fc2ブログ

無様にしまわれた男は理不尽な調教でよがり狂わされる

2022.11.13.Sun.21:00
「んぐっ……むぅ、ふむぅぅ……っ!」

外部から施錠された小さな扉の向こうからわずかに差し込む光しか存在しない闇の中で、男は悔しげに歪んだ声を漏らしながら裸体を休み無くもがかせていた。
口内へと押し込まれた唾液塗れの布に歯を立て、その布を吐き出せないようにさせる為に口へと貼り付けられた黒色の粘着テープごしに意味を持たない唸りを放ちながら、男は裸体を縛める縄達からの脱出を欲して絶え間無い試行錯誤を積み重ねていた。
だが、男の努力は一向に実る気配を見せない。肌に縄が食い込む痛みに呻きながらじたばたと身を悶えさせても、与えられた拘束は緩む素振りすら示さない。
どんなに頑張っても、自分はこの状況から逃れられない。認めたくない事実を否定したい一心で繰り返した足掻きは男自身が理解していた通りに何もかも無駄で、何の成果も得られない徒労の果てに男は眼前の扉に掛けられた鍵が外される絶望の音を聞き、憎むべき支配者に疲弊した抗えぬ裸体を嘲笑われる屈辱を味わわされてしまった。

「おっさん、ただいま。自分ちで良い子にくつろいでてくれた?」
「んぐっ、むぅ! んぶうぅ!」
「おいおい、俺達が帰ってきたのがそんなに嬉しいのか? 可愛いところあるじゃん、頭撫でてやるよ、惨めなおっさん」
「むぐうぅ! んーぅっ!」

山奥に存在する別荘へと勝手に潜り込み、持ち主である男を襲って支配下に置いた二人の青年が醜悪な笑みを浮かべながら光に眩んだ目を細めつつ反抗的な眼差しを一生懸命に作った男に愉悦を露わにした侮辱の言葉を浴びせかける。
二の腕と胴体を繋ぎ手首を背中側で縛る上半身の縄と天井に打ち付けられたフックを結合され、足首と太ももを遊び無く括って左右の足を窮屈に折り畳んだ状態に固定させる下半身の縄と壁にあてがわれたフックを結わえられた男が階段下に設けられた狭い収納スペースの中で必死に暴れる光景を鑑賞しながら、青年達は背筋を伸ばさせ爪先のみが床に触れている足を恥部を見せ付けるような形で開き切らせた滑稽な裸体を無遠慮に伸ばした右手で好き勝手に撫で回していく。

「ふぶっ、んむ、むぎゅぅぅっ!!」

塞がれた口で敵意と怒りを剥き出しにした触るなの思いを飛ばしながら、男は胸に理不尽な惨めさを募らせていく。
久しぶりに手に入れた長めの休暇を運良く格安で手に入れた小さな別荘で過ごそうと思っていたのに、何故こんな辱めを加えられなければならないのか。自分を嬉々として弄ぶ青年達への憎悪をふつふつと滾らせながら、男は絶対に許さないという意思を強固にしていく。
しかし、男が膨らませているそれらの鋭い感情は、残酷に笑う青年達の手指の動きが予想外の物となった瞬間一気に萎んでしまった。ただからかうように逆らえぬ裸体を這っていた手が、乳首を弾くように責め立て出す。屈強とは言えないまでも人に見られて恥ずかしくないくらいの見た目に保っていた腹部をくすぐっていた指が、丸出しの恥部との距離を詰める。
今までの物とは比較にならない程の悪意を見せ始めた手に狼狽し怯えの反応を交えた拒絶の身悶えを激しくさせた男を眺めていた青年達は、男を置き去りにしている間に用意した無慈悲な道具を自分達の身体で隠したバッグから左手で取り出して見せ付けつつ、男に正常な人生の終了を知らせる宣言を発した。

「ふふっ、おっさん感度抜群だね。調教のし甲斐があって俺達嬉しいよ」
「最初会った時はここが調教部屋に使えるような空き家じゃないって分かってがっかりしたけど、こんだけ苛め甲斐のあるおっさんに出会えてむしろ良かったよ。じーっくり躾けて……立派な商品に育ててやるからな?」
「ふぐっ……!? むーっ! んみゅぅぅぅーっ!!」

年下の青年達が視界に突き付けてくる淫具達を、男が驚愕に見開いた目で見つめる。年相応に蓄えた性知識のせいで男根と尻穴にあてがう物だと説明が無くとも理解させられてしまった男が、前にも後ろにも移動出来なくされた裸体をめちゃくちゃによじらせ迫り来る危機を遠ざけようと試みる。
その諦めの悪い男の様子に改めて興奮を掻き立てられながら、青年達は薄紫色をした電動式のオナホールと、同じく電動の機構を有し空気をポンプで送り込むことで自力での排出を不可能にさせる機構も備えたアナルプラグを握った左手を男に迫らせ、微弱な振動を用いた生殺しの地獄を、再び収納スペースの扉を施錠して一人きりの闇の中で出口の無い悦楽に為す術無く追い詰められる地獄の準備を、自分達の新商品となることが決定した男に施していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
いつも素敵な作品をありがとうございます
毎日21:00の更新を楽しみにさせて頂いております。
差し支えなければリクエストを1つ…

久しぶりに、少年が目と口と手足をガムテープでぐるぐる巻きにされ、何度もイかされてしまうお話が読みたいです。
最近このパターンが無いなと思いましたので…
よろしければご一考下さい。

今後とも応援しております

管理者のみに表示