FC2ブログ

騎士は吊るされ快楽で躾けられる

2014.10.09.Thu.21:00
この作品は名無しさんのリクエストを元にして書かせていただきました。リクエスト、ありがとうございました!


「ふふ…騎士様、気持ち良いですか?」
「うる…さいっ…!」

青年の問いに対して、騎士と呼ばれた男は怒気を含んだ返事をする。騎士の声は鋭く、普段であれば思わず怯んでしまうであろう程の強さを持っていたが、青年は全く怯みはせず、愉しそうににっこりと微笑んでいた。

「おや…? まだ自分の立場…敵の捕虜になった事が分かっていないんですか? そんな反抗的な態度を取ったら…」

言いながら、青年は左手を下に押し、男根を模した淫具の底を押す。暴れ回るその淫具を、逆さに吊るした騎士の尻穴の奥深くに押し込む形で。

「あ…あぁぁ…っ!」
「どうです? 反省しますか?」

恥ずかしい穴が、無感情な淫具によってめちゃくちゃに掻き回され意に染まぬ快楽を覚えさせられる。その快楽に悶え苦しむ自分を見て敵国の青年がより愉しそうに微笑むのを見ても、騎士の男はどうする事も出来ない。
殴りかかろうにも騎士の手は頑丈な枷で短く繋がれ、その上首輪の後部に結合されてしまっていて使えない。そして、手を使えなくされた状態では衣服を全て剥ぎ取られた裸体を隠す事も出来ず、天井から平行に下がった太い棒に足を縛り付けている縄を解く事も出来ない。

敵に捕らわれ、裸体にされ、足を閉じる事も出来ないまま逆さに吊るされて尻穴を機械で嬲られる恥辱と屈辱。それらは、普通の人間であれば哀願を繰り返して許しを求める程の苦痛だろう。
だが、騎士の心はまだ折れてはいない。

「だ、れが…反省、など…っ!」

手足の自由を奪われながら、加えて男の尊厳を砕く凌辱を受け、自身の胸や顔を汚しながらも騎士の強靭な精神は折れてはおらず、青年の笑顔を睨み付けて怒りをぶつけている。
…だが、幾ら強い心を持っていても捕らわれ、何もかもを支配された状況は変えられない。騎士の反応を見て一層黒く笑った青年が新たに取り出した淫具が、勃起してしまっている性器に近付けられるのもとめられない。

「そうですか…じゃあ、ちゃんと反省出来るように躾けてあげましょうね」
「うぁぁぁーっ!」

青年の言葉が終わると共に、騎士の性器の先端に新たな淫具、楕円形をした小さなピンク色のローターが押し付けられる。
敏感な性器の、特に過敏な亀頭の部分にローターの振動をあてられ、その刺激で生まれた快楽に騎士は甘い喘ぎを発して尻穴の淫具を絞め付けてしまう。

「良い鳴き声…もっと、聞かせて下さい」
「ひ、あっ…んぁぁー……っ!」

激し過ぎる悦楽の波にもがき、逃げようとして逆さ吊りの裸体をくねらせて汗と淫液を撒き散らす憐れな騎士を助ける者はいなくて。
騎士は抵抗も満足に許されないまま一方的に喘ぎ鳴かされ、青年への完全な服従を心と身体に躾けられていくのだった。



↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓






















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示