fc2ブログ

非道な淫具は追い打ちの肛虐に向けて引き抜かれる

2023.11.09.Thu.21:00
左右の乳首に吸引を加え情けなく尖らせた上で内部にあてがわれた柔らかな毛のブラシを用いて絶え間無い研磨を注ぐドーム状の装置が、二人の青年に望まぬ悦楽を延々と味わわせている。
男根の根元と亀頭の真下に巻き付けられた黒革製のベルトと睾丸を緩く包み込む黒革の袋が、自身に内蔵された装置が行う振動に合わせて何処にも逃れられぬ性器を淫らにいたぶり青年達に甘い至福を休み無く叩き込んでいる。
尻穴の奥深くにまでねじ込まれた男根型をした装置が、自身で割り開いた腸壁を小刻みに震わせつつ荒々しく首を振り、甘く苦しく絶え間無い摩擦の攻撃を二人にもたらしている。
自身に送り込まれる電力を用いて駆動し続ける、残忍で淫猥な責め具達。そんな無慈悲な機械を雄の弱点である男根と、敵の手で開発され快楽の急所へと作り変えられた乳首と尻穴に装着された青年達はもう、湧き上がる幸福にただただ掻き乱されながら絶頂を繰り返すことしか出来ない。
黒革製の拘束具で窮屈に折り畳んだ状態を強いられている手足を、わずかに傾いている台の上部へと幾つもの鎖と南京錠で縫い付けられた身体では淫具達をとめたくてもとめられない。手足を包む拘束の金具と台の上部に位置する金具達を短く結ぶ鎖を甲高く鳴らしながら暴れても、淫具達は弱点から離れてくれない。黒いギャグボールを噛まされた口から飲み込みきれない唾液と共に恥を捨てた哀願の絶叫を放っても、それを認識する機構など携えていない淫具達は快感を生成する動きを緩めてすらくれない。
もがけばもがく程、脱出を求めれば求める程、逃れられない事実を思い知らされる。そんな拷問に追いやられた青年達はもはや、休息の概念すら挟まずに容赦無く暴れる淫具達に乳首と性器と尻穴を苛まれながら、すでに限界を大きく超えている裸体を絶頂へと上り詰めさせられるしか無いのだ。

「おぅ、えあぁぁぁっ! あえは、あうえへぇぇっ!!」
「いひはふ、はいぃっ! おえあい! はうへへ……こえ、ほえへぇぇぇーっ!!」

自分と仲間にしか聞こえない不明瞭な絶叫を部屋中に反響させながら、青年達は縛めとの格闘すらも不可能となった裸体を痙攣させつつまた絶頂へと達する。
吐き出す精液など、とっくの昔に尽き果てた。そんな状態で強いられる射精を伴わない絶頂の数々に目を剥き、理性をじわじわとすり潰されながら、青年達は今までの己が跡形も無く壊れゆく感覚に戦慄しつつなりふり構わずに救いを請う。
しかし、どんなに願っても二人に慈悲は訪れない。捕らえた二人を自分達の拠点へと拉致し、淫蕩な地獄を用いた調教を施して陥落を促している残酷な敵の男達は、我を忘れて悶え狂う青年達がいる部屋へと帰還するやいなやギャグボールごしの助けてよりも先に今日の恥辱の開始を宣言してしまった。

「二人共、ただいま。そんじゃ今日も、たっぷり犯しまくってやるぜ」
「この何処にも逃げられない惨めな身体を愉しみながら、こんな極太のバイブもすんなり飲み込めるようになったケツ穴をほじくり回してやるよ。いつも通り、気絶も簡単に出来ないくらいになぁ……!」
「えあ、えあぁぁぁっ! ひゅうひへぇぇっ!! おぅ、ひぐのひあぁぁぁぁっ!!」
「ひゃら、ひゃらぁぁっ! おえあい、やひゅ、まへへぇ……っ!!」

涙の量を増やしつつ紡がれる屈服と恐怖を剥き出しにした言葉を満喫しながら、非道な敵の男達は寄せられた願いを無言で却下しつつ尻穴を貫き蹂躙していたバイブを固定している台の側面と一体化した器具を外し、乳首と性器を変わらず淫具で責め立てながら堪能する肛虐に向けてだらしなく解れきった穴から、バイブをゆっくりと引き抜いていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示