fc2ブログ

甘い恵みは希望を越える形で与えられる

2023.08.30.Wed.21:00
異物を拒む為の手段は、残忍なまでの効果を有する媚薬を携えた指の責めによって一つ残らず削ぎ落とされてしまった。そんなはしたなく緩みきった尻穴を定期的に新たな媚薬を垂らされている指で好き勝手にほじくり回されながら、男は意に染まぬ雌の悦楽を延々と流し込まれ続けている。
亀頭の真下に巻き付けられたベルト型のローターが行う小刻みな振動の方が気持ち良い。最初に抱いていた当たり前の認識を上書きする程に苛烈で甘い尻穴への辱めに為す術無く翻弄させられている男は、弄ばれ出した時に示していた反抗や怒気を思い出すことさえ叶わない状態へと追い込まれてしまっている。
もう、気持ち良くなんてないと虚勢を張る余裕さえ残されていない。男根を震わせる淫具が気持ち良い。尻穴を掻き毟る指はもっと気持ち良い。そんな情報に逆らう気力さえももはや、今の男からは跡形も無く失われてしまっている。
故に、男は両手首と足首に巻き付けられた黒革の枷とベッドの上下に位置する柵を遊び無く結ぶ鎖を解こうと試みる足掻きさえ行うこと無く、自分の恥部を好き勝手にいたぶる憎きはずの男に哀願を募らせている。柵の格子に鎖を繋がれ真横に伸ばさせられた腕を暴れさせることも、柵の上部に鎖を結ばれ斜め上に持ち上げさせられた足を振り乱すこともせずに、男は大粒の涙を零し悲痛に歪んだ声音をなりふり構わずに放ちながら自分を捕らえ苦しめている張本人の男に慈悲を求めている。
その慈悲は、快感の終了という慈悲ではない。男が誇りを捨て理性と本能の両方でねだっているのは、絶頂寸前で快感を緩める生殺しの拷問からの解放という慈悲だ。

「あっ、んあぁぁっ! もっ、ゆりゅひへ、ゆりゅじでぇぇっ! イぎだいのぉぉっ! おひりもっろほじっで! ひんこっ、ぢゅよぐじでぇぇぇっ!!」

思い通りに動かせぬ手足を痙攣させ、逃げ場を失った淫欲を少しでも誤魔化そうとするかのように仰向けの裸体をベッドの上でくねくねと踊らせながら、溜めに溜め込まされた射精欲に狂わされた男が喉が破れんばかりの声量で絶頂を希求する。
自分の立場も、自分を焦らし抜いている男が何者なのかも思い出せなくなった男が、涙と汗と唾液に塗れた赤ら顔を非道な男に晒しつつ射精を懇願する。
最高に愉快な屈服の様。それを独占し堪能している男は尻穴にねじ込んだ右の人差し指から薬指に掛けての三本の指を熱烈に絞め付ける腸壁の圧を愉しみ、微弱な振動を繰り返すベルトローターの勢いに負けない激しさで脈動し続け精液の放出を欲しがる男根が跳ね回る様を味わう男は無言で口角を吊り上げると宣言すら無しで右の指の動きを引き上げ左手に握ったベルトローターの駆動を司るリモコンを操作し、絶頂に繋がる快楽を男が望んでいた物を大きく超える形で恵んでやった。

「あひっ!? はひっ、ふぎぃぃっ!? イぐっ、イぎゅぅぅんっ!! ありらどう、ごじゃいまじゅぅぅっ! イげまじゅ、イぎまじゅ! しゃせー! ぎまじゅぅぅぅっ!!」

嬉しさを剥き出しにした絶叫を上げつつ射精に向かう男の尻穴をほじり男根を振動させながら、男はこのまま絶頂への到達を認めるかそれとも再び直前でおあずけをするかを思案しつつ、笑みの黒さと残酷さを際限無く引き上げていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示