fc2ブログ

無慈悲に撫でられながら男は機嫌を直される

2023.01.28.Sat.21:00
視界を閉ざす黒革に覆われた目は、眉根を苦しげに寄せつつ絶え間無く溢れさせた涙を己の側頭部へと情けなく伝わせ続けている。
男根に似せた形状を有している枷を喉近くまで噛まされ、枷に接続されているチューブを通して強力な液体媚薬を少量ずつ嚥下させられる状況へと追い込まれた口は、意に染まぬ火照りに染まった熱い吐息を枷の隙間から零しつつ言葉にならぬくぐもった苦悶の呻きを休み無く零し続けている。
何も見えず、しゃべることも許されない。無理矢理に増幅させられる発情から抜け出すことも叶わない。
そんな地獄に置かれた男は、奪われた衣服の代わりに纏わされた黒革製の拘束服が備える無慈悲な機構によって、媚薬で淫猥に高められた肉体を甘い拷問へと導かれている。
左右の乳首付近にあてがわれた薄い機械がもたらす振動が、気持ち良い。敵の手に堕ちた日から異物の拒み方を忘れさせられ雌の至福の汲み取り方を覚えさせられた尻穴を奥まで満たし掻き毟る醜悪なイボに塗れたバイブの攻撃が、気持ち良い。拘束服の外部に露出させられた男根の根元と中腹を緩く絞め付けた状態で震え続けるベルト型のローターが味わわせてくる刺激が、気持ち良い。
仮に媚薬を摂取されていなくとも気が狂う程の快楽に直結するであろう無慈悲な機械達による淫らで甘い責め苦。左右の腕を胴体の真横に沿わせ左右の足を隙間無く密着させる黒革の拘束服を着せられた肉体では、拘束服の表面に存在する何重もの金具とその拘束服専用に作製された台の側面に位置する金具達を結合され仰向けに寝転がらされた姿から離れられなくされた肉体では、どう頑張っても脱出出来ない絶頂地獄。そんな仕打ちを加えられながらも、嬲られている男は目隠しの向こうに自分を辱めている男が帰還した気配を鋭敏に察し、媚薬の投与と発言の禁止を兼ねていた枷を毟り取られると同時に、悪への怒りを露わにした反抗の言葉を紡ぎ始めた。

「ぷぁっ! はあぁ……はじゅ、はず、せえぇっ! 今すぐ、どめろ……がいほうじろおぉ……っ!!」

媚薬混じりの呼吸を荒く繰り返しながら、男は拘束と悦楽に封じられた肉体を痙攣させつつ責めの終わりを強気に要求する。
丸出しにさせられた男根から分泌した白濁で黒い拘束服を汚し抜いた間抜けな痴態を披露しつつ、男は終わりの見えない絶頂からの解放を舌足らずに欲する。
無論、求められた側の男がそれに応じる訳など無い。非道な悪の男は、この状態に至りながらもまだ気丈さを保っている滑稽な正義に残忍な愉悦と興奮を募らせつつ、用済みとなった口枷を正義を縫い付けた台の近くに用意したテーブルの上に置き、抗えぬ男に反抗的な態度を取ったことを反省させることを目的とした更なる淫獄を叩き込み始めた。

「おやおや、これだけ気持ち良くして貰ってるのに機嫌が悪いみたいだねぇ? まぁ、そんなに怒らないでよ。頭撫でてあげるから機嫌を直しておくれ」
「ふぎぃぃっ!?」

何回も、何十回も絶頂を迎えさせられた男根が、無慈悲に被せられた悪の右の手の平に嬉々として撫で回される。
男根の中でも特に敏感な亀頭が、それを包んだ右手の動きに合わせてぐちゅぐちゅと冷酷に磨き上げられ、逃れられぬ正義に一層の快感を抱かせていく。
ただでさえ頭がおかしくなりそうなくらいに気持ちが良かった状態でそんな追撃を重ねられたらもう、男は我慢さえ不可能な絶頂の波に飲み込まれることしか出来ない。正義の誇りも、雄の尊厳も守ってなどいられない。ついさっき放ったはずの反抗をあっという間に叩き潰された男は、身動きを大きく取り上げられているとは到底思えない勢いで拘束服入りの肉体を跳ね回らせながら、目隠し越しに哀願の視線を飛ばしつつ屈服を剥き出しにした声音で慈悲をねだり出した。

「りゃめっ! しょれりゃめぇぇっ!! イっ、イぎゅうぅ! じゅっとイぎゅぅ! ごめんなじゃいぃぃ! やべでぇ……ゆりゅじでぇぇぇっ!!」
「おっ、言葉遣いが柔らかくなったね。どうやら機嫌が直ってきてくれたみたいだから、このままたっぷりと頭を撫で回してあげよう。もう二度と、君の機嫌を損ねないようにねぇ……」
「いやっ……いやぁぁぁぁっ! ごめんなじゃいぃ! だじゅげでぇぇっ!! あぁ、ひぎゅ、イきゅ! イっ……ぐぅぅぅぅっ……!」

男根をベルト型のローターによる振動と、亀頭を磨く手に責め立てられながら。拘束服の下で限界まで尖った乳首を震わされ、バイブに貫かれた尻穴を延々とほじくり回されながら。調教漬けの日々に囚われ肉体を雌に作り変えられながらも未だに悪に陥落した良い子になれない正義の男は自分を管理し堪能する男を淫猥に愉しませる悶絶を晒しつつ、気高く頑強な精神をまた崩壊へと追い詰められていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示