fc2ブログ

更なる快楽を招き入れながら男達は淫猥な崩壊へと堕ちる

2023.08.23.Wed.21:00
無理矢理に摂取させられた食事に混ぜ込まれていた淫蕩な薬品の効果に屈した二つの裸体が、気が狂うような発情に為す術無く苦しみ続けている。
ぷっくりと尖りきった乳首同士が絶えず触れ、無自覚の脈動でお互いを嬲り合っている。限界まで張り詰めさせられ密着を強要された男根同士が乳首よりも大きな脈動で相手を苛みながら、仕返しと言わんばかりに堪えきれず跳ねるもう一本の男根が生み出す攻撃に甘く狂わされ続けている。
過敏になった弱点達が仲良く惨めに淫獄を作り合う。そんな状況から逃れたくても、男達は逃れられない。自身の裸体と仲間の裸体を悪趣味な拘束によって向かい合わせの体勢に固定され、恥部同士の距離を取ることも叶わない立場へと追いやられた男達が焦りと恐怖を募らせながら試行錯誤を重ねようとも、それは余計な快感を生成し甘い責め苦の濃度を引き上げるだけに終わってしまう。
何をしても、自力ではこの辱めから脱出出来ない。二の腕と胴体を結合し左右の手首を背面で交差させた形に維持させる上半身の縄に幾ら力を加えても自由は取り戻せず、左右の足首から太ももにかけてを数箇所に分けて一括りにした上で足首の縄と上半身の縄を繋ぐ追い打ちの縄を用いて海老反りの格好を強いる下半身の縄と必死で格闘を積み重ねても状況は変わらず、自分達は己と仲間の口を塞ぐ黒いギャグボールにあてがわれた金具同士を結ぶ南京錠を冷たく鳴らしながら無意味な頑張りで作り出した悦楽に二人仲良く無様に翻弄させられるしか無い。
そんな絶望の事実を嫌というくらいにその身で思い知らされ、縄と戦う気力を欠片も残さずに削ぎ落とされた惨めな二人はもう、自分と仲間を捕獲し身動きを封じて淫猥な拷問へと置き去りにした敵達を目にしても怒りを蘇らせることも叶わない。地下室の床に敷かれたマットの上に自由を奪う縄同士を後から足された縄で一体化させられた二つの裸体を側面を下に向ける形で転がされた男達はもはや、際限無く湧き上がる淫らな衝動からの解放を情けなくねだることが精一杯の存在でしか無いのだ。

「あうぅ、えぇ……んぁっ、ふうぅ……おえあっ、はふへへ……っ!」
「ひゅう、ひへ……くうひぃ、んっ、おぉぉっ! あ……あぅ、えへ……!!」

手も足も出せない裸体を間抜けに跳ねさせ、涙に潤んだ目を横に向けて一生懸命に哀願の視線を飛ばしながら、男達が正常な発音を不可能にされた口で誇りを捨てた助けを求める。自分達を置き去りにして地下を去った敵達に対する憎しみを悲痛な懇願という形で上書きされた男達が、わずかな身じろぎすらも強烈な快感に繋がる程に熟し切った二つの裸体を苦しげによじらせながら救いを欲する。
しかし、非道な敵達はその思いを汲み取ってはやらない。ありとあらゆる動きを快楽に直結させられもがくという選択肢を自らを甘く嬲る物へと変化させられた男達がどれだけ苦しみ心から許しを請うているかを理解した上で、敵達はそれぞれ右半身と左半身をマットに預けさせていた裸体達を協力して起こさせ膝立ちの姿を取らせると、慈悲に勝手な期待を寄せて安堵の表情を浮かべている男達の希望を叩き潰す宣言を、二つの裸体の間に幾つもの手を這わせつつ口にしてしまった。

「俺達がいない間に仲良くイき狂っとけって言ったのに一回もイってないなんて、どういうつもりだ?」
「あの薬を投与されて、これだけの時間理性を保ってたのは凄いけど……命令に逆らってちゃ褒めることは出来ないよねぇ?」
「つー分けでお仕置き決定だ。今から許可無く我慢してイき狂っておかなかったお前らを俺達の手でイきまくらせてやるよ。精液が出なくなっても、失神してもイかせ続けてたっぷりと反省させてやるからな? 覚悟しろよ、お二人さん?」
「あっ、がごぉっ!? ぼっ、もほぉぉっ!?」
「んーっ!! みゅぅぅぅぅーっ!? うぉっ、あおぉ、んまぉぉぉぉぉぉーっ!!」

二個ずつ触れ合っていた乳首達が、残酷な指によって上下にぷるぷると弾かれる。寄り添い合っていた男根同士が挟撃を仕掛けてきた敵の指に撫で回されながら、あっという間に射精へと到達する。
けれど、終わらない。あっさりと絶頂地獄に堕ちた男達に追い打ちを仕掛ける指は、二本の男根が精液を断続的に噴き出させるイきっぱなしの状態に陥っても責めを緩めること無く新たな射精の強要を目的とした愛撫を抗えぬ二人に叩き込んでいく。
助けてを思考に抱く余裕すらも認めない巨大な快楽による拷問。そんな非道に心と身体を打ちのめされている惨めな男達はギャグボール同士が繋がれていることを忘れて頭部を狭い範囲でめちゃくちゃに振り乱し、下手に動けば乳首同士と男根同士に更なる悦楽を注いでしまうことも忘れて汗と縄に塗れた裸体を敵達に支えられた不安定な膝立ちの状態で踊り狂わせながら、敵由来の快感と自分達で招き入れた快楽に一切を破壊される淫猥な崩壊の末路へと堕落していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示