fc2ブログ

箱詰めの正義達は仲良く無様に絶頂を迎え続ける

2024.02.26.Mon.21:00
左右の腕を背中側で一つにまとめ、伸ばしきった形に固定させる。左右の足を同じ布ですっぽりと包み、ぎゅぅと緩み無く締め上げる。
そんな構造をした黒一色の衣服に首から下を閉じ込められた少年達はもう、何処にも逃げられはしない。仮に縛められた手足の指先部分とつま先部分に存在する丸い金具を短く結合する南京錠という上乗せの拘束が無かったとしても逃走には決して辿り着けない姿に変えられた無様な少年達はもはや、自分と仲間達を生きたまま捕獲した組織がもたらす醜悪な責め苦にただただ辱められるしか無い。
力の源であるヒーロースーツの代わりに生身の肉体ではどうすることも叶わない程に頑丈な拘束の衣服を纏わされた五人の少年は、悪の卑劣な罠に嵌まり五人仲良く一網打尽にされた無様な少年ヒーロー達は、自分達を入れた強化ガラス製の透明な箱越しに突き刺さる愉悦と嘲りの視線に鋭い怒気の眼差しを返すことさえ出来ぬまま、惨めな痴態を為す術無く引きずり出され続けるしか無いのだ。

「んひっ! ぐ、ひぃぃぃーっ!! やら、まりゃイぐぅぅっ!!」
「ぶるぶる、ひゃらぁっ! や、にゃのにぃっ……イぐっ、イぐイぐイっぢゃうぅぅぅーっ!!」

甲高い絶叫を箱の中に響かせながら、二人の少年が必死の忍耐の果てに絶頂へと到達する。肌に吸い付いている衣服の下で二人の男根が苦しげに跳ねながら、衣服の内側に精液を迸らせる。
だが、地獄はとまらない。少年ヒーロー達から自由を奪っている拘束の衣服は、絶頂を迎えたことなどお構い無しに乳首部分と男根部分に配置された薄く小さな装置を振動させ終わり無き悦楽を淫らな頂点に至ったばかりの肉体に容赦無く叩き込んでいく。
そんな残酷で甘い拷問に囚われた五人の少年ヒーローに許された選択肢は、可能な限りに滑稽な悶絶を晒しつつイきまくることだけだ。五人並んで箱の底へと仰向けに転がされた不自由な肉体は、仲間と箱の壁に遮られているせいで快感を誤魔化す身悶えさえ行えない。散らそうと試みることさえ禁じられた悦びの中からどう頑張っても抜け出せない今の少年達は、正義のヒーローなどではない。
悪を愉しませ歪んだ高揚を抱かせる見世物として敵の拠点の一角へと飾られた哀れな五人の少年は、じわじわと箱に蓄積しじょじょに濃くなっていく五人分の淫臭にも思考を蝕まれながら射精を繰り返すこれ以上無く愉快な娯楽でしか無いのだ。

「ゆりゅ、じでぇぇっ!! もぉ、イぎだぐにゃいぃぃっ!! あっ、りゃめっ、ひゃめぇぇーっ!!」
「でぅ、でりゅぅぅ! だじゅげでぇぇっ!! ぐ、ぐるじっ、もぉやりゃぁぁぁっ!!」
「あっ、ひぅっ、ほおぉぉっ!! だ、だりぇが、た、ひゅぅぅっ!?」

誰にも届かぬ哀願を叫びながらまた絶頂する少年達。同じ空間に詰め込まれた仲間や自分達を鑑賞する敵達に情けない悲鳴を聞かれたくないと一生懸命に己を制していた頃の様子が嘘のような声で鳴き喚きつつ思い通りに動かせぬ肉体を痙攣させながらイき続ける少年達。
その最高に見応えのある正義達の痴態を眺めながら、悪に属する男達は他のヒーロー達にも同じ地獄と辱めを味わわせる為の計略に思いを寄せつつ、湧き上がる悪意に呼応するかのような脈動をズボンの下で張り詰めた自身の男根に行わせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓

















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示