fc2ブログ

無様な犬達は床と淫獄に繋がれる

2023.02.12.Sun.21:00
外界から隔絶された地下室に、金属製の器具が立てる冷徹な音が次々と鳴り響いていく。床から生えた短い金属製の柱の先に取り付けられている輪状の金属が内側に首を取り込んだ状態で次々と閉じられ、男達が一人また一人と逃走を不可能にされていく。
首輪の要領で装着される無慈悲な器具を拒む手段など、今の男達には無い。両手両足に黒革で作られた拘束具を纏わされ、四肢を折り畳んだ状態に固定された男達が肘と膝で支えた無様な裸体をどんなに悶えさせても、非道な悪の男達が加えてくる縛めの上乗せからは決して逃れられない。
仮に手足が思い通りに使えたとしても自力では外せない金属の拘束を介して床と首を繋がれた男達はもう、不自由な裸体を情けなく酷使しながら出口を探して歩き回ることさえも出来はしない。自分達を捕らえ抵抗を封じて辱めを注いだ残忍な悪達が去っても誰一人として地下室から離れられなくされた哀れな男達はもはや、同じ姿に追いやられた者達と共に絶望を際限無く深め合うことしか出来ない。
骨を模した白い枷に口を塞がれ、頭部に犬の物をかたどった耳飾りをあしらわれ、尻穴に犬の尻尾が付いた極太のアナルバイブをねじ込まれた男達は、醜悪な男達が寄せる悪意に為す術無く責め嬲られながら仲良く苦しむだけの存在だ。隠すことも禁じられている男根へともたらされた淫蕩な責め具と尻穴を奥深くまで貫くバイブを緩やかなカーブを描く金属製の器具で結合された男達は、幾ら腰を振っても男根を苛む責め具と恥を捨て必死に力んでも尻穴から抜け落ちないバイブが織りなす容赦の無い悦楽に狂わされながら言葉にならぬ声で鳴き喚き惨めな四つん這いを維持させられた肉体を望まぬ絶頂に導かれるだけのこれ以上無く滑稽な生物でしかないのだ。

「んもっ! ふ、んみゅぅぅっ!!」
「ぐ、ぎゅふうぅ! あぉぉぉぉーっ!!」

尻穴をめちゃくちゃにほじくり回すバイブが味わわせてくる雌の至福に悶絶しながら、甘く歪んだ悲鳴を絶え間無く漏らす男達。首の物と似たような形で男根の根元を睾丸ごと緩く取り囲む金属の輪から檻のように伸びた金属達と一体化している淫らな機械に肉棒の部分をまんべんなく振動させられ、睾丸を苛烈に震わされる男達。犬の装飾を与えられ、姿勢すらも犬に近付けた物を強要された愉快な男達がただただされるがままに快感でいたぶられる様子を拘束の最終確認を進めつつ堪能した悪の男達は、満足げな微笑みを浮かべながら嬉々として最後の仕上げに取り掛かっていく。新たに取り出した駄目押しの淫具を涙に潤んだ犬達の視界に見せ付けながら、悪達は何の躊躇いも見せずに抗えぬ犬達を更なる快楽へと追い立てていく。

「ワンちゃん達、これが最後の玩具だよ」
「今からこれをビンビンに乳首を尖らせてるおっぱいに付けて、ケツとチ○コと乳首でみっともなくイきまくる状態を用意してやるからな。愉しみにしてろよー?」
「んもおぉ!? うぅ! ふぎゅぅぅっ!」
「あーぉっ! うおぉ! んみゅぅぅぅぅーっ!!」

首に嵌められた金属のせいで首を左右に振ることも許されず、同じ金属のせいで胸元に迫るクリップ型のローターから肉体を逃がすことも叶わない男達を眺めながら、悪の男達は黒革にきつく包まれた手足を無駄に頑張らせている犬達を満喫しつつ、自身が所属する組織の手に堕ちた者達を一晩に渡って放置している間中淫猥に悶え狂わせ理性と反抗を跡形も無く打ちのめす拷問の準備を完成させていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示