FC2ブログ

少年達は一生懸命に肉棒を舐めしゃぶる

2014.12.07.Sun.21:00
「ん、んふっ…んむっ」
「はぁ、ふぁ! う、んぅ」

広いベッドの上で、裸体の少年二人が荒い息を吐き、濡れた鳴き声を上げている。
その少年達の手首は背中に回され、革の枷によって拘束されている。だが、当の少年達は自分の手の自由を奪う拘束を外そうともせず、主に与えられた命令通りに舌を使い、二人で主の肉棒に熱烈な奉仕をしていた。

「あぁ…おひんぽ…ごひゅじんひゃまの、おちんぽぉ」
「んむっ…はぁぁ…おいひい、れひゅ…っ!」

手を使えない状態での舌の奉仕を一生懸命に行う少年達の顔は、主の肉棒から分泌された淫液と自分達の唾液でぐちょぐちょに汚れている。
けれど、二人の表情に顔が汚れていく事への不快感は一切見えない。それもそうだろう、二人はそんな不快感を覚える暇も無い程の幸福感を、主の味と香りを味わって覚えているのだから。

幸せ一色の表情を浮かべ、可愛らしい蕩け顔をして肉棒に舌を這わせる少年達。その様子を見つめている主の青年はこれ以上無く嬉しそうに微笑み、肉棒を舐めしゃぶっている少年達の頭を手で優しく撫でた。

「んぁ…ごひゅじん、ひゃまぁ…!」
「ありがとう、ごじゃいまひゅ…っ」

優しく頭を撫でる手の温もりに、少年達の心がじんわりと温まり、背筋がぞくぞくと震える。
その感覚は、少年達により激しい口奉仕を行わせる活力を生まれさせるには十分過ぎる物で、二人は甘く蕩けるような感情に心と身体を熱くしながら、一層深く情熱的に舌で肉棒を刺激するのだった。



↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓






















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者のみに表示