fc2ブログ

願いの姿勢で正義は無様に感謝の痙攣を返す

2023.09.06.Wed.21:00
専用の溶剤が無ければ、どんな手を尽くしても剥がせない。そんな強力な粘着テープを裸体に与えられた男は、自由を大きく奪われた惨めな状態へと追いやられてしまっている。
左右の手は、厚く巻き付けられたテープのせいで握り拳の形から抜け出せない。左右の足首から先を緩み無く包み込み一まとめにするテープを施された男の足は歩くこと以前に立ち上がることすらも困難な状況を作り出されてしまっている。何より、目と口を塞ぐ形で顔面にテープを加えられた男はもう、見ることもしゃべることも許されない。手足を縛めるテープを振り払う手段を模索することも満足には行えない。
手足の指を封じられ、視界と言葉を閉ざされた。黒色をしたテープの拘束によって、男の裸体はありとあらゆる選択肢を没収されてしまった。
八方塞がりの立場に置かれた。そんな無様な男は今、指を使えなくされた手を必死に動かして己の裸体を、淫らな弱点である左右の乳首と男根を一生懸命にまさぐっている。
それは、絶望から意識を背けることを目的とした現実逃避の自慰では無い。その情けない行動は、すでに抵抗も逃走も行えない男を作り出した非道な者達が嬉々として上乗せした追い打ちの責め苦が生み出す苦悶をどうにかして和らげようと試みての物だ。

「んぐっ、むぐっ、ふむうぅ……っ!」

唯一の呼吸孔に変えられた鼻から間抜けな呼吸音をプスプスと発しつつ、監禁部屋の床に仰向けで寝転がった男は自らの乳首と男根をテープに囲われた手で捏ね回している。捕らわれた日から毎日のように弄ばれ男の物とは思えないくらいにふっくらと肥大化した乳首をくにくにと揉み込みながら、男は限界まで張り詰めた男根をぐにぐにと刺激している。
だが、男はいつまで経っても絶頂には至れない。紛らわそうとしていた苦悶の沈静化も手に入れられない。憎き敵達の躾で淫らに開発され、今朝拒絶も虚しく残酷な薬品をたっぷりと投与された尻穴を奥深くまでほじくり回して貰えなければ射精には達せず、腸壁全体を絶え間無く嬲っている薬品由来の疼きと痒みからも逃れられない。

「むふっ、んふっ、ぶふぅぅんっ!」

乳首と男根を不自由な手で責め立てても、余計に苦しみが増すだけ。それを理解していても、男はもはや恥部を弄る手をとめられない。ただじっとしていたら、尻穴を苛む地獄で理性を破壊されてしまう。湧き上がる恐怖に屈する形で左右の乳首と男根をひたすらに捏ねている男は、強まる一方のもどかしさに悲鳴を上げながら閉じさせられた足に力を込めて腰をくねくねと踊らせている。
滑稽で哀れな、尻穴への加虐を心から願っている男。身動きを制限する拘束との格闘ではなく、快楽の追求を優先させている堕ちきった男。その愉快その物な痴態を晒す男を取り囲んで鑑賞していた非道な敵の男達は、自分達が監禁部屋に帰って来たことにも気付かぬまま己に生殺しを味わわせる自慰を重ねている男に命令を下した。

「捜査員さん、お尻を苛めて欲しいならいつものようにお願いをしなさい」
「っ! ふうぅ!」

塞がれた視界の向こうから浴びせられた尊大な言葉を受けた男が、安堵と至福に染まった唸りを返しつつ汗に濡れ火照りきった裸体を動かし出す。
捜査員としての誇りなど守っていられない。それどころか、今の男には捜査員の自覚すら残されてはいない。どう頑張っても握り拳の手では弄れなかった尻穴への慈悲を認められた悦びを噛み締めている男は、悪達が命令に従うことを渋った際にと用意していた淫獄の加速という脅しの言葉を使うこと無く従順に裸体をお願いの体勢へと移行させていく。
仰向けだった裸体が、小刻みに震えながら起き上がり正座となる。そして正座の姿を取った捜査員の男は、見えない敵達に対して許しを請い隷属を誓う意思を支配された心に募らせながら、黒に覆われた手を床に付き肛虐をねだる土下座を迷い無く行った。
正面からは、テープを巻かれた両手の間で額を床に擦り付けている捜査員が見える。背後からは、テープをもたらされた足の真上で射精を欲して脈動している男根を晒し、痒みと疼きと自身の発情に狂わされ腸液をだらしなく分泌しながら開閉を繰り返す尻穴を露出させている捜査員が愉しめる。
そのこれ以上無い充足を覚えさせてくれる光景を笑みの黒さを引き上げつつ堪能する悪の男達は、恥を捨てプライドを忘れた捜査員の後頭部を踏み付けて更なる愉悦を手に入れながら、性器と化した尻穴を最奥まで埋め尽くして掻き毟る極太のアナルバイブをねじ込み始めた。

「んぶぅっ! むふ、んぎゅ、むふうぅ!!」

悲鳴を上げつつも、頭部に乗せられた足を振り落とそうとはしない。むしろくぐもった絶叫に混じる甘さをバイブの表面に生えた無数のイボが尻穴の入り口を掻き分ける度に高めながら、捜査員は頭部を踏み付けた足の持ち主とバイブを挿入する手の持ち主に感謝の痙攣を返していく。
この捜査員はもう、二度と正義の活動には戻れない。人間としての正常な生活も送れない。とっくに把握している情報を改めて確認しながら、悪の男達は捕らえた捜査員が望んでいた尻穴での絶頂地獄というご褒美の準備を整えていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示