fc2ブログ

追い詰められた男は何も気付けぬまま更なる地獄を自ら引き寄せる

2023.07.28.Fri.21:00
二の腕と胸部を繋ぎ、背中で交差させた左右の手首を緩み無く縛る上半身の縄を軋ませながら、男は危機からの脱出を求めて拘束との格闘を繰り返し続けた。
握り拳の維持を強要し指の使用を禁じる黒革で作られた鍵付きの手袋を嵌められている状態では、縄目に触れることさえ叶わない。そんな事実に打ちひしがれながらも、男は足首同士を括り、すね同士を結合し、足首同士を一つにまとめた上でベッドの足側に位置する背の低い金属製の柵の上部へと縫い付ける下半身の縄を上半身の縄と共に鳴らしつつ、諦めとは無縁の態度で脱出を試み続けた。
しかし、男がどんなに努力を重ねようとも裸体へと厳重に施された縄の衣服は緩む気配すら見えない。足首と柵を一体化する縄のせいでうつ伏せの姿勢から離れることも不可能にされた裸体をめちゃくちゃによじらせ、口を塞ぐ黒色をした強力な粘着テープの栓越しにくぐもった唸りを発しつつなりふり構わずに暴れても男は無駄に体力を消耗するのみで状況を何一つとして変えられはしない。
自分を捕らえ縄を与えて置き去りにした憎き敵達が帰還する時刻を迎え、絶望に表情を歪ませ拒絶の叫びを放ちながら一層激しい身悶えを行っても結果は同様で、逃走と共に抵抗の選択肢を完全に叩き潰された無様な男は逃れられない自分を左右から挟む形でベッドへと上がった敵達に往生際の悪い姿を嘲笑われつつ、隠すことも守ることも禁じられた恥部に無慈悲な責め苦を注がれ始めてしまった。
それは、敵達が開発した残忍な薬品を用いた非道な責め苦。尻肉を強引に割り開く悪の手で無防備に露出させられた尻穴を先端の突起で貫いた注射器型の器具を利用して次々と流し込まれる薬品を使った、甘く辛くもどかしい拷問だ。

「んぐぅぅぅっ! ぶふっ、むぶぅぅぅっ!!」

嫌だの意思を込めて鳴き喚いても、敵達の悪意はとまらない。尻肉を広げる役割と尻穴に薬品を注入する役割を適宜交代しながら男を嬉々として追い詰める敵の男達は、滑稽に悶え苦しむ男の無様さを特等席で味わい尽くしつつ、言葉にならない悲鳴と逆らえぬ裸体の痙攣をより愉快な物へと引き上げさせていく。

「むーぅっ! んぎゅ! むびゅぅぅぅぅぅーっ!!」

幾ら恥を捨てて許しを請うても終わらない地獄に嬲られる男はもう、敵達への怒りはおろか縄を解けと要求する意思も失っている。
尻穴を奥深くまで蹂躙する無慈悲な薬品の影響に屈し、腸内に広がる気が狂うような疼きと痒みからの解放をねだることしか考えられなくなった男はもはや、自分が正義に属する存在であることと自分をいたぶっているのが悪に属する者達であることも忘れたまま、尻穴を慰める刺激を理性と本能の両方で希求している。
そうして目論見に沿って陥落していく正義の男を堪能しながら用意した全ての液体を尻穴に注ぎ終えた悪達は、持ち主である男が抱いている哀願の思いの大きさを表わすかのようにはしたなくパクパクと口を開閉させている尻穴を眺めて愉しみつつ、あらかじめ決めていた段取りに従って次の地獄を正義の男に与え始めた。

「もごっ!? んもぉぉぉんっ!?」

それまで液体状の薬品だけが侵入していた尻穴に、太く固く長い物体が前触れ無く突き入れられる。その衝撃に目を剥きながら男は汗と縄に塗れた裸体はベッドの上で仰け反らせベッドの柵に足首を繋がれた足をピンと伸ばし切りつつ、尻穴を満たした異物に押し出されるかのような形でベッドと己に挟まれた男根から精液を迸らせた。
だが、悪達は男を休ませなどしない。盛大に快楽を極めた正義の尻穴を異物で埋め尽くした悪達は、絶頂の余韻に悶絶している様に黒い笑みを零しつつ手にした異物で尻穴を掘削し、汗に濡れた尻肉を今度はじっくりとした手付きで揉み込み、射精したばかりの男を更なる頂点へと導き出した。

「んふっ、むふっ、ぶふっ、んみゅぅぅぅんっ!」

気持ち良い。痒みと疼きに翻弄させられていた腸内を掻き毟る異物の刺激に酔いしれ、感謝すら抱きながら正義の男は幸せ色の悲鳴を上げつつ早くも二回目の射精へと向かっていく。
尻穴を今ほじくり返している棒は、男根に似せた形に成形された棒は、先程まで液体として注がれていた薬品の濃度を高め固形化させた物である。そんな現実を知る由も無い男は、痒みと疼きを解消されながらより苛烈な痒みと疼きをもたらされていることに気付くことすらも出来ぬまま、最後に正義としての自分が破壊される展開が待つ絶頂地獄へと自らの意思で堕落していく。
あまりにも計画通り過ぎるお手本のような敗北へと突き進んでいく無様な正義の尻穴を淫猥な水音を立てつつ掻き毟りながら、悪の男達はもっと甘い刺激を懇願するように腰をくねらせる男の為に薬品で作られた偽の男根をより巧みに動かし、その動きを補助する意味を込めて尻肉を一層熱烈に揉みしだき、消失した正気の復活も認めない勢いで絶頂を強いり正義の男の全てを淫蕩に上書きさせていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示