fc2ブログ

非道な罰は有用性を確かめつつ執拗に繰り返される

2023.07.05.Wed.21:00
「おぅ、えあぁ……! あぅえへ、おぅ、やえへぇ……っ!」

床と一体化した箱型の台の上部へと黒革製のベルトを用いて縫い付けられた腕をもがかせながら、裸体の男が自身に迫る気配に対して慈悲をねだる。
手首と肘、そして二の腕の部分を台に結合された腕をどんなに頑張らせても自由は取り返せない。黒革製の目隠しを装着され、輪状の金属と黒革の本体を組み合わせて作られた開口具を与えられた頭部を挟む位置に存在する金具と足首に巻き付けられた黒革の枷を短く繋ぐ鎖も、裸体の下敷きとなる位置から離れられなくされた腕では外せない。そんな絶望的な状況が味わわせてくる恐怖に身を強ばらせながら、男は必死に脱出を求めつつ不明瞭な言葉で許しを欲している。
無論、救いを寄せられた側である男はそれに応えなどしない。自分達に使われるだけの肉便器が幾ら鳴き喚こうとも、それは耳を傾ける価値がある物ではない。
仕込めば淫らに輝く。好事家に高値で売れる。そんな一方的な選定を経た上で男を捕らえ非道な調教を加える組織が所有する施設の地下に響き渡る悲痛な哀願は、凌辱を加える側に回った男にとっては躾の進行度を示す分かりやすい目安でしか無くて。まだまだ快楽を拒む理性が残っていると判断した残酷な組織の男は、恥部を無防備に晒した間抜けな体勢で逃れようと身をよじる肉便器に陥落と反省を促す責めを注ぐべく、肉便器を繋いだ台から伸びたコードの先にある淫猥な器具達を何の躊躇いも挟まずに作動させた。
朝晩の餌に混ぜた媚薬の影響で緩い興奮状態を常に強いられている男根の根元と亀頭下を弱く締め付けていた黒いベルト型のローターが小刻みな振動を開始する。最大限の勃起へと追いやられた男根の真下に存在する睾丸を包み込む黒色をした袋状の器具が、ベルトとは全く違う揉み込むような振動を行い出す。尻穴にねじ込まれた後空気を送り込むことによって自力での排出を不可能にされたプラグが、男根の物よりも苛烈な振動で腸壁の浅い部分を震わせ男に肉便器としての振る舞いを、雌の快感の覚え方を改めて思い知らせていく。
しかし、哀れな男はそれらの快楽に溺れることも許されない。男根と、睾丸と、尻穴という三箇所を嬲る刺激に酔いしれることすら男は認められない。残酷な男は安易な幸福に浸ることさえも禁じる地獄で、無駄に抗う肉便器の理性を壊そうとしているからだ。

「ひあ、ひあぁ! いえあい、いえあいおぉっ! もっろ、ふおく、ひえくあはいぃ!! いひはいぃぃっ! いひはいおぉぉぉっ!!」

台の側面に用意された淫具達の駆動を司るダイヤルを巧みに操作する男の手で目前に迫った射精を没収される苦悶を叩き込まれながら、逆らえぬ肉便器の男が狂ったように喚き散らす。不自由な裸体を激しく痙攣させ、快楽への耐性を調教の日々の中で大きく削ぎ落とされた思考を絶頂への渇望で埋め尽くされながら、無様な肉便器の男が閉じられぬ口で惨めに願いを叫ぶ。
その滑稽極まりない願いを無視してダイヤルを動かす無慈悲な男は、他の台の上に固定された肉便器達が見せる恐怖と怯えの反応にこの罰の有用性を再確認しつつ、射精を願う肉便器から今以上の悶絶を引き出し全ての肉便器に屈服を強要する為のお預けを何回も、何十回も繰り返していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示