fc2ブログ

壊れた男は渇望と確信のままに奉仕を開始する

2023.03.08.Wed.21:00
腰回りを隙間無く覆い隠す形で装着された機械仕掛けの白い衣服が、自身に内蔵された極太のアナルバイブと電動式のオナホールを休み無く働かせて男に意に染まぬ悦楽を叩き込み続けている。左右の乳房に被せられた半球状の器具が乳首と共に乳輪を吸い上げつつ内部に仕込まれたシリコン製の柔らかな二枚刃を緩やかに回転させて引き延ばした箇所を延々と撫で回し続けている。
淫猥な機械達が生み出す無慈悲で甘い責め苦から逃れたくても、男は逃れられない。黒革で作られた首輪の後部と左右の手首に嵌められた黒革の枷を南京錠で短く結合された男の腕は、淫らな弱点達を嬲る物体達に触れることすら叶わない。黒革製の拘束具によって窮屈に折り畳んだ状態を強要され、その拘束具の表面にあてがわれた金具と地下室の床に打ち付けられた金具達を幾本もの短い鎖と南京錠を用いて繋げられた足では、なりふり構わずのたうち回り装置達を壁や床に擦り付けることで振り払おうと試みる動きさえも取れはしない。
手足の自由を封じられ、快楽に直結した弱点達を苛む機構から抜け出すことも不可能にされた男はもう、どうすることも出来ぬままイき狂わされることしか出来ない。舌を噛み死という方法を選んで淫獄から脱出することも禁じられた男はもはや、口をぽっかりと開き切らせている輪状の金属によって構成された開口具から飲み込めない唾液と誇りを捨てた哀願の唸りをだらしなく間抜けに零しながら機械製の衣服内に精液を漏らすだけの滑稽極まりない存在でしか無いのだ。

「おぅ、おぅひゅうひえぇぇっ!! ひうぉ、えあぁっ! ひぐっ! ひぎゅぅぅぅっ!!」

下手に動かせば首への圧迫を生み出してしまうが故に大きく暴れられぬ腕を惨めに跳ねさせながら、男は痛々しく見開いた目から大粒の涙を頬に伝わせつつ不明瞭な絶叫混じりに許しを請う。
床と一体化された閉じられぬ足をガクガクと痙攣させ、汗に濡れた胴体をくねらせて少しでも快感を散らそうと試みながら、男は新たな絶頂へと甲高く歪んだ懇願の悲鳴を交えつつ押し上げられていく。
だが、どんなに屈服を露わにした助けての意思を示しても、男が求める慈悲は一向に与えられない。男を捕らえ残酷な装置と厳重な縛めを与えて弄んでいる非道な男は、絶え間無い絶頂の波によがり狂う愉快な男を正面から見下ろしつつ、悠然とした態度で形だけでの屈服ではなく本当の意味での陥落が訪れる瞬間を待ち侘びるばかりだ。

「あっ、あっあぁっ!! あうえへ! おうひあぁぁぁぁっ!!」

何度叫んでも、自分を眺める男は動かない。醜悪な笑みを浴びせている男は、その笑みの濃さを深めていくばかりで状況に変化をもたらしてはくれない。
男に残された救済の選択肢は、憎き男の思い通りになりたくないと抗う理性で拒み続けた選択肢のみで。敗北を遠ざける忍耐の意思を度重なる望まぬ絶頂という手段を使ってたっぷりと時間を掛けて削ぎ落とされた男は、とうとう理性による制止を忘れる程の限界へと追い詰められ、冷酷な男が淫獄を作り上げた直後に命じた動きを、眼前に突き出されている男根を閉じられなくされた口に含み一生懸命な舌奉仕を注ぐ動きを、理性の瓦解と同時に取り始めてしまった。

「んんっ、んみゅっ! ふぶぅぅっ!!」

男根に舌を這わせ、快楽を味わわせることへの嫌悪感は欠片も無い。舌に走る雄の味に屈辱を抱く余裕も、この行為に及んでも淫獄に終わりが来るとは限らないと冷静に判断していた思考能力も、一切残されてはいない。
今の男の脳内にあるのは、己を砕き尽くす快楽の終了を渇望することと、男根を舌で満足させれば甘い苦悶が終わるという根拠の無い確信だけ。その最高に惨めな渇望と確信のままに自身の男根をまた新たな絶頂に至りつつ舐め回す堕ちた男を一層の愉悦を向き出しにした瞳で観察しながら、解放の約束を守る気など初めから持ち合わせていなかった男は左右のポケットに隠し持った二つのリモコンを躊躇い無く操作し、悶絶する男の乳首を捏ねる装置と股間を取り囲む装置の攻撃を最も苛烈で容赦の無い物へと変更させていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示