fc2ブログ

無抵抗に運ばれながら実験体は拷問椅子の上で悶絶する

2022.08.27.Sat.21:00
二つの大きな車輪が緩やかな回転を行う度に、男の尻穴を貫く形であてがわれた太く長く醜悪なイボを携えた男根を模した張型がゆったりとした上下運動を繰り返し、自身で埋め尽くした腸内を淫らに掻き毟り意に染まぬ悦楽を味わわせていく。その張型と同様に車輪の回転と連動する機構を与えられた器具達は、ドーム状をした自身の内部で柔らかな毛のブラシを小刻みに動かして乳首を乳輪ごと撫で回し、筒状をしたその内側に閉じ込めた男根全体を不規則に蠢く柔らかな壁で甘く揉み込み、尻穴の張型と協力して淫猥な至福を無理矢理に覚えさせていく。
決して激しくはない。しかし、興奮を途切れさせることは認めない。そんな刺激の注入から、男はどうやっても逃れられない。胸元の部分が空いている白色をした拘束服によって左右の腕を自らを抱き締めているかのような位置に固定され、拘束服と椅子の背もたれを厳重に結合する黒革のベルト達を振り払いたくても振り払えなくされた男は、椅子と一体化している拘束を前提とした足置き場に革ベルト達を用いて縫い付けられた両足を苦しげにビクつかせながら、背後に立った白衣の男の思惑に沿って絶頂に達することも許されない生殺しの淫獄に苛まれ続けるしか無い。
言葉と舌噛みを禁じる目的で装着された黒色のギャグボールに空けられた穴からだらしなく溢れ出る唾液を拭うことはおろか、見た目のみを車椅子に似せた甘く残忍な拷問椅子に遊び無く縛り付けられ立ち上がることすらも不可能にされた無様な男はもはや、乳首と、男根と、尻穴を嬲る足りない快楽に為す術無く翻弄させられながら悶絶するだけの滑稽極まりない実験対象の一つでしか無いのだ。

「んっ、んふっ、んまうぅぅ!」

言葉にならぬ絶叫を放ち、誇りを捨てたおねだりを乗せた悲鳴を淫らな拷問椅子の上で紡ぎながら、男は全身を縛める拘束達を耳障りに軋ませつつ苦悶からの脱出を追い求める。ほんの少し自分で動ければ乳首と男根に追加の刺激を注ぎ、己の尻穴を張型でほじくり回せるのに。間抜けな形で快感を追求する選択肢すらも没収された男は、幾ら暴れさせても気が狂いそうなもどかしさを抱いている箇所に触れられない腕を痛々しく跳ねさせつつ、車輪に合わせてただ辛いだけの掘削を繰り返す尻穴の張型を使った自慰に耽れない事実に苦しみながら涙と唾液と淫液を垂れ流す。
その、最高に愉快で観測し甲斐のある姿を次々と晒す男を乗せた拷問椅子をまるで重病者を労るかのように優しく運ぶ白衣の男は、射精をねだる男からは見えない位置で冷酷に表情を歪めつつ同じルートの周回を切り上げて同じ拷問椅子で施設内を移動させられている他の実験対象達とすれ違うルートへの合流を開始し、車輪と連動して全く別の駆動を行うよう設定された淫具達に快楽を流し込まれるだけ流し込まれて絶頂直前で寸止めを強いられる実験体や、寸止めのみならず休憩の概念さえも取り払った駆動を継続する淫具達に絶え間無い絶頂を迎えさせられる実験体を魅せた際の絶望や羨望を露わにした反応を、貴重な実験結果及び己の愉悦を加速する為の素材として記憶と記録に保存していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
コメント

管理者のみに表示