FC2ブログ

青年は捕らえた探偵を雌の快楽で喘ぎ鳴かせる

2014.11.10.Mon.21:00
「ふふ…探偵さんが逃げようとしてもぞもぞしてる姿、すごくいやらしくて…可愛いよ」
「んん! んむぅ!」

うっとりとした声音で呟き、青年は探偵の男の尻を撫でる。その手から逃れようとして探偵は棒状の口枷ごしに呻き、黒革の目隠しの下で顔を歪ませて必死にもがくが、逃れられない。

「うーぅっ! んぅぅぅっ!」

身体中に力を込め、どうにかして拘束服から脱出しようと探偵はじたばたと暴れる。しかし、首から下を完全に覆い、腕を気を付けの姿勢で、足を後ろに折り畳んだ状態で固定する衣服は捕らえた探偵に満足に暴れる事も許さない。
加えて、探偵の身体は拘束服から伸びた鎖によって、首を、左右の二の腕を、腰を、太股を、膝を、ありとあらゆる個所を台の上に縫い付けられてしまっている。
まるで、獰猛を繋ぐような厳重過ぎる拘束。そんな拘束からただの人間である探偵が逃れられるはずも無く、憐れなその身は台から離れる事も叶わずにくねくねと動き、自身を捕まえた青年の前で無様な姿を晒すしか無い。

「良い鳴き声だね…今でさえこんなに良い鳴き声なのに、苛めてあげたらどれだけ魅力的に鳴いてくれるのかな…?」
「っ、う!?」

陶然と言い、青年が探偵を包む拘束服に付いたファスナーを開ける。それは決して、拘束服を脱がせる為じゃない。
ファスナーを開けた目的は、探偵を辱める為。尻の谷間に沿って存在するファスナーだけを開け、一番恥ずかしい尻穴のみを可愛がる為。

「ほら、探偵さん。お尻の穴から力を抜いてね。そうしないと…玩具が奥まで入らないよ?」

そう告げながら、青年は左手で薄いピンク色をした淫具。男根をかたどった細めのアナルバイブを手に取り、右手で握ったボトル入りのローションを探偵の尻穴とバイブにまぶしながら、少しずつ挿入を始める。

「う! うぐ…んっ、むっ!」

尻穴を濡らす粘付いたローションの感触と、ローションに濡らされた尻穴へちょっとずつ侵入していくバイブの異物感が探偵を襲う。
もちろん探偵は侵入を拒み、筋肉に意識を集中させて尻穴を絞めるのだが、ローションで摩擦を軽減され、集中が途切れた瞬間を狙ってわずかに奥へ進むを繰り返され。探偵は嫌だと本心から思っているのに、青年の巧みな手管に翻弄されて痛みもほとんど感じられないまま、時間をかけてバイブを最奥までくわえ込まされてしまった。

「全部飲み込めたね。玩具が出ちゃわないように、ファスナーは閉めてあげようね」
「っ、んぅっ」

青年の手がバイブを押さえながらファスナーを再び閉じ、探偵がどんなに力んでも絶対にバイブが抜け落ちないようにする。
拘束服を内側から押し上げて存在を主張するアナルバイブを愛しげでなぞり、青年は嬉しそうに言う。

「さて、早速スイッチを入れてあげようね。お尻を掻き回された探偵さんが上げるエッチな鳴き声…今から愉しみだよ」
「う、うー…!」

見る事も、言う事も、動く事も封じられた探偵は許しを請う事も出来ずにバイブのスイッチを入れられ。
尻穴をめちゃくちゃに抉られる雌の悦楽を堪える事も叶わず、くぐもった声で喘ぎ鳴く様を余すところ無く観察され、自分を嬲る青年の目と耳をこれ以上無く悦ばせるのだった。



↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓






















関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

管理者のみに表示