fc2ブログ

淫猥な肉を捏ねられながら刑事は為す術無く絶頂を強いられる

2022.12.09.Fri.21:00
表面に肌触りの良い黒い革が張られた四角く大きな箱状の台の上で、男は言葉にならぬ声を零しながら危機からの脱出を欲し続けている。視界を閉ざす黒革の目隠しの下で悔しげに眉根を寄せ、しゃべることを禁じる為に施された黒いギャグボールの穴から唾液と共に焦りを露わにした唸りを放ちながら、男は箱に跨がる体勢を強要された裸体を休み無くじたばたと暴れさせる。黒革の首輪の後部と左右の手首に嵌められた黒革の枷を繋ぐ鎖を甲高く鳴らし背面で捻り上げさせられた状態を強いられた腕を必死になってもがかせながら、台を挟むようにして存在している床の金具と足首に巻き付けられた手の物と同じ枷の金具を結ぶ鎖に耳障りな音を立てさせ床に触れることも叶わない宙に浮かされた足を拘束に許された狭い範囲で情けなく振り乱しながら、ありとあらゆる選択肢を没収された男は捕らわれの身に堕ちた事実をどうにかして覆そうとなりふり構わぬ試行錯誤を積み重ねている。
無論、生身の男が幾ら裸体を酷使しようとも、頑丈な拘束達は外れる気配すら見せない。台の上面に密着させられている睾丸とその上に垂れ下がっている男根を間抜けに震わせながら格闘を繰り返しても、全身の無駄毛を処理された結果艶やかで張りのある肌を露出させられた尻肉を誘うようにぷるぷると跳ねさせながら頑張っても、男はその努力の度合いとは裏腹に何一つとして希望へと続く変化を引き起こせはしない。
諦めの悪い無意味な足掻きが引き寄せられるのは、絶望に満ちた恥辱の開始のみで。音も無く地下室に戻り一生懸命に何処にも逃れられぬ裸体を台の上で滑稽にくねらせていた男を無言で鑑賞していた男は、まるでたった今地下室に帰ってきたかのような白々しい演技を行いつつ、眺める以上の愉悦を求め始めた己の欲望に従う形で逆らえぬ男の裸体を、捕らえた日から丹念に弄び弱点に育てた乳首を、背後から伸ばした手で責め嬲り出した。

「刑事さん、ただいま。俺がいない間乳首が疼いて仕方なかったでしょ? たくさん我慢したご褒美に、たっぷり苛めてあげるからね?」
「んもぉっ!? ぶぅ! ぶふうぅ!!」

目隠しの向こうにずっと憎い男がいたことを知る由も無い刑事と呼ばれた男が、自分を拉致し飼育する悪の男の帰還に戦慄と恐怖の反応を示しながら、乳首を迷い無く捏ね始めた指の刺激に塞がれた口から喘ぎ混じりの悲鳴を上げる。そのいたぶり甲斐のある様子に更なる興奮を掻き立てられながら、悪の男は嫌がるように左右に往復する刑事の頭部を二の腕で挟むことで快楽の誤魔化しを封じつつ、男根に匹敵する性感帯へと仕立て上げた乳首を指先で苛んでいく。

「んむ、まうぅ! あぇ、ひゃぇぇぇっ!!」

自分の指で触ることも許されない状況を長く与えられていた乳首を揉まれ、引っ張られる攻撃が、嫌がる刑事の心を否定出来ぬ甘い至福で蝕む。跨がらされた台へと上半身を近付け乳首を無様に擦り付ける自慰に至ることも拘束のせいで不可能にさせられていた刑事が、常に淫らな疼きを抱えるはしたない器官へと貶められた乳首を中心にして広がる快楽の波に心地良さげな絶叫を発しつつ、悪の男に後ろから抱き寄せられた上半身と床から離れた位置でつま先をピンと伸ばしている足を痙攣させる。
拒絶の意思を募らせる暇さえ認めない密度で押し寄せる気持ち良いの感情に理性と肉体を押し流される刑事はもう、自分を支配する悪の思惑に沿って乳首での絶頂を迎えさせられるしか無い。放置されている時にはどうにか勃起に至らないよう耐えていた男根を直接弄られてもいないのに限界まで張り詰めさせられた刑事はもはや、当たり前になりつつある乳首のみを刺激されながらの射精へと為す術無く上り詰めさせられるしか無い。
悪の男の趣味に合わせて無慈悲な調教を加えられている哀れな刑事は、助けの望めぬ空間に幸福色のくぐもった鳴き声を反響させながらイき狂わされるだけの惨めで淫猥な奴隷以外の何物でも無いのだ。

「あおぉ! ふっ、むぁぉぉぉぉぉんっ!!」
「おー、刑事さん元気にイったね。そんじゃ、その調子でもっともっと気持ち良くイってみようね? 今日はご褒美だから途中でやめたりせずに、失神するまで乳首でイかせまくってあげるからね?」
「はっ、はごっ! もぁ、ぶみゅぅぅぅぅーっ……!!」

噴き出した精液が黒い台を白く汚している最中に今日の責めの内容を詳しく説明されながら、刑事の男は早くも迫り始めた次の射精欲に打ちひしがれつつ、誰にも届かない助けてを込めた絶叫で指先に捉えた左右の乳首で好き勝手に遊ぶ悪を余計に愉しませていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
感想とリクエスト
いつも読んでます。
リクエストを一つ
騎士二人が猿轡と縄であぐら縛りをされて悶える姿が読みたいです。

管理者のみに表示