fc2ブログ

満喫した男達は残忍な後始末に取り掛かる

2023.01.25.Wed.21:00
尻穴を無遠慮に貫いた男根が、休み無い往復運動を繰り返して腸壁に肉の摩擦を味わわせていく。連日の調教によって異物の拒み方を忘れさせられた尻穴を征服した無慈悲な男根が、自身の持ち主である冷酷な男の腰振りに合わせて体内を淫猥に蹂躙し、意に染まぬ悦楽を容赦無く覚えさせていく。
そんな非道な凌辱から逃れる術など、捕らわれた男達には無い。二の腕と胴体を遊び無く繋ぐ縄と、背中で交差させた左右の手首を縛る縄を与えられ、手に握り拳の状態を強要する黒色の粘着テープを何重にも施されたせいで指の使用を不可能にされた男達は、手を包む物と同じテープを用いて塞がれた口から言葉にならない悲鳴を上げながら為す術無く犯し抜かれる屈辱をどうすることも出来ずに受け入れさせられるしか無い。
敵の施設へと連れ攫われ、憎き敵の男達の肉欲を解消する為の性処理道具として飼い殺されている二人の男は、雄の尊厳を失った尻穴を好き勝手に男根で掻き毟られながら望まぬ絶頂に押し上げられるだけの存在でしか無いのだ。

「んっ、んぐっ、むぐぅぅっ!!」
「うぐっ、むうぅ! んみゅぅぅぅっ!!」

何度、尻穴だけで快楽を極めさせられたのだろう。吐き出す精液を失う程に頂点へと上り詰めさせられた男根を新たに迎えた絶頂に合わせて虚しく脈動させながら、男達は甲高く鳴き喚きつつ呆然と思考を巡らせる。
何度絶頂したかなど考えても仕方が無い。それを理解しつつも、男達は理性を直接殴り付けるような淫猥な拷問の苦しみを少しでも紛らわせたい一心で、疲弊した脳に無意味な考えを浮かばせていく。
だが、残酷な凌辱者達はそんな涙ぐましい現実逃避すらも認めはしない。行為に集中していないことを二人の態度で察する責め手達は、何の宣告も口にすること無く二人の体勢を無理矢理に変更させ、尻穴に訪れる悦楽の形を移り変わらせていく。
地下室の床に敷かれた分厚く黒いマットに仰向けに転がされた格好で尻穴をほじくられていたかと思えば、突然に足を大きく持ち上げられ天井に向ける形となった尻穴を真上から激しく掘削される。胸板と膝で自由を奪われた裸体を支える姿で背後から腰を打ち付けられていたかと思えば、腕を縛る縄を思い切り引かれ尻穴を男根で真下から串刺しにされる敵に跨がった惨めな格好を取らされる。
そんな気まぐれで予測の付かない恥辱に肉体のみならず意識の逃げ場すらも塞がれた男達は己を誤魔化すことも叶わない程の状況へと追い詰められ、とうとう凌辱者達がこれ以上弄んでも愉しめないと判断するくらいの無反応を返す状態へと、意識を見て分かる程度に混濁させた状態へと陥らされた。

「んむ、ふぅ……んもうぅ」
「っふ、ふむ、もぶぅ」

自らが分泌した汗と淫液、そして自分達を飽きるまで嬲り倒した敵達の汗と体液に塗れた裸体をガクガクとマットの上で痙攣させながら、男達は焦点の合っていない虚ろな目から涙を零しつつくぐもった唸りを放っている。
唯一の呼吸孔にされた鼻腔を淫臭が苛んでいる事実に嫌悪を募らせる余裕さえ無い。それ以前に、何かしらの感情を能動的に紡ぐ余力すら残されていない。そんな男達はもう、仲間の男根が顔面の横で震えている事実に気付くことはおろか、自分達を存分に犯し終えた敵達がいつものように新たな縄を取り出して残忍な後始末に取り掛かり始めたことにも気付けはしない。
二つの裸体を一つに結合する。そんな追い打ちの縄を加えられ出しても困惑すら示せない男達は今日も、逃走を完全に封じ正気に戻った自分達を絶え間無く辱める拘束姿を、無抵抗に作り上げられるしか無いのだ。

「んぶ、むふぅ」
「ふぶ、むぐぅっ」

仲間の首の後ろで交差させられた足首に縄が巻き付けられ、仲間の腕を縛める縄へと結わえられていく。仲間の頭部を己の足で引き寄せる形を用意されていく男達は、口を閉ざすテープ越しに顔面へと密着させられた仲間の男根が発する強烈な淫臭に目を剥きながら、仲間の眼前に位置させられた尻穴から敵達が注いだ精液をだらしなくこぷりと溢れさせていく。
そうして間抜けその物な格好に至った愉快な二人を改めて愉しみ、拘束の具合を確かめつつからかうように尻穴を撫でて鈍くも過敏な反応に笑みの醜悪さを深めた男達は、お互いの男根で仲良くお互いの呼吸をいたぶり合う地獄に置かれた男達にいつも通りの別れを告げた。

「んじゃ捜査員さん達、また今度遊びに来るよ」
「次に俺達の順番が来るまでたっぷり精液溜めといてやるからよ。期待して待っててくれよな、捜査員さん達?」

捜査員と呼ばれた男達からの返事は無い。拒絶はおろか、恐怖の返事も無い。
精も根も尽き果て、呼吸を蝕む淫臭を訳も分からぬまま吸入し苦しんでいる滑稽な捜査員達を名残惜しげに眺めながら、正義である二人を捕らえた悪の男達は人権を剥奪し肉便器に堕落させた捜査員達を使う場所として選ばれた部屋をあらゆる体液に塗れた裸体のままで立ち去り、一体化された二つの裸体を間抜けに震わせている正義達を置き去りにしていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示