fc2ブログ

無様な忍耐は充足を貪る敵の前で保たれる

2023.11.19.Sun.21:00
視界を遮り言葉を封じる。そんな機構を有した黒革製のマスクを被せられた頭部の両隣で窮屈に折り畳んだ状態を強要されている両腕を揺らめかせながら、男が絶え間無く襲い来る恥辱にただただ悶え苦しみ続けている。
丸出しとなった男根の根元と亀頭近くに巻き付けられた黒革製のベルトと、無防備にさらけ出された尻穴へとねじ込まれた男根型の淫具。それらが生み出す淫らな責めに為す術無く嬲られながら、男は腕と同様の拘束を加えられた伸ばせぬ足を情けなくバタつかせつつ、休み無く加えられる苦悶からの脱出を求めての試行錯誤を繰り返している。

「んっ、んぐっ、んむうぅ!」

鼻の穴を除く頭部全体を隙間無く覆い隠すマスクの内側に突き出た短く太い棒を噛まされた口で意味を成さない悲鳴を発しながら、男は自らを救う為の努力を諦めとは無縁の態度で積み重ねていく。不自然な形を維持させられ同時に指の使用を禁じられた手足を必死になってもがかせながら、男は閉ざされた視界の向こうにいるであろう憎き敵の男に対する反抗を改めて滾らせつつ、危機と辱めからの逃走を願う拘束との格闘を行っていく。
だが、男の頑張りとは裏腹に状況は何も変わらない。自身が仰向けに転がされたベッドの端に位置する柵とマスクの頭頂部に存在する丸い金具を南京錠で結合された頭部をめちゃくちゃに振り乱しながら暴れても奪われた視界と言葉は取り返せない。ベッドの下部を経由する方式で這わされた長い鎖を用いて右腕を縛める拘束と左腕を縛める拘束を繋がれ、足の拘束も同じように鎖で結わえられた男がなりふり構わずに身を悶えさせても、真横へと伸ばさせられた手足は鎖に設けられたほんのわずかな余裕に認められた範囲での動きしか取れない事実から抜け出せない。
ありとあらゆる方向から選択肢を削ぎ落とされた惨めな男はもう、股間と尻穴にあてがわれた淫具がもたらす甘い刺激に心と身体を翻弄させられながら絶頂に至るだけの存在でしか無い。男根に緩く食い込んだ二本のベルトに内蔵されたローターの振動と、尻穴から抜け落ちないよう底の部分に用意された金具と左右の足を包む拘束側に取り付けられた金具を細く短い二本の鎖で位置を固定された男根を模した淫具が腸壁目掛けて行う荒々しい首振りをどうやっても拒めない姿に追いやられた無様な男はもはや、男根を萎えさせることも許されぬまま、異物にこじ開けられた尻穴を休ませることも叶わぬまま、快楽の頂点へと導かれるだけの存在でしか無い。
自身を捕らえた憎き敵の男のベッドを彩る鑑賞物として設置され、滑稽で愉快な痴態を晒す以外の行動を却下された今の男は、敵に捕らわれた現実を常に思い知らせる望まぬ快感に思考を掻き乱されながら射精に次ぐ射精を迎えるだけの、これ以上無く情けない存在でしか無いのだ。

「むぐっ、んぶ! もぼぉぉっ!」

口を塞がれ唯一の呼吸孔に変えられた鼻を痛々しく間抜けに鳴らしながら、男がまた射精へと到達する。露出させられた男根を激しく脈動させその先端から色と量が大きく失われた精液を力無く迸らせながら、尻穴をほじくり回す紛い物の男根を無自覚に腸壁で締め上げつつ男が十数度目の射精を強要される。
しかし、男の淫獄は終わらない。男根と尻穴を苛む淫具達が自身から伸びたコードを通して送り込まれた電力を受けての駆動を継続している以上、快楽はまだまだ終わらない。

「ふぅ! んぶ、ぼもぉぉっ!」

まだ、イかされる。達したばかりの過敏な男根と尻穴を蹂躙する淫具達の攻撃に流され再び快楽を極める展開へと突入した自らの肉体に戦慄しながら、男は憎き敵の思惑通りにされたくない一心で怒気を強く含んだ唸りを放った。
貴様の望み通りになどなってやらないという意思を観察者である敵の男に示し、同じ思いを自らの言い聞かせる為に、男はイきっぱなしの裸体をガクガクと跳ねさせつつ鋭い唸りを飛ばした。
そんな気高く哀れな意思表示を認識すらしない敵の男は、自分をイき地獄に置いたまま敵が眠りに堕ちた事実を知る由も無いまま無駄に耐え無駄に虚勢を張っている男の遮られた視界の向こうで、敵対していた男を捕獲し自分専用の娯楽に貶めた充足感に浸りながらの睡眠を幸福に満ちた寝顔で貪っていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示