fc2ブログ

減らず口は淫乱穴と共に塞がれる

2022.08.14.Sun.21:00
右足を左の膝付近に、左足も同様に右の膝付近へと密着させあぐらをかいているかのような形に固定させる縄は、青年が幾ら力を込めても外れない。左右の手首同士と二の腕同士を遊び無く括る縄は、仮に握り拳を強要し指の使用を禁じる鍵付きの黒革手袋が無かったとしても、青年がもがいた程度では緩みすらしない。
両手両足に縛めをもたらされ、身動きを封じられた惨めな青年。無理矢理に左右を重ねさせられた足と、背中側で伸ばしきった状態を強要された腕を追い打ちで拘束する手首の縄と足首の縄を結合する縄を追加されたせいで黒く分厚いマットの上に裸体を仰向けで転がされた状況から抜け出すことさえも不可能にされた無様極まりない青年。
そんな青年を作り出し、とどめと言わんばかりに醜悪な恥辱を施した男達は、二時間前と全く変わらない冷徹な表情を浮かべながら地下室に戻ると、目論見通り間抜けに消耗した青年を隠しきれぬ愉悦を滲ませた眼差しで取り囲み恥辱を一層増幅させる屈辱を味わわせ始めた。

「っ! テメーら……ふざけ、やがっひぇ……じぇっだいに、ゆるっ、ゆるしゃ、あぁ! うぁぁぁっ!!」

荒く乱れきった呼吸混じりに、青年が舌足らずな怒りを飛ばす。しかしその言葉は最後まで辿り着けず、青年は自らの尻穴を貫いて腸壁を掻き毟るイボ塗れのアナルバイブによって強いられた絶頂に遮られる形で中止させられてしまった。
だが、無慈悲なバイブは青年が絶頂に達しても駆動を停止しない。直接触られてもいない男根を吐き出す体液が底を尽く程に絶頂へと上り詰めさせた残忍なバイブは、まるで自分達の所有者への狼藉を認めないかのように達したばかりの腸内を甘く容赦無く殴り付け、青年の肉体を次の絶頂へと導いていく。

「ぐっ、く! うふぅぅっ!! 早く、ほりょけ……どめろっ! さっさとっ、とめぇぇっ!!」

縄との格闘を試みる余力さえも削ぎ落とされているというのに、青年は強気な態度で解放を要求する。
腰回りに這わされた縄のせいで位置を維持させられたバイブを引き抜きたくても引き抜けなくされた裸体を情けなく痙攣させながら誰の目にも明らかな限界の仕草を絶えず痙攣という形で示しているというのに、自分を弄ぶ男達への憎しみを抑えられない青年は震える口で不完全な言葉を紡ぎ責めの終わりを敗者の立場から命じている。
無論、男達は青年の望む展開を何一つとして与えはしない。まだまだ反抗心が強く残っている青年を見聞きした男達は事前に示し合わせていた通りに数えきれぬ程の絶頂を極めさせられた汗と縄塗れの裸体を協力してマットへと押さえ付けつつ、手早く縄を解いて固定を終了させた尻穴のバイブを一息に引き抜き、さっき解いた縄とそのバイブを用いて青年の減らず口を塞ぐ行動を取り始めてしまった。

「んひぃぃっ!? あっ、あぅ……うあぁ!? やめ、んぅ、んぐぐぅぅっ!!」

突然に訪れた引き抜きの衝撃に喘いでいた口を必死に引き結びながら、青年が口元に運ばれた自身の腸液に塗れたバイブの侵入を拒む。今ここで拒んでも自由を奪われている以上結局は口にバイブをねじ込まれ自力で吐き出せないようにされる道を避けられはしないのに、青年はついさっき見せた態度を大きく失った怯えの感情を露わにしつつ口を一生懸命に閉ざし続ける。
そうして口への危機に恐怖し、それに逆らうことのみに意識を傾けさせられている青年のくぐもった悲鳴を愉しみながら、青年の下半身側に集まった男達は苛烈な凌辱でぽっかりと開いた尻穴に口へと運ばれた物よりも太く長く、イボの形状も残酷なバイブをあてがい、口と尻穴を同時にほじくり回されながらイき狂う青年の痴態に期待を寄せつつ、解れきった尻穴にバイブを突き刺して淫らに歪んだ無意識の絶叫を上げさせていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示