fc2ブログ

男達は様々な感覚で破滅的な反省を強要される

2023.05.15.Mon.21:00
ベッドの上下に存在する金属製の柵を用いた拘束を加えられた男達の身体は、意に染まぬ無様な姿勢から抜け出すことも、衣服を奪われたことによって無防備に露出させられた恥部を嬲る淫猥な器具を振り払うことも出来ない状態へと追いやられてしまった。
足首から膝下までの部分を数箇所に分けて柵へと縫い付ける黒革製のベルトは、肩幅に開かされた足をどんなにもがかせても外れない。閉じることを禁じられた足の間に位置する柵の上部と、背中に回させた腕の指先から付け根までを緩み無く包んで締め上げる黒革製のアームバインダーを結合する鎖と南京錠は、伸ばしたままの形に固定された腕を暴れさせても、仰け反らされた上半身を必死に揺らしてもビクともしない。
手足の自由を没収され、反対の柵に繋げられた仲間と共に情けなく身悶えることしか出来ない姿に変えられた男達。口を塞ぐ黒いギャグボールの穴から悔しげな唸りと共に唾液を垂らしながら試行錯誤を積み重ねても、抗えぬ裸体に施された淫猥な責め苦を遠ざけられない惨めな男達。そんな男達を作り出し幾ら騒いでも外部に音が漏れない地下室へと放置した残忍な男達は、数時間ぶりに帰って来た自分達を目にした途端甘く無慈悲に苛まれ続けた者が見せる物とは思えない鋭い反抗を示し出したベッドの上の二人に満面の笑みを浮かべつつ、強気に喚く二人を取り囲んで嘲りを浴びせつつ弄び始めた。

「二人共、ただいま。反省出来るようにって非道くしたけど、どうやらまだまだ反省出来てないみたいだね」
「あおぉ! う、ぐうぅ!」
「ちゃんと良い子になってたら許してあげたんだけど、そんな態度じゃ仕方無いよね。もう二度と逃げ出そうなんて考えないよう、今からもっともっと非道いお仕置きをして捜査員さん達を良い子に躾けてあげようね」
「むぐ……あおぉ!」

汗ばんだ肌を好き勝手に撫で回す憎き悪達の指に不快感を露わにしながら、捕らわれの捜査員達は陥落を拒む意思を改めて紡ぐ。
絶対に、悪になど屈しない。自分も仲間も、快楽に堕ちたりなどしない。そんな決意を込めた視線を向けながら、二人はより鋭い視線を作って悪達を気丈に射抜く。
無論、手も足も出せない姿で抗って見せても、それは悪達に滑稽な感情を抱かせるのみだ。本当に快楽が効いていないのならば、淫猥な調教に晒される日々からの脱走を試みる必要も無い。正義の仮面の奥に隠された快楽に怯える本心を看破しながら、愉悦に浸る悪達は二人の捜査員に更なる淫獄を罰と称して何の躊躇いも無く味わわせていく。

「もおぉ!? はごっ、ぶおぉぉっ!?」
「うぁ、あおぉ! んみゅぅぅぅっ!!」

何の宣告も無しに、悪達の手でリモコンが操作される。そのリモコンとコードで接続されている乳首と、男根と、尻穴にあてがわれた淫らな責め具が、二人に巨大な快感という暴力を叩き込んでいく。
だが、悪達の追い打ちはまだ終わらない。乳首を挟むクリップ型のローターの振動を引き上げ、ベッドの上にだらしなく寝かせた男根に装着した亀頭近くと根元を緩く締め上げるベルト型のローターの駆動を強め、空気を送り込み膨張させることで尻穴から抜け落ちないようにさせたバルーンプラグの小刻みな震えを最大の物へと移行させた悪達は、それまで我慢してきた絶頂へと為す術無く押し上げられていく捜査員達を愉しみつつ、とどめの拷問を嬉々として付け足していく。

「はぼおぉ!? ぼほっ、あももっ、むももほほぉっ!?」
「あひゅ、ふびゅふふぅ!? はほ、むごほほほぉっ!?」
「捜査員さん達、気持ち良いね、くすぐったいね、息苦しいね。これだけ色んな感覚で苛められたら、すぐに反省出来そうでしょ?」
「好きなだけイって、思う存分笑って良いからね。この部屋は捜査員さん達の為に用意したうるさくしても大丈夫な場所だから、気が済むまで、何なら気が狂うまで、イきまくりながら笑いまくって構わないからね?」

鬼畜な追撃を嫌がり狭い範囲で逃げ惑う足の裏側を数人がかりでくすぐり回しながら、何処にも逃れられぬ裸体を痙攣させ正面にいる仲間と絶望の視線を交わしみっともなく鳴き喚きつつ忍耐の限界に達して射精を迎えようとしている捜査員達に歪んだ興奮を募らせながら、悪達は愚かな正義達に淫蕩な反省を、理性の消失と同義である破滅的な反省を、協力して強要していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示