fc2ブログ

捕虜は兵士達の性処理道具

2014.05.09.Fri.21:00
日光が照らす広場。周りに兵士達が寝泊まりする木造の兵舎が立ち並ぶその場所に、異常な光景が広がっていた。

「んぐっ、うぶっ!」
「ほら、しっかりしゃぶれよ!」
「ケツももっと絞めろよ!」

黒布の目隠しをされ、口と尻穴に兵士のペニスを入れられているのは、捕らわれの身となった敵国の兵士。つまりは、捕虜。
その捕虜は捕らわれ、連行された日からこの広場の中央に腕を背中でまとめ、足を折り畳んだ状態から抜け出せないよう縄できつく縛られて吊るされて設置され、昼夜問わず敵兵士の思いのままに肉便器として凌辱されていた。

「んぐ、んごぉ…っ!」

容赦無く喉奥をペニスで責められ、捕虜は目隠しの下から涙を滲ませる。
息苦しさに身悶え、必死にもがいても身体は窮屈な姿から逃げられずに縄が肌に食い込むだけ。それどころか苦しんでもがけばもがく程その憐れな動きは嬲る兵士達の目を愉しませ、あまつさえ尻穴にくわえさせられているペニスを蕩け切った肉壁で揉み込んでしまう。

「へへ、こいつケツ振って悦んでるぜ。淫乱だなぁ」
「精液が欲しいんだろ? お望み通り出してやろうぜ」
「んうぅぅぅ!」

嫌、という声は出せず。捕虜の口と、尻穴には雄の味の体液が放出された。

「おぁ、は…っ」

もはや飲み込む力も無い口からは、出されたばかりの精液と前に出された物が混ざり合って滴り、尻穴からはペニスを抜かれた瞬間に、誰の物かも分からない精液が溢れ出す。

「ゆる、ひへ…たしゅ、んぶっ!?」

ビクビク震えて許しを求める捕虜の口に、次のペニスが突き込まれる。

「ん? こいつ何か言ってなかったか?」
「あぁ、確かもっとめちゃくちゃにして、とか言ってたな」
「おぐぅ、んぐぅぅ!!」

違うと叫んでも、それは呻きでしかなく。どんなに拒んでも残酷な凌辱は避けられない。

「そうか…んじゃ、めちゃくちゃにしてやらないと…なっ!」
「むぉぉぉぉーっ!!」

開いたまま白濁を垂れ流していた尻穴が、いきなり貫かれた。
だが、貫かれた衝撃に捕虜が打ち震える間にも新たな凌辱が始まっていく。

「あぐ、あぉ! むごぉぉぉっ!!」

今まで放置されていた乳首や触られないまま絶頂していた捕虜のペニスが、指で擦られ、好き勝手に責め立てられる。
激し過ぎる快楽は視界が塞がれているせいで余計に強く感じ、身悶える事も自由に出来ない捕虜は身体中を駆け巡る熱さに甘い悲鳴を上げさせられる。

誇りも、尊厳も奪われ性処理道具として使われる捕虜は今日もまた全身を淫液に塗れるまで犯され続け、少しずつ、ペニス無しではいられない淫らな肉体へと作り変えられるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示