fc2ブログ

隔絶された箱の中で鑑賞物は悶絶を引き出される

2022.10.20.Thu.21:00
黒革の目隠しの下で悔しげに眉根を寄せながら、男が棒状をした黒色の口枷越しに唸りを飛ばす。
両手両足を縛め身動きを封じる縄の拘束を耳障りに軋ませながら、男は床に転がされた裸体をじたばたとよじらせ敵に捕らえられた事実と、絶え間無く襲い来る淫らな責めからの脱出を必死になって追い求める。
しかし、幾ら必死になろうとも男を取り巻く状況に変化は起こらない。無様であることを承知でのたうち回り自由を取り戻そうと足掻きに足掻いても、二の腕と胴体を結合し背中で捻り上げさせた腕にその形を維持させている上半身の縄と、左右の足首同士とすね同士そして太もも同士を遊び無く結合する下半身の縄と、捕まった日から叩き込まれた凌辱によって異物の拒み方を忘れさせられた尻穴を貫いた極太のアナルバイブを抜け落ちないよう固定する腰回りに這わされた縄は緩む気配すら見せない。
手も足も出せず、見ることもしゃべることも許されない惨めな男。自分を恥辱に追いやった敵達に一矢報いるどころか、敵が自分に与えた淫猥な責め苦から抜け出すことさえ叶わない哀れな男。そんな男はもう、憎い敵達の思惑通りに悶え狂わされながら絶頂に至る姿を、敵を愉しませる娯楽として消費されるしか無い。尻穴のみで快楽を極められるよう躾けられた裸体が硬く勃起した男根を振り乱しながら射精に休み無く到達する様子を、残忍な見世物として提供させられるしか無い。縄に縛られた自分の身体に合わせて用意された強化ガラス製の透明な箱に仰向けで寝転がらされた男はもはや、箱と一体化している台から流し込まれる媚薬混じりの空気を用いた呼吸を強いられながら、外部に絶叫が一切漏れ出ずまた逆に外部から浴びせられる嘲笑と罵倒の言葉も何一つとして聞こえない箱の中で絶頂地獄を味わわされながら、終わり無い発情と射精に苦しむ己を敵達に堪能され続けるしか無いのだ。

「んむっ、ぶむぅぅ!! ふぐ、ぶぁ、んみゅぅぅぅっ!!」

寝返りを打つことさえ認められない狭い箱の中に反響する自らの絶叫と、汗に塗れ己が撒き散らした淫液に汚れた裸体が立てる粘ついた水音を、我を忘れた身悶えを受けても全く解けない縄の音と合わせて耳にしながら。枷を施された口では足りない呼吸を補おうと無自覚に動く鼻を嬲る媚薬の香りと自分自身の淫臭に理性を追い詰められながら。男は今日も箱の外にいる敵達に情けない所を見せたくないと願う思考が保てなくなる程の淫獄に悶絶を引き出され、敵の施設に設置された滑稽極まりない鑑賞物としての役目を意識を手放すその時まで全うさせられていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示