fc2ブログ

男は失格の嬌声を響かせつつ絶頂へと間抜けに達する

2023.10.04.Wed.21:00
今日から、父と共に広く大きな屋敷で働くこととなった。新たな生活への不安と期待を膨らませながら、少年は自身と父の主となる男に緊張を滲ませつつも挨拶を済ませ、自分達に割り当てられた部屋に少ない荷物を運び込んだ。
明日からは、使用人としての仕事が始まる。父よりも遥かに簡単な内容ではあるが、給金が発生する行動を取ることになる。
覚えることが山のようにあるという事実にベッドの上で若干心を曇らせながら、先輩である他の使用人から歓迎として贈られた少し豪勢な夕食の味を思い出しつつ、少年は父よりも先に眠りに落ちた。
そうして手放した意識を取り戻した少年を待っていたのは、新人の使用人として迎える朝ではなかった。目を覚ました少年を待っていたのは、両手両足を箱型をした魔法具の中に取り込まれ裸体の自由を奪われた状況と、同じ拘束を加えられた父が眼前で為す術無くいたぶられ快楽を極めさせられているという異常な展開だった。

「ほらスパイさん。またイきなさい。抵抗一つ行えない身体を好き勝手に苛められながら、何も知らない自分の息子を任務に利用したことを今更公開しながら、おチ○チンとお尻でイきまくっちゃいなさい」
「もっ、ごぉぉぉーっ!! うぶっ、むびゅぅぅ! あもぉぉぉーっ!!」

穏やかな笑みで新たな使用人となる自分達に歓迎の言葉をくれた主の男が、手も足も出せない父の股間を至近距離で眺めつつ冷酷な言葉を次々と浴びせかけている。
幼さ故に行為の意味はまだ分からない。けれど、言葉の意味は理解出来る。父がスパイだった。自分は父の目的の為に利用されていた。信じがたい情報達に困惑を深める少年の前で、父である男は口を塞ぐ黒色をした棒状の枷に歯を立て痛々しく剥かれた目から大粒の涙を零しつつ、自身の体液を原動力に変換して駆動する魔力製の淫具に男根と尻穴を嬲られながらの絶頂へとまた上り詰めさせられていく。

「んみゅぅぅぅっ!! おっ、ごもぉぉぉぉーっ!!」
「ふふっ、良いイきっぷりだねぇ、スパイさん? 自分の子供をこんなことに巻き込む外道に相応しい立派で惨めなイき様だよ。○○君も、そう思うだろう?」
「っ?……ふうぅっ!?」

主の男が口にした言葉を受け、息子が意識を取り戻していた事実にようやく気付いた男が驚愕と絶望に染まった悲鳴を上げる。その悲鳴を無言で嘲笑い、ゆっくりと立ち上がった主の男は男根と尻穴に食いついたまま容赦無く動き続け新たな絶頂を休み無く強要する魔法製の淫具に翻弄される父の男の汗ばんだ逃れられぬ裸体をからかうように撫でつつ、訳も分からぬまま恐怖を膨らませている少年の右側で片膝を付き少年の口を閉ざしている枷を父の体液に塗れた指でつつきながら、使用人とは全く違う真の役職を説明し始めた。

「ほら、○○君。自分を使って悪いことをしようとしていたお父さんが無様に苦しんでいるところを見てあげなさい。子供と一緒ならばスパイと思われないだろうなんて浅知恵を働かせて、自分だけじゃなく息子の君も私の慰み者にした非道いお父さんがお仕置きされているところをしっかり見なさい。今日食べさせて貰った睡眠薬入りの豪華な食事や、子供らしく遊ぶなんて楽しみはもう自分には無いんだって覚えながら、君の今日からの唯一の愉しみであるお父さんがみっともなくイき狂うところをたっぷりと堪能するんだよ? 良いね?」
「えぁ、へあぁぁぁっ!」

父が苦しむ光景をどうすることも出来ずに鑑賞させられる。父が己の為に自分を使いこの屋敷へと潜り込もうとしていた。認めたくない二つの現実に拒絶の絶叫を発し魔法仕掛けの箱に封じ込められた肘から先と膝から先をどうにかして引き抜こうと裸体を暴れさせる少年とその様を真横で微笑みながら満喫する主の男の前で、自分がスパイであるという事実を把握した上で息子共々使用人として採用されたことを一切見抜けなかった男は自らの甘さと息子を道具として扱ったことへの遅すぎる後悔を募らせつつ、スパイとしても父としても失格な嬌声を部屋中に響かせての絶頂へと間抜けに達していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示