fc2ブログ

蕩けきった穴は壁際で容赦無く暴かれる

2022.08.21.Sun.21:00
反対の肘を手の平で包んでいるかのような形を背中側に回させた腕に強いる黒革製の拘束具を装着された男達にはもう、腕の自由を奪う縛めと格闘する気力さえ残されていない。顔の下半分を覆うように取り付けられた黒革に組み込まれている金属の輪によって閉じることを禁じられた口に地下室の壁から生えた男根を模した機械を飲み込まされた男達は、口に噛まされた輪と壁を接続する留め具を外そうと試みることはおろか腕の拘束具を固定する肩に通された黒革のベルトを軋ませることさえも出来ぬまま、口内を蹂躙する醜悪な責め具の攻撃に翻弄させられるしか無い。
ガクガクと痙攣する足で立ったままの姿勢を強要された裸体を支えることが精一杯となった無様な男達はもはや、口を貫く偽の男根から染み出る淫猥な薬品を為す術無く摂取させられながら、その薬品の効果で快楽に対する感度が異常なまでに跳ね上がった口内の肉をめちゃくちゃに首を振る責め具に掻き毟られつつ、直接触られてもいない自身の男根から精液を間抜けに噴き出させる無様極まりない痴態を背後にいる男達に披露するだけの存在でしか無いのだ。

「もごっ、ぼごっ、ぶばぁぁっ!!」
「げぶっ、べぁ、ぼごぉぉっ!!」

口と壁を繋がれているせいで、男達は頭部を振り乱して快楽を誤魔化すことも許されない。裸体を下手にくねらせれば一切の刺激が無いまま硬く張り詰め精液を数え切れないくらいに放出させられている男根が壁に付着し意に染まぬ悦びを余計に感じさせられてしまうが故に、男達は裸体を狂ったようによじらせて内部を駆け巡る淫らな波を紛らわせることも認められない。
跳ねたくても跳ねられぬ頭部を震わせ、無意識に揺れそうになる腰を可能な限りに引きながら、全員仲良く壁際でイきまくらされる男達。背後にいる非道な男達を睨み付けることも出来ぬまま、仲良く一列に並んだ姿でとめどなく精液を迸らせている惨めその物な男達。そんな最高に滑稽な男達を作り出し、敵対していた時の様子からは想像も付かない我を忘れてイき続ける光景を堪能した男達は、悶絶の反応が鈍くなり出した男達を咎める思いを込めて一人また一人と逃れられぬ裸体に近付き、接近の足音を把握する余裕も無くした男達に追い打ちの責め苦を嬉々として注ぎ始めてしまった。

「もごぉぉぉぉぉっ!? げっ、がごぉぉっ!!」
「はがっ、げっ、がうぅ! もぁぁぁぁっ!!」

異物を拒む力を口のみで強いられるイき地獄によって削ぎ落とされていた下の口が、突然に突き入れられた指に掻き毟られる。
ある男は腸壁全体を巧みに撹拌され、またある男は特に過敏な弱点である前立腺を狙い撃ちにされながら、自分を選んだ男の思い通りに限界をとっくに超えていた裸体を一層苛烈で冷酷な絶頂の連続へと導かれていく。

「がっ、がげっ、はがぁぁぁっ!!」
「はぐ、あぐ、あが、はぎゅぅぅぅぅっ!!」

悲鳴に残されていたわずかな理性すらも消失させ、上下の口で断続的に快楽を極めさせられ始めた男達を娯楽感覚で弄びながら、男達を拉致し地下室に陳列した男達は悲痛にビクビクと悶える汗塗れの足を意地悪く指先で撫で回しつつ、尻穴に潜り込ませた指で初めてとは思えないくらいに蕩けきった腸内を暴いていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
コメント

管理者のみに表示