fc2ブログ

男は勝利に浸りつつスイッチを撫で回す

2022.10.31.Mon.21:00
左右の手首同士と二の腕同士を背中で縛り、伸ばしたままの状態から離れられなくさせた腕を数箇所に分けて胴体に縫い付ける縄拘束は、男が暴れた程度ではビクともしない。正座の体勢を崩したかのような形で交差させられた足首を縄できつく一まとめにされ、足首の縄と腕の縄を繋ぐ縄を追い打ちで付け足された男がどんなに身をもがかせようとも、真紅の縄に飾られた裸体は頭部に装着された黒革の目隠しと棒状をした黒色の口枷を毟り取りたくても毟り取れず、背にした壁にもたれかからされた姿勢から抜け出すことも叶わない。
見ることとしゃべること、そして両手両足の自由。あらゆる方向から選択肢を取り上げられた男は惨めという表現がとてもよく似合う姿に追いやられている。だが、男を捕らえた無慈悲な男にとって、抵抗と逃走を封じ哀願の意思表示すらも不可能にさせる縛めはただの下準備でしか無い。
抗いの手段を刈り取られた裸体が赤い縄を軋ませながら諦め悪く脱出を試みる様子を存分に愉しみながら味わい尽くした冷酷な男は、滑稽な足掻きで自分を悦ばせてくれた男を更なる恥辱に突き落とし悶絶を強要する為の装置を嬉々として取り出し、それを何の躊躇いも無く一切の非道を遠ざけられなくなった男の無防備な男根へとあてがってやった。

「んぉっ、むおぉ……ふぅ、ぶむぅぅ……!」

上半身を這い回る赤縄へと新たに結わえられた追加の赤縄によって固定された装置は、男が可能な限りに肉体を暴れさせても決して振り払えない。胸部から腹部を縦断する形で位置を保たされた装置は、丸みを帯びた先端に半透明をしたオナホールを取り付けられているマッサージ器具のような機械は、萎えたままの男根を柔らかなオナホールに挿入させられている事実に恐怖と悪寒を募らせている男がじたばたと身悶えても外れる素振りすら見せない。
視界を閉ざされていても、これから始まる責め苦が分かる。唯一自由を残された耳に言葉を用いた説明を与えられなくても、年相応に手に入れた性の知識のせいで地獄の到来を理解出来てしまう。
そんな絶望に打ちひしがれながらどうにかして危機から逃れようと間抜けに腰をくねらせていた男を眺めつつ機械の固定に問題が無いことを把握した冷酷な男は、無言を貫いていた口をほんの少しだけ開いて淫猥な拷問の開始を囁き声で告げつつ、オナホールと一体化した装置のスイッチをオンにしてしまった。

「さぁ、捜査員さん。気持ち良いイき地獄の始まり始まりだ」

駆動を開始した機械の効果は、覿面だった。小刻みに振動を行う機械は、自身と繋がったオナホール全体をぷるぷると激しく震わせ、何処にも逃れられぬ男根に甘く容赦無い快楽を覚えさせていく。萎えた状態を維持出来ずに勃起へと導かれた男根が苦しげに脈動しても機械は手加減などしない。勃起し体積が増してしまったせいで余計にオナホールから引き抜けなくなった男根があっという間に限界へと至り射精に達しても、無感情な機械は責めを緩めなどしない。
悪に捕らわれた捜査員の男はもう、我慢さえ認められぬまま射精を迎え続け赤縄に飾り立てられた裸体を情けなく踊り狂わせる痴態を晒すだけの滑稽極まりない娯楽でしか無いのだ。

「んむぅぅっ! ぶふ、ぐみゅぅぅ!! あぉ、ふおぉ! むぁぁぁんっ!!」
「おいおい、いきなり派手にイきまくってんじゃねーか。そんなにこの玩具が気に入ったか、捜査員さん? そんならもっともっと駆動を強くして、イきっぱなしにさせてやろうかなぁ……どうだい?」
「っ、もごぁぁ……!?」

まだ男根を嬲る機構は本気を出してすらいない。信じがたい事実に戦慄を露わにする捜査員を愉しみながら、壁際で悶絶する捜査員の右隣に腰を下ろした悪の男はオナホールを振動させる機械のスイッチ周りを右の指先でからかうように撫で回しつつ、いつ責めの強度を引き上げられるのかと怯えて身を強ばらせる捜査員の姿を圧倒的な勝者の態度で堪能していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示