FC2ブログ

逃れる事も出来ずに忍びは尻穴を貫かれる

2014.12.10.Wed.21:00
国を治める者が住む城の、庭の片隅。水車が併設された何の変哲も無い水車小屋の中で、捕らわれの身となった忍びの男が衣服や武器を取り上げられた裸体を縛り上げられていた。

「ん、むぅ…ふぅ、ふうぅ…」

口に噛まされた布を噛み締め、目を覆う布の下で表情を歪ませながら忍びは自身に結ばれた縄を解こうとして必死にもがく。
だが、もがいてももがいても全身を這うように硬く結ばれた縄は緩む様子を一切見せず、忍びの無駄な行動を笑っているかのように軋む音を立てるのみだ。
幾ら力を入れても、背中で捻り上げられた手首は自由にはならない。足首と太股を短く繋ぐ縄は外せない。
視界も言葉も、手も足も制限されてしまった忍び。そんな姿ではどうやっても、自身に施された甘い責め苦を生み出す仕掛けから逃れられはしない。
その仕掛けが、男としての誇りを粉々に打ち砕く、恥ずかしい尻穴を容赦無く掘削する物であっても。

「うーぅっ! んもぉぉぉっ!」

一際強く唸り、忍びは身体中の縄を鳴らして悶え、汗に濡れた裸体を力無くくねらせる。
けれど仕掛けは、水車小屋の床に設置された男根を模した張型は、忍びが苦悶している事などお構い無しに外の水車と連動した上下の動きを続け、絶え間無く、休み無く忍びの尻穴を下から貫く。

「ふぅー…んむぅー…!」

どこにも移動を許されないまま、無防備な尻穴を延々抉られる忍びは、終わりの見えない快楽責めに心と身体を嬲られ。縄を巻き付けられた裸体を、勃起した性器と共にいやらしく揺らし続けていた。



↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓






















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示