fc2ブログ

無慈悲な新商品は抗えぬ裸体を用いて試される

2023.04.07.Fri.22:03
跳び箱のような形状をした黒い器具の上に、男の裸体が仰向けで転がされている。器具の下部から伸びた鎖の先にある黒革製の枷を両手首と足首に嵌められ、器具の側面に四肢を密着させる体勢を強要された男の裸体が、恥部を無防備に露出させた無様極まりない姿へと追いやられている。
そこから逃れようと手足に力を込めても、頑丈な拘束はビクともしない。手首と足首に巻き付けられた枷と器具を結ぶビンと張った鎖達は、もがく男を嘲笑うような金属音を立てるのみで外れる兆しすら見せない。
幾ら頑張っても、縛めからは抜け出せない。自由を奪われ逃走と抵抗を不可能にされた惨めな男はもう、自分を捕獲し屈辱と恥辱で弄ぶ残忍な男を悦ばせるだけの存在でしかないのだ。

「捜査員さん、その拘束具の具合はどうかな? ウチの組織の新商品なんだけど、痛かったり苦しかったりはしないかい?」
「おぇあいぃ……おぅ、ひやあぁ……ひゅるひへ、はうひへぇ……!!」

にこやかな笑みを浮かべながら寄せられた問いに対し、捜査員と呼ばれた男は一切噛み合っていない怯えを露わにした返事を放つ。正常な発声を阻害する黒いギャグボールに歯を立て、ギャグボールの穴から唾液と共に誇りを捨てた哀願の思いを不明瞭に噴き出させつつ、連日の責めに反抗心を砕かれた捜査員は憎んでいたはずの悪に属する男に向かって大きく動かせぬ手足をバタつかせながらなりふり構わずに許しを請う。
その様子に、意図せぬ余計な苦悶や苦痛が生成されていないと判断を下した悪の男は、諦め悪く慈悲をねだっている捜査員に興奮を剥き出しにした獰猛な表情を作ると、湧き上がるどす黒い衝動に任せて捜査員の股間の前にしゃがみ込み、萎えていた男根を左手の甲で持ち上げつつ助けを欲するように収縮していた尻穴に押し当てた右の人差し指を嬉々として動かし始めた。

「どうやら、痛くも苦しくも無いみたいだねぇ。それじゃ遠慮無く気持ち良くしてあげられるね。ほら、捜査員さんの大好きなお尻弄りだよ。可愛い穴をくりくりこねこねされるの、堪らないでしょう?」
「ふぁっ、あおぉっ! ひゃえ、ひゃあぁ! おえあい、ひゃめへ! おひり、ひあぁぁぁっ!!」

普通は嫌悪しか感じられないはずの刺激を、快楽を受け取るよう自分の肉体は悪の思惑通りに仕立て上げられてしまった。尻穴のシワを解すように指の腹で揉み込まれ、シワをくすぐるように指先で軽く引っ掻かれるだけでも、悦びを覚えさせられてしまう。理性の制止を無視してはしたなく尖る乳首と情けなく膨張していく男根に絶望しながら、捜査員はヒクつく尻穴を無慈悲に弄くる悪の意に沿って甘い至福へと強制的に運ばされていく。
忍耐という概念すらも垣間見えない程の速度で抗えぬ裸体を火照らされ、体積を増した乳首と男根を跳ねさせながらよがり出した捜査員。そんな愉快な捜査員の痴態を男根越しに堪能している悪の男は、今捜査員が想像しているこれからの地獄を否定し、より冷酷な地獄の到来を宣告する言葉を小刻みに震えている睾丸に息をわざと浴びせつつ宣告した。

「あぁ、そうそう。今日はその拘束具の耐久試験も兼ねてるから簡単にはイかせてあげないよ。今みたいにお尻を緩く苛める刺激だけで捜査員さんをたっぷり苦しめてあげる。たくさん焦らして、いっぱい悶え狂わせて、ギャグボール越しにイきたいイきたいって鳴き喚かせながらその拘束具の性能を捜査員さんの身体でチェックさせてもらうから、頑張ってね」
「あっ、おぉっ……!?」

今まで以上の戦慄と恐怖を露わにし、悲鳴を上げることも忘れて驚愕する捜査員を味わいながら、捕らえた捜査員を用いた新商品の実験を任された悪の男は誤って腸壁に指先が潜り込まないよう細心の注意を払いつつ右人差し指で尻穴をもどかしく嬲り、もっと奥まで指を入れてくださいと、中をめちゃくちゃに掻き回してくださいとじょじょに我を忘れてねだり出す捜査員の痙攣が器具に与える影響を改善に繋がる情報として異常な愉悦に高揚する脳内へと書き留めていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示