fc2ブログ

罪無き双子は復讐者に監視されながらの射精を迎える

2023.12.09.Sat.21:00
ベッドの頭側と足側に存在する金属製の柵へと接続された鎖が、少年達の身悶えに合わせて耳障りな甲高い音を休み無く立てている。左右の手首と足首に巻き付けられた黒革の枷と柵を結ぶ鎖が、X字に引き延ばされた裸体をなりふり構わずにもがかせている幼き双子に行動の無意味さを思い知らせるかのような金属音を絶えず奏でている。

「んっ、むぐっ、うぶぅぅっ!」
「ふっ、ぶむっ……んもぅぅぅっ!」

しかし、少年達は諦めること無く裸体をじたばたと動かし続ける。二人で協力しても頑丈な鎖と黒革はビクともしない。その身で理解させられた情報を意識しつつも、双子の少年は自分ともう一人をこの危機から救い出す為に拘束との格闘をひたすらに試みている。
ほぼ同じ体躯の裸体を向かい合わせで密着させられ、何処にも逃げられないよう自由を奪われた少年達。自分に覆い被さる格好を取らされた弟の重みを常に全身で感じさせられ、自身の下敷きとなった兄の熱を身体中で感じさせられながら、黒色をしたテープに塞がれた口と丸出しにさせられた小ぶりな男根を擦り付け合いつつ何の成果にも結び付かない足掻きを重ねる惨めな双子。
そんな哀れな二人を作り出し別室から監視カメラ越しに堪能していた残忍な男は、自分の研究を騙して掠め取り自分が得るはずだった報酬や名声を奪った憎き男の血を引く双子が滑稽にもがいている様にこれ以上無い愉悦を募らせつつ、今日も捕らえた二人に甘く理不尽な復讐を注ぐ為の機構を何の躊躇いも見せずに起動させ、罪無き双子に淫猥な地獄を嬉々として味わわせ始めた。

「んぐっ!? んも、ぶもぉぉっ!!」
「ふーぅっ! んーっ! みゅぅぅぅーっ!!」

お互いの尻穴に一つずつ差し込まれていた物体が、二人を残酷に嬲り出す。
幾ら力んでも自力では吐き出せないよう空気を用いて腸内の浅い位置で膨張させられた淫具が、無から悦楽を生み出す電流を双子の体内に流し込み雌の至福を抱かせていく。
その刺激から逃れたくても、手足を封じられた二人は逃れられない。じっとしていることさえままならない程の悦びを生み出す尻穴の機構に苛まれている少年達は、快感に流されて体積を増した乳首と男根を裸体の震えに合わせて仲良く間抜けに捏ね合いながら、自分達の父を恨む男が求める通りの絶頂へとどうすることも出来ずに上り詰めさせられていく。

「むぐっ、んふ、むふうぅ!」
「もごっ、むぎゅぅっ! んぶぅぅ……!!」

汗でじっとりと湿りゆく裸体をくねらせ、追い打ちの刺激を無自覚に作り出し合いながら。絶頂が迫っている男根達を脈動させ、その脈打つ若き男根同士を射精目掛けて無意識に押し付け合いながら。何故自分達がこんな目に合わなければと思案を巡らせる力も無くした少年達は言葉を封じるテープ越しに熱烈な口付けを交わし、唯一の呼吸孔となった鼻から溢れる荒く乱れた呼吸でもう一人の顔を撫で、お互いの手をきゅぅと強く握りつつ、自分達兄弟を攫い弄ぶ男に監視されながらの射精を今日も迎えさせられていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示