション塗り込まれて乳首もチンコもビンビンにしてるってのに、まだ俺達に怒鳴れてるんだもんなぁ…流石だよ」
「う…るさ…い…!」

にやにやと笑っている男達に対し、青年刑事は再び怒りをぶつける。すでに、ギリギリの位置で正気を保っている状態であるにもかかわらず、だ。
仰向けになった裸体に、数人の男の手で擦り込まれた淫薬の混じったローションは刑事の肉体を容赦無く高ぶらせ、快楽をねだるように仕向けている。ただ撫でられるだけじゃ我慢出来ない。過敏になっている肌を、尖り切った乳首を、天井に向かってふくらんでいる男根をもっと弄って欲しくて堪らない。
だが、その願望を口にする事を青年は刑事のプライドで堪え、小刻みに震えながらも自らを律して耐えていた。

「素直になりなよ、刑事さん」
「そうそう、身体中俺達にめちゃくちゃに弄られたくて、うずうずしてるんだろ? ちゃんとおねだりすれば、今すぐに弄ってやるぜ?」
「だ、まれぇ…っ! 弄られたいなんて…思って、な、い…っ!」

荒く乱れた呼吸と共に、刑事は本心とは真逆の、欲望を否定する言葉を発する。
必死に発せられた否定の言葉。それを示した事で、青年刑事は男達の思い通りになる事を回避出来たと思っていた。
男達の無慈悲さと意地の悪さが、想像をはるかに越えた物であると把握出来なかったが故に、だ。

「へぇ? 弄られたくないんだ、じゃあ…俺達がめちゃくちゃに弄ってやれば、今より刑事さんが嫌がりながら苦しむところを見れるって訳だな」
「な…!? あ、ううぁぁぁぁぁーっ!?」

驚愕する青年刑事を無視して、男達の手が動きを早めて裸体を激しく撫で回し出す。ローションの滑りを借りて這い回る手は、媚薬で高まっていた刑事の性感帯をしつこく、手加減無しにいたぶり、強過ぎる快楽に襲われ始めた刑事は拘束された裸体を台の上で仰け反らせて喘ぎ、男達の前で惨めな痴態を晒す。

「あぁ、ん、ひ、はぁっ! や、め! いやぁぁっ!」

心は嫌だと思っている。だが、緩い悦楽で焦らされていた肉体は与えられる強い悦楽を純粋に悦び、ガクガクと跳ねてしまう。
未だ堕ちていない精神と、完全に淫欲に蕩けた肉体のギャップに戸惑い、苦悶する哀れな青年刑事を嬲る男達は絶叫に近い喘ぎを上げながら悶えるその様子に興奮を強め、より刑事を悶え狂わせる為に手を巧みに這わせ、裸体を甘い刺激で包んで、刑事の精神を絶え間無い絶頂の責めで跡形も無く蕩けさせるのだった。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N






















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者のみに表示