fc2ブログ

丸出しの恥部は身悶えに合わせ敵達の前で踊る

2023.01.10.Tue.21:00
金属で作られた板状の枷を用いて左右の手首と首を同じ高さに固定された男にはもう、腕の自由などありはしない。片方が細く、もう片方は広い。そんないびつな筒型をした金属製の拘束具を装着された足は窮屈に折り畳んだ状態から抜け出せないよう足首から太ももにかけてを緩み無く圧迫され、立ち上がることはおろか伸ばすことさえも不可能にされてしまった。
手足の動きを厳重に制限する金属の縛めを加えられた男は、手も足も出せず何処にも逃げられはしない。腕に与えられた枷に後から接続された器具達によって頭部と手に屈辱に満ちた追撃をもたらされた男は、間抜けに口を開かされた状況を拒みたくても拒めず、無理矢理に強制されたピースサインから手を解放させることも出来はしない。
更なる上乗せとして手足の拘束を結合する頑丈な金属の棒を取り付けられた哀れな男はもはや、身動きを封じられる際に衣服を剥ぎ取られ無防備にさらけ出された裸体を覆い隠そうと試みることも叶わず、それ以前に身体の向きを変えることすらもままならない立場へと追いやられてしまっている。
ただでさえ思い通りには動かせなくされていた手足を繋がれた男は、何をされてもただただ無抵抗に辱めを注がれるしか無い。やめてくれの一言さえ満足には放てない姿に変えられた男は、自分を捕らえ滑稽な格好に仕立て上げた敵の男達の悪意に為す術無く弄ばれるしか無い。
逆らえぬ裸体をどうすることも出来ずに運ばれ、無慈悲な機構が待ち受けている台の上へと載せられた無様な男に残された選択肢は非道な敵が用意した恥辱の選択肢のみだ。
台の上部、男の恥部の真下から出現した機械製の棒に尻穴を串刺しにされた男は、敵の手に堕ちた日から男根を始めとしたあらゆる異物に蹂躙された己の尻穴が勝手に抱く悦びの感情に絶望を募らせながら、残忍な機構を作動させ始めた棒が叩き込む責め苦に悶え狂わされる存在でしか無い。腸内全体に冷酷な薬品を少量ずつ撒き散らす棒に尻穴をいたぶられ出した今の男は、台の上に置いた自分を取り囲んで鑑賞する敵達が見せてくる愉悦と侮蔑を剥き出しにした醜悪な笑みに誇りを切り刻まれながら、体内を追い詰め始めた強烈な痒みに不明瞭な悲鳴を上げることしか出来ない最高に愉快な見世物なのだ。

「あっ、あおぉ! はっ、はぉ、おえあぁ!」

閉じられぬ口では、痒いと鳴き叫ぶことも許されない。頭部の横でピースサインに固められた手では気が狂うような痒みに苛まれている尻穴に近付くことすら出来ず、伸ばせぬ足では裸体を上下に往復させて痒みを引き起こす薬品を染み出させている棒を用いた自慰の刺激を尻穴に送ることも出来ず、手足の拘束を無慈悲に結ばれた男は、なりふり構わずに身をよじって痒みの苦しみを和らげることも出来はしない。

「おぇ、あいぃ! おひい、はいえ! おひー! ひっはいえぇぇっ!!」

恥を捨てたおねだりをまともな言葉を紡げなくされた口で敵達に寄せても無駄で。自力ではどうやっても解消出来ない尻穴の痒みという地獄に翻弄させられる男は、捕らえた自分を毎日違う形で痛め付けて遊ぶ敵の男達に必死その物な哀願の様子を嘲笑われながら、尻穴を異物に埋め尽くされている事実を幸福と誤認してしまっている尖りきった乳首と硬く勃起した男根を、拘束に許可されたかすかな身悶えに合わせ敵の眼前でぷるぷる、ひょこひょこと踊らせていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示