FC2ブログ

看守達はお互いの肉棒を舐めしゃぶらされる

2015.03.01.Sun.21:00
この作品は
監獄島の反乱凌辱
堕ちた看守は奴隷犬として扱われる
看守達は肉便器にされ無慈悲に犯され続ける
看守の恥部は囚人達に弄ばれる
縄音と笑声は中庭に響く
の続編として書きました。ちなみに前の作品を読んでなくても楽しめる内容となっているはずです。


地図にすら載っていない、海のど真ん中に存在する島。そこに建てられた巨大な刑務所。数日前に内部で囚人達の反乱が起き、外部に知られる事無く看守と囚人の力関係が完全に入れ替わった刑務所の中で、今日も二人の看守の男達がベッドの上で裸体に縄を打たれ、囚人達の慰み者としてその身を好き勝手に弄ばれていた。

「う、うぅ…むふっ」
「おぅ、ん、ぶぅっ!」

苦しげにくぐもった声を上げ、二人の看守は目に涙を浮かべながらも必死に口を前後に動かし、目の前のペニスにしゃぶり付いている。囚人の物ではない、もう一人の看守のペニスに、だ。
上下を逆にした状態で身体を重ねる、いわゆるシックスナインと呼ばれる体位を強要され、あまつさえその状態から抜け出せないようもう一人の看守の身体に腕と足を巻き付けた形で縄に手足を縛り上げられた二人の看守達は、どうにかして拘束を解こうと必死にもがいているが、左右の肘から先をぐるぐる巻きにしている縄と、左右の足首を重ねたまま離れられないよう固定している縄は、どんなに力を込めても軋むばかりで全く緩まない。
しかしそれでも諦めず、看守達は目の前のペニスを口に含んだまま一生懸命に裸体をよじり、縄を解こうと試みている。だが、そんな様子を見た囚人の男達は不機嫌そうな表情になり、咎める言葉を発しながら手を動かした。

「看守さん達、もっとしっかり、お仲間さんのチンポを奥までくわえなきゃ」
「そうそう…しっかり、奥まで…なっ!」

そう言いながら、囚人達は看守の頭と尻を強く押さえ、無理矢理ペニスを喉奥まで押し込む。

「う、ぶぅぅぅっ…!」
「あぉ、え、うぅぅぅーっ!」

喉を仲間のペニスに貫かれながら、自身のペニスを仲間の喉で絞め付けられ、看守達は息苦しさと、えずきと、腰が蕩けるような悦楽を同時に感じて目を剥き、縄で自由を取り上げられた裸体をベッドの上で小刻みに痙攣させ、懇願の意思がこもった切羽詰った唸り声を、自分達を嬲る囚人達に向かって発した。
けれど、囚人達はその懇願の唸り声を聞いてもすぐに手の力を緩めたりはしない。看守達に自分の立場を思い知らせる為により強く頭を押さえ付けてペニスを深くまでくわえさせ、そのままぐりぐりと手を回してペニスで喉奥を抉り、看守達が窒息を迎える寸前でようやく手の力を緩ませた。

「さて、看守さん達。今度こそ、ちゃんとお仲間さんのチンポをくわえるよね? でないと…」
「んっ! んぅっ!」
「ふ、むっ、んむぅっ!」

囚人の脅し文句の途中で、看守達は一心不乱に口の端から唾液が零れるのも構わずに舌を動かし、今度は余計な抵抗を一切せずに目の前のペニスを舐め回して貪り付く。意識が遠のく程に喉奥を責められる苦痛と恐怖を味わわされた看守達は、囚人に対する反抗の意思をごっそりと削り取られてしまったからだ。
快楽を与え合いながら裸体をビクつかせる従順な看守達の姿に、囚人達は満足そうな笑みを浮かべて、先程責めを施す為に使っていた手を今度は甘い快楽を注ぎ込む為に使い始める。
頭を押さえていた手は看守達の胸の飾りや脇腹を優しく撫でる動きを始め、尻を押さえていた手は谷間を沿って滑って行き、ヒクヒクと収縮する尻穴の入口を指の腹で擦り始めた。

「んぅっ、む、んぐっ…」
「ふぅぅぅっ…ん、もぉぉっ…!」

乱暴に責められた後に与えられる優しい快楽に思わず安堵し、看守達は自分が拘束されている事も忘れて心地よさげな喘ぎ声を上げて涙が滲んでいた瞳を甘くとろんと蕩けさせ、それに合わせて口でペニスを刺激する行動にも知らず知らずの内に夢中になっていく。

「そうそう、良い子だ…」
「そうやって言う通りにしていれば、気持ち良い事だけをたくさんしてあげるよ。看守さん」
「んー…んぅ」

自分が肉欲に溺れる道へと誘導されている事も看守達は気付かず、二人の看守は囚人の指で擦られる仲間の尻穴を眺めながらペニスを舌先で愛撫し、深く甘い快楽の悦びの中へと、二人揃って堕ちていくのだった。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N






















制服×BL
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示