fc2ブログ

不良生徒は狂った特別指導で教育を施される

2022.10.24.Mon.21:00
どんな厄介者でも品行方正が身に付く程に厳しいと噂されていた全寮制の学校の教師も、言うことは前にいた場所の教師とほとんど代わり映えしない。
むしろ全寮制であるが故に自分を疎んで追い出した親達からの鬱陶しい連絡も来ず、気兼ね無く夜の街での遊びに耽ることが出来る。
そんなだらけた日々を気ままに送っていた不良少年はある日、閉ざされた門をよじ登って学校へと帰還した瞬間を待ち伏せていた教師達に襲い掛かられ、生徒達には存在を公開されていない地下室へと連れ攫われ、助けに期待出来ず幾ら騒いでも外部に声の漏れ出ないその空間で衣服を剥ぎ取られた裸体に屈辱的な拘束を施されてしまった。

「テメーらっ、ふざけやがってぇっ!! 今すぐ外せよ! 解放しろよぉぉっ!!」

地下室の中央に置かれた四角い箱状の台に背中を触れさせる形で乗せられ、台の頭側に設置されている金属製の低い柵に左右の手首と大きく持ち上げさせられた足首を縄で遊び無く縛り付けられた不良少年は、丸出しにさせられた恥部を惨めに揺れ動かしながら自由を取り戻したい一心で裸体をじたばたともがかせる。
自分に注意を寄せていた時に見せていた困惑混じりの笑みを捨て去った教師達が浴びせてくる冷徹な表情に抑えきれぬ戦慄を覚えさせられながら、不良少年は湧き上がる恐怖を誤魔化すことを目的とした鋭い怒りの言葉を叫びつつ、無防備に露出させられた男根と尻穴を間抜けに跳ね回らせて暴れ続ける。
そうして無意味に暴れる不良少年を無言で眺め身動きを封じる手足の拘束に不備が無いことを確認した教師達は、何度指導しても反省の色を欠片も見せない愚かな少年の性根を根底から叩き直す教育に向けた上乗せの拘束を何の躊躇いも無く追加した。それは、みっともなく上下左右にくねる尻肉の真下に用意された器具を用いた拘束。台の側面に取り付けられたL字型の金属棒を持ち上げ、その棒で尻穴を貫くことで諦めの悪い身悶えをも没収する恥辱に満ちた拘束だ。

「はぎっ!? おっ、ぎぅぅぅっ!?」

棒は細く先端が挿入に適した形状となっている為、突然の挿入でもさほど痛みは感じない。だが、痛みが少なくとも不良が尻穴に抱く圧迫と違和感は反抗を紡いでいた口から思わず絶叫が溢れ出るくらいに大きな物で、不良少年は金色に染めた髪を振り乱し頭部を仰け反らせながら甲高い鳴き声を上げる痴態をさらけ出してしまった。
そんな痴態を披露する不良少年に対し、教師達は追撃の手を緩めない。数年ぶりに特別指導の許可が下りる相手が現われたことを悦ぶ教師の皮を被った非道な男達は、生意気な態度を繰り返した不良少年を屈服に至るまで弄べる至福に酔いしれつつ、手も足も出せず尻穴を貫く棒のせいで恥部をその場から逃がそうと試みることも不可能にされた滑稽な不良少年の弱点に残酷な装置を迷い無く押し当てていく。

「ひっ、ふひぃっ!? や、やめろ……嫌、だ……っ!」

怯えに支配された哀願の意思を不良少年が発しても、本性を露わにした教師達はとまらない。
抵抗を没収した少年を気が済むまで悶絶させる無慈悲な凌辱者となった教師達は、早くも大人しくなった不良少年を嘲笑いながらそれぞれが手にした淫猥な機械のスイッチを親指でスライドさせ、ただ嬲られるだけの器官となった男根を意のままに責め立てていく。
流し込まれ始めた刺激に男根が勃起しても、勃起した男根が刺激に流されて射精に達しても、射精に押し上げられた不良少年が誇りを捨てた声音で鳴き喚きながら許しを請うても、教師達は責めを緩めない。丸みを帯びた先端に小刻みな振動を行わせる機構を有したマッサージ機のような形状をした機械を利き手で操る教師達は、獣欲を剥き出しにした愉悦の微笑みを浮かべながら男根を震える器具で押して快楽を休み無く生み出し、逃れられぬ不良少年に断続的な射精という拷問を嬉々として味わわせていく。

「やっ、嫌ぁぁぁっ!? イぐっ! イぐイぐぅぅっ!! やめろっ……やめでぇ! もうイっだぁ! イっでるぅっ!! せーえぎでてるがらぁぁぁぁっ!!」

どんなに声を張り上げても救いなどやって来ない無慈悲な地下室の中で教師達に為す術無くイき狂わされる不良少年は、これから卒業まで継続される教師達の慰み者として生きる隷属の日々を知る由も無いまま、男根を取り囲み左右の睾丸をひしゃげさせた状態で震える淫具達が強いる絶頂に合わせて、精液を何度も何度もひり出させられていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示