fc2ブログ

貪欲な魔王は配下と共に家畜として精液を絞り出される

2024.02.20.Tue.21:00
絶えずいがみ合っていた王国達が手を取り合い生み出された連合軍を易々と下し、世界各地を周り精霊達の加護をその身に受けた勇者達を討ち滅ぼし、世界を統べる存在となった。
だが、まだ足りない。もっともっと、何もかもが欲しい。全てを手にしてもなお渇く己の欲望に突き動かされながら、魔王は禁じられた技として名高い異なる世界への道を繋ぐ術を蘇らせ、連合軍や勇者達との戦いでも優秀な成果を上げてくれた数人の部下を率いて挨拶を兼ねた侵攻を開始した。
そしてその日以降、魔王達は帰還していない。残されたのは何処にもいない魔王の恐怖に怯え絶望する人々と、王が持つ桁外れの魔力だからこそ復活が可能となった術を前に途方に暮れる魔族達だけ。あれだけ恐れ、敬った魔王達が別の世界で無様を絶えず晒していることなど知る由も無い者達だけが、元の世界に取り残されていた。

「ふぎぃぃぃーっ! も、もぅやめろぉっ! やめてくれぇぇぇーっ!!」
「とめてくれぇぇ……ぎもぢいいの、どめでぇっ! うぁぁぁぁーっ!!」

もはや、立場の違いなど一切関係無い。今の魔王達は、全員仲良く惨めに精液を垂れ流すだけの存在だ。
元の世界ではただの人間でも簡単に捕獲を行えるか弱く小さな妖精達ですらも、自分達を大きく上回る魔力と知能を有した怪物である。そんな世界へと自ら降り立ち焦りを剥き出しにした帰還すらもあっさりと阻止された哀れな魔王達は、強力な魔術で自分達を一人残らず支配し集落へと持ち帰った妖精達に飼われ弄ばれ搾取される為に生かされ続ける間抜けな家畜でしか無いのだ。
凜々しく、気高く、常に聡明であった青き肌の魔王も、今では表情を淫らに歪ませ一対の黒き角を震わせながら妖精達の食事である魔力の素となる精液をひり出すことしか出来ない。自分よりも巨大な斧を軽々と振り回していた雄々しき牛獣人の魔族も、惨めに鳴き叫びながら射精を繰り返すことしか出来ない。参謀であった狐獣人の魔族も、毒の技を得意としていた緑の肌を有する魔族も、治癒の技に長けた猫獣人の魔族も、誰もが絶頂を迎え続けることしか出来ない。
左右の手を頭部の後ろで組み、足をがに股に開いて腰を低く落とす。そんな男根を無防備に露出させる体勢から離れられないよう肉体を仲良く操られた魔王達は、精液を溜めておく場所として用意された側面に複数の魔法陣が刻まれている桶の縁に亀頭の真下を魔力製の縄で括り付けられた男根を休み無く嬲る悦楽の魔術に敗北色の射精を断続的に強いられる痴態を妖精達の前で披露させられることいがい、取れる行動など何一つとしてありはしないのだ。

「あぁっ、やらぁぁっ! まりゃイぐぅ! しゃせーぐりゅぅぅぅっ!!」
「チ○コっ、ごわれるぅぅっ! だじゅげでぇっ! ゆ、ゆりゅひへぇぇ……っ!!」

命乞いを行った人間達を意にも介さず屠っていた魔王達が、情けなく許しを請うている。
その意味はおろか魔王達がなりふり構わずに放つ哀願の言葉を理解することも出来ない妖精達は突然に現れ攻撃を仕掛けてきた異世界の魔族達という予想外の収穫に今日も笑みを零しつつ、獣のように吠える魔王達の男根に施した快楽の魔術をその強度を気まぐれに変えて施し直し、間抜けに尖った乳首を時折残酷に苛みながら、溜まった精液を魔力に変換する桶の魔法陣を介した食事を痛々しく痙攣している魔王達の足元で愉しんでいくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓

















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示