fc2ブログ

無慈悲な置き去りで限界の心はすり潰される

2023.08.07.Mon.21:00
疲労困憊の状況へと追い込まれた肉体で無理矢理に歩かされた男達は、到着した先の壁に用意されていた醜悪な機構に対して恐怖と絶望を露わにした反応を示しつつ、どうにかしてそれを用いて行われる追い打ちの非道から逃れようと必死になって抗い始めた。
だが、そんなことが出来る状態ならば初めから意に染まぬ連行を為す術無く受け入れさせられてなどいない。左右の足首を短い鎖で繋ぐ黒革製の枷を装着され、左右の腕を指先から根元まで包み込んで締め上げる黒革製のアームバインダーを背中側で纏わされた男達が幾ら抵抗を試みても、それは支配者の側に立った残忍な男達の手をほんのわずかに煩わせる程度の効果しか引き寄せられはしない。
肩に通された固定用のベルトが食い込む痛みを承知で腕を暴れさせても、アームバインダーは外れない。喉近くまでを貫く男根を模した枷に歯を立てて唸りながら足に力を込めても、走っての逃走以前に正常な歩行すらも不可能にさせている足枷はビクともしない。敵である非道な男達によって加えられた凌辱によって甘く疲弊させられている裸体をなりふり構わずにもがかせても、全ては無駄で。二人の男は一切の試みを嘲笑われながら敵達の手で加えられた凌辱の跡がまだ白い体液として残っている尻穴を壁に設置された太く長くイボに塗れた男根型の張型で再び無慈悲に埋め尽くされ、アームバインダーの指先部分にあてがわれている丸い金具と張型の上部の壁に位置する金具を結合され、壁から離れたくても離れられず尻穴を串刺しにされている事実からも抜け出せない状況を作り出されてしまった。

「あっ、あおぉ、んまおぉ……!」
「おごっ、も、あぶぅぅ……!!」

涙に濡れた目を見開き、言葉にならない声で苦悶を示しながら、壁に飾られた男達はついさっきまでの身悶えが嘘のように裸体の動きを停止させている。体内を満たす異物の圧迫感に喘ぎ、異物が携えたイボがもたらす腸壁への甘い殴り付けに耐えきれず萎えていた男根を勃起へと追いやられながら、男達は数え切れぬくらいに突き入れられた敵の男根達よりも凶悪で容赦の無い偽の男根の攻撃に仲良く身を強ばらせている。
そんな拘束との格闘も出来なくなった男達を作り出した残忍な敵の男達は、与えた縛めに不備が無いことを確認しつつ、これから訪れるであろう地獄に打ちひしがれている二人に嬉々として言葉を浴びせた。それは、二人が覚悟していた地獄の開始を宣告する言葉ではない。声音と内容だけは優しい、冷酷な別れを告げる言葉だ。

「二人共、お休み」
「明日は俺達以外の奴らの相手もすることになるからな。しっかりケツ穴拡げておきつつ、休みも取っておくんだぞ?」
「んじゃバイバイ、良い夢見ろよ?」

こんな姿で休める訳などない。戦慄混じりの正論を乗せた哀願の唸りを聞くことすらせずに立ち去って行く敵達の背中を呆然と眺めながら、無意味な助けてを飛ばす気力はおろか隣にいる仲間とお互いを励ます視線を交わす気力さえも叩き潰された男達は満足に脱力することも封じられた肉体を小刻みに震わせつつ、もうすでに苦しいこの格好を一晩に渡って強いられるという情報に改めて、ボロボロの心をすり潰されていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示