fc2ブログ

幸せな猫達は仲良く主に痴態を提供する

2023.04.22.Sat.21:00
幼いながらも大人より優れた腕を持ち、与えられた指示は必ず成し遂げるとの評判を得ていた少年達がいた。
お互いがお互いに対して自分の腕の方が上だと主張し火花を散らしつつも仕事に入れば普段のいがみ合いを欠片も感じさせぬ連携を見せ、どんな困難な任務だろうと完遂すると信頼を寄せられていた二人の少年スパイがいた。
そう、過去形だ。彼らはもう、裏の世界から姿を消している。とある若き富豪の屋敷へと潜入し、自分達を捕らえる為だけに想像も付かぬ程の大金を掛けて用意された様々な罠によって生きたまま捕らえられた少年達はもはや、闇の世界の住人ではない。それ以外の生き方を覚えぬよう管理され、年相応の無邪気さと冷徹な仕事人の思考が同居する存在として育て上げられた心に今まで知らなかった至福を教え込まれた二人の少年は、スパイとして暮らすよりも遥かに幸せな堕落を貪ることしか考えられない淫蕩な生物へと根底から上書きされてしまった。
ナイフを駆使して秘匿された機密を暴く薄暗い快楽を愉しんでいた過去は、忘却の彼方へと消え去った。自慢であったしなやかに鍛え上げられた肉体を用いて自分に迫る男達を返り討ちにする爽快感を堪能していた感情は、甘い隷属の愉悦に跡形も無く塗り潰された。
かつて手練れのスパイとして名を馳せていた二人の少年は何処にもいない。今富豪である青年の前で迷い無く裸体を晒している少年達は、培った体幹と肉体の柔らかさを最大限に生かした無様で扇情的なポーズを求められた通りに取っている少年達は、自分達に本当の悦びを教え何もかもを躾け直してくれた愛しき青年主に隷属と恋情を露わにした忠誠を一生懸命に伝えている淫猥なペットでしかないのだ。

「ふぅ、んふ、にゃふぅ」
「あふ、んふっ、むにゃぁっ」

片方の足を真紅の絨毯の上に残し、反対の足を手の力も借りて頭上よりも高い位置へと持ち上げる。そんな体勢を維持し続けている少年達は、誰の目にも明らかな発情に至っている。
持ち上げた方の足首を掴んだ手と壁に付いた手を小刻みに震わせ、不自然な姿勢を保たされている苦しさと惨めさすらも興奮の材料として際限無く火照っていく裸体を心地良さげに跳ねさせながら、少年達は自分と同じように猫の耳飾りを頭頂部に装着し鈴の付いた黒革の首輪を嵌められているもう一人が黒いギャグボールの穴から猫に寄せた鳴き声を発している様を至近距離で眺め自分達がご主人様に可愛がられる幸福なペットとなった事実を仲良く認識し合っている。
その、勝手に発情を加速させていくペット達を独占しながら、ソファーに腰掛けくつろぎの姿を取った青年主は嘘偽り無い愛を込めた愉悦を何処までも膨らませていく。可愛い黒猫と白猫が、自分の為に痴態を披露している。早く苛めて欲しいという二匹の本心を代弁するかの如く尖りきった乳首と、限界まで膨張し透明な蜜を垂らしている小ぶりな男根が丸見えとなり、切なげに歪む表情ともどかしげに収縮し猫の尻尾の飾りが垂れ下がったアナルバイブを腸壁全体で揉み込んでいる尻穴が余すところ無く観察出来る状況を自ら作った猫少年達が、雌として責め立てて欲しいという欲望を肥大化させている光景を無自覚に腰を揺すりつつ提供している。その滑稽で見応えのある少年達を飼い主に君臨した青年は悠然とした態度で、まだまだ直接の悦楽はお預けだという意思を無言で表わしつつ鑑賞し続けている。

「う、みゃ……ふみゃ、うみゅぅぅ」
「ふ、みゅ、んみゃ、あみゃぁ……っ」

乳首を弄りたい。尻穴をほじりたい。湧き上がる欲望に耐えながら主からの慈悲と許可をひたすらに待ち侘びる少年達。
男根を、めちゃくちゃに擦り合わせたい。至近距離でひょこひょこと踊っている二本の男根が不意に接触する度に強まる衝動を主の命令に逆らってはいけないと警告するペットとしての理性で抑え込みながら、体内で渦巻く渇望に心と身体を追い詰められていく猫の少年達。
そうしてスパイであった頃の面影を完全に失った生殺しの悶絶を繰り広げる自分達で主の目と耳に淫らな充足を味わわせながら、助けを望むという概念すらも思い出せなくなった二匹の猫は、我慢の果てに待っている主の男根によるご褒美の凌辱と優しく囁かれる主からの褒め言葉に対する期待を支えとしながら、乳首と男根と尻穴に迫りたがる腕の位置を愛しき主に大きく広げた恥部を無防備に見せ付け続ける位置に固定させていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示