fc2ブログ

残酷な男はゆっくりと腰を振り始める

2023.11.30.Thu.21:00
尻穴から抜け落ちないよう縄で固定された男根型の淫具が、腸内を奥深くまで満たした状態で荒々しい首振りを繰り返し柔らかで過敏な肉を容赦無く掻き毟り続けている。尻穴への刺激に屈して情けなく張り詰めさせられた本物の男根に装着された黒いベルト型の淫具達が、根元近くと亀頭の真下に緩く食い込んだ状態で絶え間無い振動を行い雄の弱点を断続的な悦楽でいたぶり続けている。
だが、それらの責めに晒されている男は悲鳴らしい悲鳴を欠片も発してはいない。苦悶に満ちた呻きを漏らしつつも、男は甘く歪んだ絶叫を一切放つこと無く裸体をよじらせ、自身に与えられた縄の縛めからの脱出を求めている。
その理由は、男の精神が頑強だからではない。幾ら辱められようとも無様な姿など決して晒しはしないという決意を鋭く滾らせているからでもない。
鳴き喚けば、それが地獄の増幅に繋がる。そんな残酷な状況を用意された男は常に襲い来る淫猥な攻撃を誤魔化すことを目的とした嬌声すらも上げられぬまま、自らの意思でだらしなく開かせた口から唾液と共に苦しげな吐息を零しつつの試行錯誤を積み重ねることしか出来はしないのだ。

「あ、あぁ……か、は……っ!」

痛々しく見開いた目から大粒の涙を溢れさせつつ、男が手足をきつく縛る縄をどうにかして解こうと裸体に力を込める。二の腕と胸部を短く繋ぎ胴体の真後ろで交差させた手首をその位置へと縫い付ける上半身の縄を軋ませながら、足首と太ももを遊び無く括り両足を折り畳んだ形に維持させている下半身の縄を鳴らしながら、男は縄の締め付けが引き寄せる痛みに声を上げてしまわないよう意識を傾けつつ汗塗れの裸体をもがかせている。
しかし、縄は一つとして緩まない。手足を拘束する縄はもちろん、尻穴で暴れる淫具を押さえ付けている腰回りに這わされた縄を振り払うことも叶わない。
それでも、男は諦めとは無縁と態度で疲れ切った裸体をよじらせ、再び縄との格闘を試み始める。このままこの地下室にいたら、また無慈悲な拷問によがり狂わされてしまう。恐怖を糧にして手足を動かしながら、男は自身を捕らえた憎き敵の男からの加虐から逃れたい一心で身悶え続ける。
けれど、やはり男が望む展開は訪れない。縄は何時まで経っても解けず、男根と尻穴をいたぶる淫具の快楽からも離れられず、捕らわれ支配下に置かれた男は今日も非道な淫獄が開始する時刻を、冷酷な笑みを携えた敵の男が地下室へと帰還する時刻を迎えさせられてしまった。

「あぁ……お、あぁ……っ!」

わざと大きな音を立てて開かれた地下室の扉の方に顔を向け、ズボンのファスナーから興奮しきった男根を露出させた格好で悠然と歩み寄ってくる敵の男を見つめる表情を絶望と戦慄に染め上げながら、男がか細い呻きで許しを請う。
誇りを捨て、矜持を忘れ、屈服を剥き出しにした態度で慈悲をねだりながら、男は不自由な裸体をわずかに後ずらせていく。
もちろん、敵の男は欲された慈悲など認めはしない。それどころか間抜けに救いを望む男という滑稽極まりない光景を満喫しながら自身の男根の硬度を更に引き上げさせた敵の男は、無意味に逃げようとしていた男の髪を鷲掴みにすることでそれ以上の移動を禁じつつ開きっぱなしとなっていた口に太く熱く硬い男根を突き入れ、今の男にとって最高に苦しく気持ち良い地獄を嬉々として味わわせ始めてしまった。

「んぐぅぅーっ!? おっ、ぼもぁぁぁーっ!?」

ついさっきまで必死で制御していた声を喉が破れんばかりに発しながら、男が縄を着せられた裸体を痙攣させ始める。
どんなに振動させられても射精に至っていなかった男根から精液を噴き出させ、敵の男に雌の至福の覚え方を刻み付けられた尻穴を今日一回目の絶頂に合わせて絞り上げ偽の男根の感触を余計に感じながら、男が口を敵の男根に征服された状況で裸体を生物とは思えない程激しく惨めに跳ね回らせる。
その飽きの来ない異常な絶頂姿を充足の表情で見下ろし髪を掴んだ両手と根元までくわえさせた男根で堪能しながら、敵の男は口内の肉をまんべんなく蹂躙しより鮮烈な拷問を作り出す為の腰振りを、淫蕩な薬品を交えた調教で男根や尻穴を超えた自身の声の振動すらも悦楽に変換する性感帯へと仕立て上げた口を好き勝手に犯し抜く腰振りを、口の中を嬲られなければ絶頂に達せなくなった男が見せる怯えを露わにした助けての意思表示を独占しつつ最初はゆっくりとした速度で開始していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示