fc2ブログ

捕らわれた男は淫らで異常なノルマ達成を強いられる

2022.11.10.Thu.21:00
「んぐ……むぁ、ふぶあぁ……っ!」

涙に潤んだ目を痛々しく見開き、言葉を奪う黒い棒状の枷に歯を立てて唸りながら、男が地下室の中央に敷かれた薄桃色の分厚いマットの上で大人しく仰向けに転がり続けている。
下手に身をよじれば萎えたくても萎えられない男根と、無慈悲な改造を施された乳房が揺れて快楽を覚えてしまう。ほんのわずかな身じろぎでも、過敏に高まった肌とマットが擦れ合う刺激に悦楽を感じさせられてしまう。意に染まぬ悦びの到来に行動を追い打ちで制限された男は、裸体を縛める縄が絶えず味わわせてくる圧迫すらも淫らな至福に変換させられながらそれ以上の余計な快感が訪れないようじっと肉体の震えを制し続けていた。
しかし、男を捕らえ残忍な改造を施した男達は甘い至福を拒む男の思いなど全く意に介さない。男の物とは思えぬ程にぷっくりと肥大化した乳房と、太く長く間抜けに育て上げられた乳首を上下から挟んで強調する役割も有する赤い縄によって二の腕を胸部に結合され、みっともなく成長した胸の裏側で交差させられた手首を縛り上げる縄を与えられた男が地下室の扉を開けて現われた自分達に分かりやすく恐怖を示しても冷酷な男達は愉悦を湧き上がらせるのみで慈悲など欠片も抱きはしない。足首と太ももを短く繋ぐ縄の力で窮屈に折り畳まされたまま伸ばすことも出来なくされた足が勝手に痙攣するのを必死で制御しようと頑張りながら、刺激を注がれない状態を苦悶と感じて発情に至るよう躾けられた男根を襲う制御しきれぬ振動に悶絶する様を披露する男を目にしても非道な男達は歪んだ興奮しか感じはしない。
心を切り裂き、すでに元の生活には戻れない場所まで堕ちた肉体を更なる淫蕩な地獄へと突き落とす展開を求めて地下室へと舞い戻った男達に自分が乗せられているマットを取り囲まれた男はもう、許してくれの願いを込めた叫びを放つ気力さえ紡げぬまま甘く苦しい搾取という名の拷問を加えられるしか無い。
縄塗れの裸体を悶えさせる惨めな足掻きすらも強烈な快感へと紐付く身体へと作り変えられてしまった男はもはや、逃れる素振りすら見せられぬまま乳房と男根にそれぞれ半球状と筒状をした装置を戦慄に染まった目の前であてがわれ、その装置が内部で行う容赦の無い責め苦の力に屈しての射精と、噴乳を強いられるしか無いのだ。

「あごぉぉぉーっ!! はごっ、ふごっ、むごぉぉぉんっ!!」

乳房に被せられた半球に搭載された機構が、内側に閉じ込めた男の豊満な乳房全体を丹念に揉み込みつつ振動を与え、乳房の頂点で持ち主の拒絶とは裏腹に心地良さげな脈動を繰り返している乳首から母乳を分泌させろと命令を下す。
男根を包囲する筒に内蔵された機構が発情しきり刺激を欲していた男根をまんべんなく柔らかな毛のブラシで研磨し、男に精液の放出を、誇りを一切感じさせぬ痴態を晒しながらの連続射精を強要する。
体液を装置の中に迸らせても終わらない絶頂地獄。そこからの脱出を魂から欲する男が無意識に裸体をもがかせても乳房と男根を嬲る装置は離れない。金を飽かせた素晴らしい趣味を持つ富豪に高値で売れる男の母乳と精液を嬉々として採取する男達は乳房と男根に取り付けた装置を押さえ付ける手を全く緩めず、なりふり構わずに暴れようとする縄に拘束された裸体を数人がかりでマットへと縫い付け一方的な搾取からの解放を認めない意思をよがり狂う男に無言で通達してくる。

「んぎゅ! がっ、ごひゅ、ぶむおぉ! あぅ、あおぉ、むあぉぉぉんっ!!」

胸が気持ち良い。男根が気持ち良い。全身をマットに押さえてくる憎き男達の手も、その手を振り払おうとして跳ねる己の裸体を生み出すマットとの摩擦も気持ち良い。
肯定したくない事実を諦め混じりに肯定し、自身の身体が男達にとって都合の良い搾取に適している淫猥な物にされた現実を何処か他人事のように認識しながら、男は今日もノルマ達成まで終わらない母乳と精液の分泌を十秒足らずの間隔で絶頂に押し上げられつつこなしていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示