fc2ブログ

男は拒みきれぬ屈服を淫らに受け入れさせられる

2022.08.09.Tue.21:00
無防備にさらけ出された尻穴を狙い撃つ位置に用意された極太の張型が、休み無い前後運動を繰り返して男の体内を容赦無くほじくり返し続けている。男根を模した張型の先端に存在する小さな穴から少量ずつ染み出ている薬品の効果によって腸壁の抵抗を削ぎ落とされた上に腸内全体の感度を淫猥に増幅させられた男は、恥ずかしい穴をほじくり回される刺激に望まぬ悦楽を覚えさせられながら、忍耐を努力も虚しく砕かれる形での絶頂を何度も何度も迎えさせられていた。

「ふぅーっ! んぐっ、むぎゅぅぅ!」

我慢に我慢を重ね、耐えきれずに到達させられた十数度目の絶頂にくぐもった絶叫を放ちながら、男が無様な格好で自由を奪われた汗塗れの裸体を拘束に許された範囲でガクガクと痙攣させる。
背後で無慈悲に駆動する張型からは逃れられない。それ以前に、己の非礼と愚かさを詫びるような土下座の体勢から抜け出すことも認められない。
両手首と肘の近くを床に縫い付け、足首と膝の近くを床に縫い付け、肩と背中と腰の部分を押さえ付けた上で首を床に結合する金属製の器具に全身を縛められた男はもう、為す術無く尻穴を張型に蹂躙されながら、床から生えた張型を喉近くまで飲み込まされた口で言葉にならぬ淫らな悲鳴を上げることしか出来ない。
そうして、最高に惨めな土下座姿で快楽を極めさせられる恥辱に苛まれる時間が気が遠くなる程に継続させられた頃、意識を朦朧とさせている男の耳にそれまで無かった靴の音が届いた。それを認識した瞬間、男は霞んでいた思考を一気に怒りと憎しみで覚醒させ、生身ではどうにもならぬ頑丈な拘束達との格闘を再開しながら数えきれぬくらいの絶頂を強いられた者から紡がれているとは到底思えない勢いを有した反抗の唸りを鋭く発し始めた。

「んぎゅぅぅっ!! ぶぅ、むぎゅぅぅっ!!」

言葉として成立していなくとも、男の感情ははっきりと分かる。
土下座を維持させられているが為に表情は見えていないが、男の憎悪は面白いくらいに判別出来る。
それ故に、靴音の主である非道な男はここまでの状況に追いやられていながらもまだ自分への敵意を剥き出しにする態度だけは立派な男に改めていたぶり甲斐と堕とし甲斐を感じて醜悪な笑みを浮かべ、湧き上がる興奮と加虐欲のままに一切の選択肢を奪った男への冷酷な追撃を開始した。
残忍な男はズボンの左ポケットに入れていたリモコンを操作して尻穴を掘削していた張型から分泌される薬品の量を増やしつつ張型が往復する速度を引き上げ、それまで口を貫いた状態で静止していた張型の先端からも同じ薬品の分泌を行わせつつ口内の肉を掻き毟る首振りを始めさせながら、持ち上げた右足をより苛烈な淫獄に悶え狂い出した男の頭部にゆっくりと下ろし、これ以上無い屈辱を抱かせながらのイき地獄を叩き込んでしまったのだ。

「むごっ、もぎゅ、げごぉぉっ!」

尻穴を襲う我慢を挟む余地すら許容しない快楽の波に苦しみ、薬品のせいで尻穴のようにじわじわと感度を高められていく口内で暴れ回る張型が生成する悦楽の攻撃に喘ぎ鳴き、頭部を緩くも有無を言わせぬ力で踏み付ける右足のせいでわずかに残されていた首から上の自由をも没収された哀れな男。そんな男が敵意を寄せる余裕も無くして絶頂に次ぐ絶頂へと上り詰め、土下座に固められた肉体の下に形作られていた汗と精液の水溜まりを隠しきれぬくらいに拡げていく様を堪能しながら、無慈悲な男は右足に込める力を気まぐれに変化させて敗北を思い知らせ、屈服を受け入れたがらない心と身体に拒絶しきれぬ程の屈服を流し込んでいくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
コメント

管理者のみに表示