fc2ブログ

屈した男は支配を無慈悲に拡大される

2022.09.24.Sat.21:00
地下室の床と一体化している金属製の棒の先に取り付けられた男根を模した極太の張型が、真下から貫いた男の尻穴を奥深くまでじゅぼじゅぼと下品な音を立てながら掻き毟り続けている。
硬く尖りきった左右の乳首を挟み込んだクリップ型のローターと、限界まで張り詰めた男根の亀頭下と根元に巻き付けられたベルト型のローターが緩急を付けながらの絶え間無い振動を繰り返し、淫らな弱点達に甘い悦びを延々と味わわせ続けている。
だが、その快楽の責めを生み出しているのは、嬲られている張本人の男だ。張型は上下運動など行わず、乳首と男根を苛むローター達のリモコンは男自身の左右の手に握られている。故に、淫らな至福を作り出しているのは震える足を酷使して腰を上下に往復させ張型を用いた自慰を尻穴に施し、ローターの駆動の緩急を司るリモコンを左右の親指で操作している男自身だ。
肉体の制御権を外部から奪い、意に染まぬ行動を強要する機構が白色をした機械製の首輪には仕込まれている。そんな残忍な事実を知る由も無い人間から見れば、男は夢中で己の尻穴をほじくり回しながら乳首と男根を痛め付ける振動を推移させつつ、演技にしか見えない拒絶を叫んでいる異常な淫乱でしか無いのだ。

「もっ、やら、たひゅけれぇぇぇっ!! ぎもぢいいのやら! もぉやべでぇぇぇぇっ!!」

勝手に動く裸体に絶望しながら、男は甘く歪んだ哀願の絶叫を喉が破れんばかりに放つ。
幼子のように泣きじゃくりながら、男はわずかに自由が残された箇所である口を用いて望まぬ悦びからの解放を心から希求する。
しかし、男の声は一人きりで置き去りにされた部屋の中に虚しく反響するだけだ。自慰を強いられる男を淫獄から救い出す者は現れない。無様な悶絶をあらゆる角度から映像に収められるような位置にあてがわれた十数台のカメラ達の前で誇りを捨てた懇願を繰り返しても、疲労の事実を無視して動き続ける裸体は快楽の檻から抜け出せない。
終わりの見えない甘い拷問。恥を忘れて縋る相手もいない一人きりの空間で休み無くよがり狂わされる絶望。それらにじわじわと打ちのめされ、最後の砦であった陥落を拒む理性を叩き壊された男は、自分をこの責めに追いやった悪への憎しみはおろか捜査員として正義を行使する己の立場も忘却した屈服の態度で、それまで避けていた本能剥き出しのおねだりを紡ぎ始めた。

「イぎっ、だいぃぃっ! おにぇがいイがぜでぇぇっ!! おひりも、ちくびも、ひんこもぉっ! だりにゃいのぉ! もっろぎもぢよぐにゃりだいのぉぉぉっ!!」

決して絶頂に繋がる程の激しさでは尻穴の掘削を行わない己の足に心を折られ、巧みに頂点への到達を遠ざける強さにリモコンのローターを設定する自らの親指に正気を打ちのめされた男が、射精を欲する願望を一生懸命にさらけ出す。
すると、その瓦解を認識した首輪は男に与えていた肉体掌握の方向をほんのわずかに変化させ、淡々と痴態を映していたカメラ達に接続された装置に起動を指示し、男を取り巻く非道をより残忍な、取り返しの付かない物へと引き上げさせた。

「あっ、イぐイぐぅぅんっ! おひりじぶんれじゅぼじゅぼひながらひぎゅぅぅっ! ちくびも、ぢんごもぎもぢいぃぃっ!! じゅっどイぎゅぅぅ! イぎっぱなしなおりぇをっ、みなひゃんみれぐらじゃぁぁいっ!!」

数秒前まで自由を残されていた口にまで支配を拡大され、確かに思ってはいるが表に出すつもりの無い感情が漏れ出始めた事実に困惑を示しながらその困惑を塗り潰す勢いで襲い掛かる悦楽に射精を続けざまに迎える捜査員は、自分の物ではなくなった口から溢れる言葉で次第に自分のこの痴態が世界中に向けて発信されているという破滅の情報を思い知らされつつ、ひび割れた心や理性の隙間を絶頂の幸福で埋め首輪が無くても快楽を最優先に置く本物の淫乱へとなるよう仕立て上げられていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示