fc2ブログ

堪えられぬ欲望は仲間の穴へと無様に注入される

2023.10.31.Tue.21:00
何も見えない。何も喋れない。手足の感覚はあるのに動かすことは叶わない。
そんな異常な拘束に閉じ込められた男達は、数少ない外気に触れている器官となった男根と睾丸を間抜けに脈打たせながら、意に染まぬ絶頂へと為す術無く追い立てられ続けていた。
肉体の情報を意のままに操作し、あらゆる箇所の感度を自在に増減させられる。そんな機構によってだらしなく緩みきった淫猥な器官へと作り変えられた尻穴を嬲る無慈悲な装置に望まぬ雌の悦楽を叩き込まれながら、男達は一切の刺激を注がれていないはずの男根を絶え間無い射精へと追い立てられ続けていた。
正常な状態であれば、喉が破れんばかりの勢いで放たれた絶叫が地下室を埋め尽くしていたことだろう。尻穴を蹂躙する巨大な快楽にいたぶられる男達は、淫獄からの脱出を求める行動を理性と本能の両方で取っていたことだろう。
しかし、異常な状態を与えられた男達はそれらの反応を示すことさえ許されない。本来の体積と質量を無視して物体を収納する技術を搭載された小箱に裸体の大部分を取り込まれた無様な男達は、誇りを捨てた哀願の絶叫を発することも我を忘れた脱出を欲する身悶えを試みることさえ認められない。
箱の外部に男根と睾丸を情けなく露出させられた男達はもう、同様に露出させられていた尻穴をその小箱専用に開発された極太のアナルバイブに貫かれた男達はもう、やめてくれさえ紡げぬまま絶頂を強いられるだけの存在でしか無いのだ。
仲良く並べられた男根を滑稽に跳ねさせつつ、男達がまた射精を迎える。箱の力で精液の枯渇とも無縁にされた哀れな男根達が、睾丸をひくひくと悶えさせながら萎えることさえ出来ずに次の射精へと為す術無く上り詰めさせられていく。
イってもイっても終わらないイき地獄。箱の効力によって発狂すらも禁じられている為に、自我の瓦解という救済すらも断たれた状況で強いられる無慈悲な絶頂地獄。
そんな拷問を二人にもたらした男は、二本の男根の射精回数の合計が百を超したという事実を認識し冷酷に微笑むと、完成したばかりの責め具の威力を確かめる為にテーブルへと固定した二つの箱の元へと、何処にも逃れられぬ男根達の元へと歩み寄っていく。
無論、男根と尻穴以外の部分を外界から完全に隔離されている男達は、その接近に気付くことさえ出来ない。無防備な男根全体を締め上げられつつ穴を異物に貫かれ、その異物と一体化している鳥籠のように形作られた黒革のベルトの固定を担わされたベルトを用いて睾丸の根元を絞り出されても、抗えぬ男達は男根に突き刺さった棒状の物体が生み出す違和感にただただ悶絶しながら新たな射精へと達するしか無い。
ただただみっともなく精液を漏らす。ただそれだけの物体に二人が堕ちた事実を噛み締め醜悪に微笑んだ男は、男根を貫いた棒から伸びた管の先端から溢れ出る量と濃さを保った精液に充足の頷きを行いつつ、これから始まる今まで以上の痴態に期待を募らせながら、管を伝った精液を零している部品を、二つの尻穴を奥深くまで貫き暴れている偽の男根の底にある穴へと交差させる形で嬉々として挿入した。
尻穴に流れ込み始めた液体に、男根達が分かりやすく狼狽の反応を示す。何が起こっているのかは分からなくとも、状況の悪化だけは分かる。そんな男達が棒を差し込まれた男根に許しを請うような脈動を行わせる。
だが、残酷な男は慈悲を欠片も見せない。すぐ隣にいる仲間の尻穴に精液を注ぎ込ませる恥辱を生み出す機構が目論見に沿って出来上がったことに満足げな笑みを浮かべる男は、男根を包囲する黒革に振動を開始させるスイッチを躊躇い無くオンにし、ついでのように尻穴をほじくり回す作り物の男根の駆動を最大の物に引き上げ、先程まで自身が腰掛けていたソファーへと座り直し鑑賞の態度を再構築してしまった。
それまで以上の苛烈さで尻穴を抉り始めた偽の男根が生成する悦楽に翻弄させられ、ここまでほったらかしにされていた男根を外側と内側の両方から振動させられ、堪えきれずに吐き出した精液を共に捕らわれた仲間の尻穴へと注入させられる。
そんなより滑稽な娯楽を独占しながら、男は我慢の意思さえ挟めぬままイきまくっている男根達を満喫しつつ早くもその思考に、箱詰めにした男達を淫らに苦しめ甘く狂わせる新たな装置の構想を湧き上がらせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示