fc2ブログ

男は淫らな地獄で報いを受けさせられる

2023.01.16.Mon.21:00
「んぉっ、もぉぉっ! ほごぉぉぉーっ!!」

なんて無様な声なのだろうか。そう認識する思考が残っていても、男は溢れ出る無様な嬌声をどう頑張っても抑えられない。
媚薬を塗り込まれたせいで意に染まぬ興奮状態へと追いやられた男根へと被せられている薄桃色をした電動オナホールの振動に為す術無く悦楽を味わわせられている男は、黒革の目隠しの下から零れ落ちる涙と、口に噛まされた黒いギャグボールの穴から唾液と共に噴き出る甘い悲鳴を幾ら意識しても堪えられない。
二の腕と胴体を繋ぎ左右の手首を背中で縛る縄と足首と太ももを短く括る縄を黒いスーツの上から施され、それらの縄を背にした地下室の壁に打ち付けられたいる金具へと後から足された縄を用いて遊び無く結合された男はもう、逃げられず抗えぬ姿で絶え間無い絶頂を強いられている恥辱に苛まれながら、スーツから取り出され淫具に取り込まれた男根から精液を噴き出させつつ塞がれた口でみっともなく鳴き喚くことしか出来ない。
電動オナホと一体化しているシリコン製のリングを睾丸の根元へと巻き付けられ、腰をなりふり構わずに振り乱しても快楽に繋がる振動を振り払えない状況を作り上げられた男はもはや、一人きりの地下室で延々とイき狂わされながら苦しみ抜くだけの惨め極まりない存在でしか無いのだ。

「んまっ、むあぁぁっ! おぶ、ほおぉ! んみゅぅぅぅっ!!」

これ以上射精したくない。誰にも届かない悲痛な願いを胸に膨らませながら、男は断続的に襲い来る絶頂に理性を打ちのめされていく。
許してくれ、助けてくれ。自らの体液に濡れたスーツと自由を奪う縄を身悶えの度に鳴らしながら、男は嘘偽りの無い懇願を心で叫びつつ次の射精へと上り詰めさせられていく。
その、淫蕩な無間地獄が約一時間に渡って続いた頃、無慈悲に嬲られ続けていた男根はとうとう限界を迎えた。
これまでとは明らかに違う射精感を把握しつつもそれをとめられない男は、一際甲高く滑稽な鳴き声を放ちながら不完全な頂点へと至り、精液の放出を一切伴わない射精に達した。それは、解放感が無い故に長く鈍く続く絶頂だ。

「あぉ!? まおぉぉっ!? うぉ、あぉ、むぁぁ! ふぶぅぅぅ……っ!!」

縄に縛られ壁に繋がれた肉体を拘束に認められた範囲で仰け反らせながら、男が何も吐き出せぬ絶頂に悶絶する。
困惑と、恐怖と、愉悦が混ざり合っている矛盾した唸りを飛ばしながら、男は全身を激しく痙攣させつつ生まれて初めての異常な絶頂に悶え苦しむ。
けれど、男を苛む地獄は終わらない。男を地下室に置き去りにし、気付かれないよう帰還していた青年は最高に愉快な痴態を晒す男に充足と憎悪を含んだ眼差しを向けつつ、限界に到達した男根に更なる拷問を迷い無く叩き込んでいく。
無論、その上乗せを拒む手段など何一つとして無い。手足を縛られた男は、男根を包んで震えているオナホの上部に何かが装着される突然の感覚にただただ戦慄することしか出来ない。
自分が射精不能となる瞬間を待ち用意していたとどめの淫獄を嬉々としてあてがう残酷な青年の支配下に置かれた男は、怒りを込めた言葉の刃に過去の罪を糾弾されながら、自分の全てを跡形も無く叩き壊すより苛烈な絶頂地獄に、射精を伴わないイき地獄に、瓦解を強要されるしか無いのだ。

「イけなくなったな。んじゃ、ここからは何も出せなくなったチ○コを媚薬漬けにしつつもっともっとイきまくらせてやるよ。オナホの振動も強くして、我慢も出来ないくらいにイかせ続けてやる。父さんを始めとしたたくさんの人を自分の欲望の為に破滅させたお前を、快感に溺れる自分の欲望でたっぷりと破滅させてやるからな? 覚悟しろよ……屑野郎」
「んおぉ! ほっ、もごぉぉ! あぉぉぉーっ!!」

オナホールの上側に接続された装置から分泌され始めた媚薬が、最初に勃起を強要された際にも用いられた強力な液体媚薬が、逃げ場の無い男根全体を容赦無く蝕んでいく。
オナホ内を通り睾丸すらも責め嬲った媚薬が、男根の真下に置かれた平たく透明な容器を経由して青年が用意した箱型の装置へと運ばれ、新鮮な媚薬と混ざり合った状態でオナホの上部からまた分泌されていく。

「ほら、イけ。休まずイけ。ずっとイきまくれ。ずる賢くて卑怯な頭がおかしくなるまで、俺の前でイき続けてみせろ」
「んもっ、もあぁ!! あぉ、えぉ、うぉぉぉっ!!」

オナホの振動と、オナホ内に流し込まれる媚薬の合わせ技に屈し我慢さえ挟めぬ勢いで絶頂を強いられながら、悪辣な男は自分を憎む青年が求める復讐の通りに正気を削り落とされ、己の罪を恥じ悔いることすら叶わない淫らな廃人へと作り変えられていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示