fc2ブログ

捜査員は悪に従う部下達の責めで堕落へと突き落とされる

2023.08.26.Sat.21:00
私がカードキーをかざすと、地下に作られた部屋の扉は認証完了を示す電子音を奏でつつ開いた。それと同時に、室内から焦りと恐怖に歪んだ唸りが縄が軋む耳障りな音と共に外部へと溢れ出始める。
その声の主は、私が所属する組織を愚かにも嗅ぎ回った捜査員の男。私が用意した罠にまんまと嵌まり仲間である他の捜査員と一緒に仲良く生け捕りにされた無様極まりない捜査員の男だ。

「あぁっ! くうあ……ひゃえお、くうあぁぁぁっ!!」

視界を閉ざす黒革製の目隠しの下で眉根を寄せ、輪状の金属と黒革を組み合わせて作製された開口具を装着されている閉じられない口から正常な発音になっていない拒絶の言葉を発しつつ、捜査員はありとあらゆる箇所を無防備に露出させられた裸体を地下室の中央に設置された台の上でじたばたともがかせている。
二の腕と胴体を短く結合し左右の肘から手首までの部分を背面で重ねさせた状態に維持させる上半身の縄は幾ら暴れても肌に食い込むばかりで解けない。足首と太ももの付け根、すねと太ももの中腹、そして膝の上下を遊び無く結わえる下半身の縄はどんなに頑張っても緩む気配すら見せない。当然、手足を封じられた捜査員では上半身の縄と下半身の縄を短く結合する追い打ちの縄から逃れることも叶わない。腕を使えなくされた上半身と足を伸ばすことを不可能にされた下半身を一体化させられた捜査員は、駄目押しとして施された全身の縄と自身が仰向けに寝かされている台の側面に用意された金具達を繋ぐ縄を振り払うことも出来はしない。
そんな状況に追いやられた捜査員が無駄に努力しながら脱出を試みる様を堪能しつつ、私はわざと靴音を大きく立てて逃れられぬ捜査員へと近付いていく。開きっぱなしの口を用いて無理矢理に摂取させられた媚薬入りの食事の効果によって内側から発情を強いられ、丸出しとなっている乳首と男根に塗り込まれた媚薬の力で興奮を強要され、尻穴に流し込まれた媚薬の攻撃に屈して気が狂うような疼きを味わわされている捜査員がみっともなく火照った汗塗れの裸体をよじらせ滾った恥部を跳ね回らせながら自分を拒む姿を鑑賞しつつ、私は二人の部下を引き連れて捜査員の元へと歩み寄っていく。

「やえお……みうあ、み、うあぁ……!」

私が傍らに到着した事実を気配で察し屈辱に震えながら、捜査員が不明瞭な言葉で観察を嫌がる。無論、その要求を受け入れてやる必要など私には無い。全身から立ち上る甘い発情の体臭を愉しみ、縄と汗に塗れた正義の裸体が悪である自分の前で恥ずかしい場所を踊らせながら悶える光景を眺める至福を切り上げてやる道理も無い。
むしろ、私は悪の支配下に置かれ間抜けに淫欲を増幅させられている愉快な捜査員を至近距離で見下ろし嘲笑いながら、すでに至高と言っても過言ではない娯楽をより見応えのある物へと引き上げさせる追加の凌辱を開始させる命令を、新たに手に入れた部下達に下した。

「○○、□□、出番だよ。君達の先輩を、君達の手で気持ち良く壊してあげなさい」
「はいっ、かしこまりましたわんっ」
「先輩をいっぱい苛めて、僕達と同じご主人様のペットに躾けてあげますにゃんっ」
「あっ、おぉぉ……っ!?」

視界を閉ざされていても、声で分かったのだろう。捜査員は絶望に歪んだ呻きを漏らしつつ、縄の音を激しくさせながら一層激しく拘束との格闘を行い始めた。
もちろん、その行動は無意味だ。私の調教によって捜査員としての誇り以前に人間としての尊厳を捨て去った二匹は、私専用の従順な部下兼淫乱ペットとしてかつての上司である捜査員の上下に陣取っていく。
頭部に与えた茶色い犬の耳飾りと白い猫の耳飾りを跳ねさせ、隷属の証である黒革の首輪の金具に冷たい音を立てさせ、尻穴を奥深くまで貫いた状態で荒々しい首振りを繰り返している極太のアナルバイブから垂れ下がった茶色い犬の尻尾飾りと白い猫の尻尾飾りを揺らめかせながら、二匹のペットはあらかじめ私に言い渡されていた通りの場所へと移動していく。

「先輩、怖がらなくても大丈夫ですわんっ。俺達に全部任せて、何も心配せずに気持ち良くなって、一緒にご主人様に飼われましょうわんっ」
「僕達も最初は怖かったけど、今はとっても幸せですにゃんっ。先輩も絶対幸せににゃれます。僕達が、先輩を幸せなペットににゃれるようにしてあげますにゃんっ」
「あおぉ! ごっ、もごあぁぁぁぁぁっ!?」

下半身側に回った犬が、蕩けきった表情を浮かべつつ腰を前に突き出し媚薬で高まりきっていた捜査員の尻穴を己の男根で犯し始める。頭部側を担当している猫が犬に負けない程にだらしなく緩んだ顔を見せつつ腰を動かし、捜査員の閉じられない口を男根で満たしていく。
だが、捜査員を嬲る恥辱はまだ終わらない。腰を振りながら私の指示を守って手を使い始めたペット達によってビンと尖りきった感度抜群の乳首と限界まで張り詰め自らが分泌した先走りが幹を伝う刺激にすら快楽を覚える器官に貶められた男根を睾丸と合わせて責め立てられ出した捜査員は、肉体はおろか思考の逃げ場すらも存在しない悦楽の拷問に、それを自身にもたらしているのが共に捕らわれ悪に堕ちた部下達だという認めたくない現実に打ちのめされつつ、自分でも最高に悪趣味だと思う凌辱ショーを左側から鑑賞している私の目の前で意に染まぬ絶頂へと為す術無く上り詰めさせられていく。

「先輩のおチ○ポ、嬉しそうにお射精してるわんっ。俺のおチ○ポにお尻ほじほじされながら、俺の手の中で気持ち良さそうに精液出してくれてるわんっ」
「先輩、ちゃぁんと僕のおチ○ポにゃめにゃめして下さいにゃん。先輩も今日からご主人様のペットにゃんですから、しっかり舌を動かしてご主人様を愉しませて下さいにゃん。でないと……このエッチに育った先輩の乳首、もっともっと非道く苛めちゃいますにゃん」
「んーっ! んぶっ、ふぶうぅ! あもぉぉぉぉっ!!」

私に対しての哀願を紡いでいるのか、理性を快楽に溶かし尽くされた部下達に呼びかけているのか、それとも思考の許容量を超えた残忍な情報の数々に耐えきれず鳴き喚いているだけなのか。
意図を全く判別出来ない絶叫を男根に塞がれた口で発する捜査員と、敬愛していた上司の男を淫らに弄びイき地獄に追いやっているペット達を目と耳と鼻で満喫する私は順調に堕落しつつある最後の捜査員という新たなペットに胸の内で歓迎を募らせつつ、彼にはどの動物が似合うだろうかとまた噴き出した精液が描いた放物線を眺めながら思案を巡らせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示