fc2ブログ

刑事は従順な犬となる

2014.06.02.Mon.21:00
「わんっ…わ、んっ」

殺風景な部屋に、可愛らしい鳴き声が聞こえる。その鳴き声を上げるペットを、椅子に座った男は小さく微笑んで見つめていた。

「刑事さん、可愛いよ。もっといやらしく腰を振って歩いてごらん?」
「わんっ!」

男は鳴き声を上げている青年に刑事さんと呼びかけたが、返ってきたのはその事実からは想像も出来ない蕩け切った甘えるような犬の鳴き声で。青年の姿は、かつて刑事であったと伺い知る事も不可能な程の淫らな物だった。
白色のぴっちりとしたスーツを着せられた青年の手足は、折り畳んだ状態でスーツの金具で固定されて肘と膝で身体を支える体勢を強要されている。まるで本物の犬のように四足の姿をさせられた青年の頭には、白い犬の耳の飾りが装着され、布をくり抜かれてさらけ出された尻穴には、犬の尻尾付きのバイブが埋め込まれていた。

平常な思考であれば悔しさと怒りに塗れる仕打ちだが、男に激しい調教を施され、従順なペットにされた青年はその惨めな犬の姿のまま男の命令に悦んで従い。
首輪から伸びた鎖が結ばれている柱の周りを、男の目を愉しませる為に腰を大きく揺らめかせて時計回りに歩いていた。

「あ…ぁんっ。きゃぅぅんっ」

腰を振る度に、身体を前に進める度に、尻穴で暴れているバイブが不規則に過敏な腸内を引っ掻く。
そして、男の視線を感じる度に堕ちた青年刑事は発情し、スーツの下でペニスと乳首を尖らせていた。

「良い子だね……良い子には、ご褒美をあげないとね」
「っ! あんっ!」

ご褒美、の言葉に反応し、青年は自らの意思で尻尾をくわえた尻穴を男に突き出し。教え込まれた通りに、力を込め始めた。

「ふぁぁ…ん。わ、んっ…きゃぅぅぅぅんっ!!」

一際甲高い鳴き声と共に、青年の尻穴から尻尾バイブがひり出される。
同時に、開き切った尻穴からは中に出された男の精液が零れ出し、床の上で動いているバイブへと滴り落ちた。

「上手に出来たね。それじゃ、エッチな芸が得意な刑事さんにご褒美だよ」
「はぉ…あぉぉんっ」

ヒクつく穴が、男のペニスで塞がれる。本来なら屈辱を覚えなければならない征服の瞬間なのに、服従に染まった青年刑事は舌をだらしなく垂らして、嬉しそうに鳴いていた。
もはや、自分のかつての使命も忘れ、快楽に悦ぶ青年刑事は雄犬として、男に甘く可愛がられるのだった。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示