FC2ブログ

痴態を撮影される少年ヒーロー

2014.04.01.Tue.21:00
この作品はプロミネンスさんのリクエストを元にして書かせていただきました。リクエスト、ありがとうございました!


「んんんっ…ふ、ぅ…っ」

その少年ヒーローは捕らわれていた。
真っ白で小さな部屋に監禁された少年ヒーローは、武器以外のヒーロースーツを身に付けた姿で手枷を嵌められ、その手枷をギリギリつま先立ちになる高さで天井から鎖で吊るされていた。
戦う力を奪われた憐れな少年に、拘束を外す事が出来るはずも無く。少年はただ悔しげに噛まされた棒状の口枷に歯を立て、革の目隠しの下の眉根を寄せるしか無い。

「むぅ、むふ、んっ」

少年ヒーローの口から、甘く濡れた呻きが漏れる。それと同時に、足はもどかしそうにもじもじと擦り合わせられた。
その足の間にある、スーツの下で勃起したペニスをどうにかして慰めようとして。

「おやおや、ヒーローともあろう方がはしたなく身をくねらせて…惨めですねぇ」
「っ! んぐぅ…っ!」

目隠しをされていても、憎い敵の声はすぐに分かる。少年ヒーローははっと顔を上げ、身体の動きをとめた。

「まぁ…いかに勇敢なヒーローでも、一晩媚薬を投与され続ければこうなるという事でしょうかな」
「んぉ!…んぅ、んうぅ」

嘲笑交じりに言いながら、敵は少年の身体を。発情し切って全身が敏感になっている惨めな少年ヒーローの左乳首を指で上下に弾いた。
視界と言葉を封じられ、一晩放置された肉体は嫌だと思う心を無視して乳首への責めを悦ぶ。スーツごしでもふくらんでいるのが良く分かる乳首は、敵の指の動きに従って押し潰され、ひしゃげ、少年の身体を跳ねさせた。

「良い反応ですね。乳首だけでこれなら、他を責めてあげたらどうなるんでしょうねぇ…知りたくないですか? 御覧の皆さん」
「…ん、ぅ?」

御覧の皆さん? まさか、敵以外にも誰かがいるのか。
少年がそう考える内に、敵の部下達は行動を開始し、吊り下げられた少年の身体に淫らな仕掛けを施していく。

「む…むぅんっ」

触られるだけで感じてしまう身体に何かが貼り付けられる感覚。それを嫌がって少年は身をよじるが、その抵抗は軽く腰を掴まれただけで無意味にされた。

「うっ…ん、む」

準備を終えた部下の一人が、少年の目隠しを取り去る。いきなり明るくなった視界に少年は驚き、硬く目を閉じていたがしばらく経つと状況が見えるようになった。
…いや、正確には見えてしまったと言うべきだろう。想像よりもはるかに残酷な、自分に対する仕打ちが。

「んっ……!!」

スーツの上から強力なテープで、乳首、ペニス、アナルにローターが貼り付けられている。その事実すらもかすむような、少年を捉えている十数台の、カメラ。
顔をアップで映す物。股間をアップで映す物。左乳首をなめて少年の顔を映す物。ありとあらゆる角度からレンズが少年の痴態を狙っていて、隠しようも無い。
絶望で固まっている少年に、敵は更に追い打ちをかける。

「君が発情して悶えてるところはもう十分だから、今度はイき狂ってるところを撮影しようか。君のファンの人達が喜んでオナニーしてくれるように、ね」
「うぅっ!?」

撮られるだけじゃ、ない? たくさんの人に、自分のあられも無い様子を見られてしまう?

「うぅーっ! んっ、ふぅぅぅ!」

やめて、許して。その気持ちを込めて叫んでも、非情な敵には通じず、淫具達のスイッチは…オンにされてしまった。

「あおぉぉぉぉーっ!!」

始まり出した弱点への責め。過敏になった場所をローターで抉られると堪らない快楽が訪れて、少年ヒーローはカメラの前だと知ってるのに腰をガクガクと振り回す。
散々邪魔をしていた少年が甘い悲鳴を上げ、ヒーロースーツ姿で悶える光景は敵を心から愉しませる。

少年ヒーローを壊す撮影は、まだまだ始まったばかり。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
感想
拍手コメは表示されないようなのでこちらにも・・・

少年ヒーロー撮影会・・・最ッッ高です!
まさかこんなにも早くリクエストに答えてくださるとは・・・
本当に感謝感激です!
次回作も楽しみにしています!

管理者のみに表示