fc2ブログ

逆らえぬ裸体達は非道な追撃で淫獄へと堕とされる

2023.11.16.Thu.21:00
左右の膝から下を地下室の床へと縫い付ける黒革で作られたベルト達を軋ませながら、二人の男が絶え間無く注がれる恥辱からの脱出を求めて裸体をじたばたともがかせ続けている。
左右の手首を短い鎖で繋ぐ黒革の枷を嵌められ、その枷と地下室の天井に位置する金具を長い鎖と南京錠で結合された男達は、自由を奪われた己の腕を見上げ黒色をした粘着テープを執拗なまでに重ねられた口からくぐもった悲鳴を放ちつつ、正面にいる仲間と共になりふり構わない試行錯誤を繰り返している。
しかし、そんな必死の足掻きは二人を嬲る男を余計に愉しませる効果しか持っていない。生身で幾ら格闘しようとも外れない頑丈な拘束達を無意味に鳴らし、専用の溶剤が無ければ決して剥がせないテープを振り払おうと口を無駄に蠢かせながら膝立ちの姿勢を強いられた裸体を間抜けにくねらせても、状況は全く動かない。ただただ体力を消耗し絶望を加速させるだけの行動は、二人を支配し弄ぶ側に回った一人の男が生み出す責めをより苛烈な物へと引き上げさせる結果を引き寄せてしまう。

「んーっ! んぐっ、むぐぅぅぅーっ!!」
「ぶふっ、んみゅぅぅ! ぶもぉぉぉーっ!!」

更に激しくなった苦悶に目を剥きながら、二人の男は恥と誇りを捨てて自分と仲間をいたぶる男に許しを請う。塞がれた口で哀願の絶叫を発しながら、男達は向かい合わせにさせた自分達の横に陣取り嬉々として攻撃を加えている男に救いをねだる。
だが、非道な男は屈服宣言と同じ意味を持つ助けて下さいの意思表示を鼻で笑って流しながら、攻撃の勢いをまた強めてしまった。自身の手に収められた二人の男根が、射精寸前を知らせる脈動を行っている。そんな情報を満喫しながら、冷酷な男は抗えぬ二人に望まぬ絶頂を、正確な回数すらも分からなくなった射精に繋がるとどめの悦楽を、流し込んでしまったのだ。

「んびゅぅぅ!? ぶーっ! ぶぎゅ、ぼ! んぶぅぅぅぅーっ!!」
「んー! むぎゅぅぅぅっ! ぶ、ぼ、ふぶぅぅぅぅぅっ!!」

ぎりぎりのところで耐え忍んでいた肉体が、無慈悲な男が余裕たっぷりに加速させた快感によってあっさりと頂点に押し上げられる。
イきたくない。思考に抱いていた拒絶を難無く崩された男達が、身動きを制限された裸体を仰け反らせながら、絶頂に至っても往復をやめない手に囚われた男根から濃さと量を大きく失った精液を力無く迸らせる。
このままでは、またイかされてしまう。理性を蝕む悶絶の中で、男達は恐怖と戦慄を改めて認識する。このまま絶頂を強要され続けたら、自分達は何もかもを破壊されてしまう。自我の消失に怯えながら、二人の男は一縷の希望に縋る形で再び慈悲を望もうとした。
だが、それよりも先に駄目押しの追撃が二人をより容赦の無い淫獄へと突き落とし始める。射精に至ったばかりの男根を扱かれながらわずかでも平静を取り戻そうとしていた二人が快感に翻弄させられている内に地下室へと帰還した三人の男が、男根への責めを担っていた仲間に労いの視線を寄せつつあらかじめ決めておいた自らの持ち場に、それまで放置していた乳首と尻穴を甘く痛め付ける為の場所へと陣取っていく。

「もぼぉぉぉっ!? ぶぅ、ぶもおぉ!?」

床に密着させられた膝から下の部分を跨ぐ形で背後に回った男達が、胸元に這わせた手で硬く尖った乳首を捏ね、弾き、引き延ばしていたぶり出す。

「うぎゅぅぅっ!? ぶ、ぼおぉ! みゅぅぅぅーっ!!」

男根を休み無く摩擦する男の正面に腰を下ろした男が、度重なる絶頂で弛緩し異物を拒む力を大きく削ぎ落とされた二つの尻穴に指を伸ばし、かすかな抵抗を嘲笑いつつ窄まった穴を指先でこじ開けていく。
男根を責められているだけでも、戯れのような加減が無ければ絶頂を堪えられない状態へと追いやられていた。そんな二つの裸体を四人がかりで淫らに狂わされ出した男達はもはや、絶頂の接近を自覚することさえ叶わぬままイきまくらされるしか無い。
自分達を捕らえ攫った憎き敵達がもたらす淫猥な拷問からどう頑張っても逃れられない男達は、敵が欲する通りの痴態を仲良く惨めに繰り広げながら快楽に堕ちる道以外、残されてはいないのだ。

「んぶっ、むぶっ、ぶみゅぅぅ!」
「うぅ、もぼぉっ! んぎゅぅぅぅぅっ!!」

拘束と戦うことを忘れ、小さな希望にしがみつく思考を抹消され、正面にいる仲間と励まし合うことすらも行えなくなった男達が縛められた汗塗れの裸体を滑稽なまでに痙攣させ断続的な絶頂へと達する様子を満喫しながら、二人の捕獲及び淫蕩な瓦解を担当することとなった四人の男は己の手指に捉えた弱点の震えを自分達の特権として味わいつつ、新たな絶頂を逆らえない裸体達に強制するのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示