fc2ブログ

許しの快楽で男は新たな常識を植え付けられる

2022.08.29.Mon.21:00
「んーっ! むぐぅぅぅーっ!!」

自らの足を腕で抱えさせられ、頭部の後ろまで手を運んだ状態から離れられないよう左右の手首に嵌められた黒革の枷同士を短い鎖で遊び無く結合された男が、苦悶に満ちた言葉にならぬ絶叫を休み無く放ち続けている。
目を覆い口を塞ぐ形で顔面へと執拗に貼り付けられた黒色のガムテープの下で表情を痛々しく歪めながら喉が破れんばかりの声量で唸り、左右の足首に巻き付けられた手の物と同じ枷と地下室の床に打ち付けられた金具を繋ぐ南京錠をけたたましく鳴らしつつ、男が衣服を剥ぎ取られた汗塗れの裸体をじたばたともがかせ地獄からの脱出を試みている。
だが、男がどんなに努力を重ねようとも状況は何一つとして動かない。後ろ向きにでんぐり返しをしている最中のような姿勢で固められた裸体をめちゃくちゃによじらせ、丸出しにさせられた男根をぶるぶると踊り狂わせながら拘束との格闘を行っても、自由は取り戻せず無防備な恥部を嬲る感覚も鎮まりはしない。
手も足も出せず、視界も言葉も遮られた無様な男。我を忘れてのたうち回り、責め立てられている箇所を慰める刺激を手に入れることさえも不可能にされた惨め極まりない男。そんな男に残された道はもう、地下室の天井に向けて剥き出しにされた尻穴を襲う残忍な疼きと、痒みに苛まれる道だけだ。守る物を失った尻穴に無慈悲な薬品を注入され、淫らな欲望と共に気が狂う程のむず痒さを引き起こされた哀れな男はもはや、触れたくても触れられない位置で発生する拷問に為す術無く痛め付けられながら、心と身体を抗いようの無い屈服へと導かれることしか出来はしないのだ。

「むっ、ふぶぅぅっ! んむ! むぎゅぅぅぅっ!!」

尻穴を、ほじって欲しい。屈辱という概念を跡形も無く打ち砕かれた思考に悶絶を和らげる願望を募らせながら、男が塞がれた口で喚き散らす。
奥深くまでを満たし、疼きと痒みに囚われている箇所全体をずぼずぼと掻き毟って欲しい。羞恥と恥辱を拒む感情を抱く余裕を無くした脳内に凌辱を希求する願望で埋め尽くしながら、男がガクガクと痙攣する裸体を無意識に動かし不自由な格好で腰を前後に揺らめかせつつ、尻穴をパクパク、ヒクヒクと収縮させる。
そうして、ありとあらゆる行動を制限された男が正気を手放すくらいに打ちのめされてからどれくらいの時が経過した頃だろう。地下室へと舞い戻った冷酷な男は、自分が帰ってきたことにも気付かぬ程追い詰められ淫猥な征服を懇願するだけの生き物に堕ちた滑稽な男を嘲笑いつつ床にあぐらをかくと、何の宣言も無く右手に握った極太の張型の先端を薬品によっていたぶられ蕩けきった尻穴に押し当ててやった。

「むぐっ!? っ、ふむぅぅ! んもぉぉっ!!」

突然にやって来た尻穴への新しい刺激に、男が困惑色の唸りを上げる。しかし、男はすぐに疲弊しきった頭でその刺激が苦悶からの解放に至る手段だと判断し、おねだりの思いを込めた叫びを目隠しの向こうにいる存在へと飛ばし始めた。
その愉快な様子に目を細め、目論見通りの陥落が男に訪れた事実を認識した男は上手に堕ちたことを胸の内で褒め、じっくりと苦しめて熟成させた尻穴に破滅色の悦楽でとどめを刺す目的を持った右手で張型を勢いよく上下に動かし、腸壁を蹂躙され雌に貶められる至福を、男に叩き込み始めた。

「んむっ、ふむっ、ぶぐっ、むふぅぅぅんっ!!」

尻穴の疼きと、痒みが張型の掘削によって誤魔化されていく。それと同時に体内を征服される快楽が全身を駆け巡り、多幸感が今までの自分を真っ白に塗り潰していく。
その瓦解の感覚を心の底から嬉しがり幸せを露わにした鳴き声を上げて射精に達し始めた男の尻穴を張型で蹂躙しながら、調教を完遂した男は刻み付けられた淫猥な服従が二度と消えないようにという思いのままに張型を巧みな緩急を交えて動かし、抗えぬ男にお前は俺専用の淫らな奴隷だという新たな常識を快感を媒介として植え付けていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

【生ハメ中出し】おじさん2人と保育士の彼女がホテルでやりたい放題‼
コメント

管理者のみに表示